1975年~1976年

スティーブ ビコ: 最後の日々

Steve Biko Foundation

「死に絶える思想のために生きるよりも、生き残る思想のために死ぬ方がいい」
- スティーブ ビコ

1977 年 1 月、 黒人人民会議(BPC)は解放闘争への際立った貢献を認めて、 ビコを全会一致で名誉議長に任命しました。 南アフリカで新しい政治勢力の発展に尽力しただけでなく、 アエルレッド スタッブスが「地域開発のショーケース」と述べたような 成果を築いていました。

「尋ねられたら、自分自身を自由の闘士だと説明するだろう。これまでもそう話してきた」

- ビコ

1977 年 8 月、 スティーブ ビコは自由への探求における最後の旅へと出発しました。 彼は 3 年前から主要な政治勢力であるアフリカ民族会議(ANC)、 パン アフリカニスト会議(PAC)、新統一運動(NUM)の間で 統一に向けた話し合いを進めていました。既に 1977 年までに、 尊敬する PAC 議長ロバート マンガリソ ソブクウェと直接会談していました。

ロバート マンガリソ ソブクウェ、パン アフリカニスト会議(PAC)設立者、議長(1959~1963)。

1977 年 8 月 17 日、ビコと同僚のピーター ジョーンズは、 新統一運動(NUM)の指導者ネヴィル アレクサンダーと 統一に関する会談を行うため、ケープタウンに向けて出発しました。 その途上、グラハムズタウンのウェストへーゼン中尉率いる検問所で逮捕され、 ポート エリザベスの悪名高い治安部隊に護送されました。

ピーター ジョーンズ

ポート エリザベスの特殊部隊は、ヨハン コーツィー率いるヴラックプラースの部隊など、アパルトヘイト体制側の上級スパイと密接な関係にありました。そのようなスパイの一人に、アパルトヘイトの「スーパースパイ」と呼ばれたクレイグ ウィリアムソンがいました。ウィリアムソンはスウェーデンに本拠を置く国際大学交流基金(IUEF)に潜入し、ラース グナール エリクソン理事長の下で副理事になりました。ウィリアムソンは兵役に就いていたときには諜報部に入っていました。IUMF に入る前には南アフリカ全国学生連盟(NUSAS)の副議長としてリベラル政治に関わり、その後は亡命者の逃走ルートの手配をしていたため、IUEF に溶け込むのに十分な政治的牽引力がありましたが、闘争運動の参加者には不快感を覚えていたのです。

「実は、ビコの拘束と死は、ビコがタンボと会うために密かに出国しようとしているときだった。それは悪い知らせだった。」

- クレイグ ウィリアムソン、スウェーデン外交官で『Sweden and the Liberation in Southern Africa』(スウェーデンと南アフリカの解放)の著者トール セルストロームとのインタビューより

IUEF は BCM、PAC、ANC などの南アフリカのさまざまな組織を支援していました。 ウィリアムソンの告白によると、彼の主な戦略は「組織の内部に問題がある」 という理由で黒人意識運動への支援を打ち切ることでした。 また、ANC に潜入し、解放運動への国際支援を監視する任務も担っていました。 ウィリアムソンは IUEF の副理事の立場から、 ビコと ANC の議長代理オリヴァー タンボの間で統一会談が行われるという情報を密かに知りました。 ランウェジ ネングウェクウルとタボ ムベキ(南アフリカ共和国前大統領)の尽力により、 最初の会合がボツワナの 10 回目の独立記念行事と重なる 1976 年 9 月に計画されました。 この会合は実現しなかったため、1977 年 5 月にレソトの首都マセルでの 会合が計画されましたが、それも実現しませんでした。 最後の試みとして 1977 年 9 月の第 1 週にボツワナでの会合が予定されました。

O.R. タンボ、アフリカ民族会議(ANC)議長(1969~1985 年)
ランウェジ ハリー ネングウェクウル

1977 年 9 月の会合にはビコとタンボのほか、 1976 年の選挙でスウェーデン首相から退陣し、 南アフリカ問題にエネルギーを注いでいたオロフ パルメが参加する予定でした。 ビコはボツワナに向かって 2 人と会った後、ただちに帰国する予定でした。 この会合は IUEF が支援することになっていました。

拘留中の死

「変化を手に入れるには、上着を脱ぎ捨てて、心地よさや安全、仕事、地位、家族さえも失うことを覚悟しなければならない。犠牲のない闘争は、闘争ではない。」

- 「Biko, The Quest for a True Humanity」(ビコ、真の人間主義の探求)展より

1977 年 8 月 18 日、 会合の予定日の 2 週間前にビコは逮捕されました。 オロフ パルメは後年、暗殺されました。

ポート エリザベスのサンラム ビル 619 号室にある治安部隊の本部で、 ビコは拷問を受けました。 このビルは外から見ると他のオフィス ビルと同じように見えました。 しかし、幸か不幸か、ビルの数メートル先を走る高速道路の高架線からの騒音で室内の音が掻き消され、 ここが拷問部屋だとはわからないようになっていました。 1977 年 9 月 11 日までに、ビコはサンラム ビルであまりにも厳しい拷問を受けたため、 刑務所病院に移送しなければならないほど衰弱しました。 その夜、シーベルト、ウィルケン両警部とニーウット巡査部長は ポート エリザベスからプレトリア重犯罪刑務所まで 1000 キロ以上にわたってビコを移送しましたが、 ビコは警察のランドローバーの後部座席に裸のままで横たわり、瀕死の状態で、 医療関係者の付き添いもありませんでした。 そして 9 月 12 日に死亡しました。

サンラム ビル
サンラム ビル 619 号室
ポート エリザベスのサンラム ビルからプレトリアの C-Max 刑務所へ
ビコの棺

「死に絶える思想のために生きるよりも、生き残る思想のために死ぬ方がいい。」

- ビコ

ビコの遺体

「彼と次第に親しくなった 3 年間、この人は国中で最も重要な政治指導者であり、知り合う機会に恵まれた人々の中で最も偉大な男だという確信が揺らぐことはなかった」

- 「デイリー ディスパッチ」紙(イースト ロンドン)編集者、ドナルド ウッズ

ビコの葬儀にて、母アリス "マムセテ" ビコ、妻ンツィキ ビコ、2 歳の息子サモラ
スティーブ ビコを永眠の地に運んだ牛車

「ときどき、時代を捉えて、抑圧された人々の希望や願いを統合する指導者が歴史の表舞台に登場することがある。それがスティーブ ビコだった。彼の時代にふさわしい人物、人々の意識を呼び覚ます誇り高き代表者だった。」

- ネルソン マンデラ

ビコの死について人権活動家アンドリュー ヤングが書いた手記
提供: ストーリー

Steve Biko Foundation:
Nkosinathi Biko, CEO
Y. Obenewa Amponsah, Director International Partnerships
Donna Hirschson, Intern
S. Dibuseng Kolisang, Communications Officer
Consultants:
Ardon Bar-Hama
Marie Human

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール