1945年~1964年

スティーブ ビコ: 生い立ち

Steve Biko Foundation

「偉大なる巨人が目を覚ました」

スティーブ ビコはマシュー ムジンガエとアリス ノクゾラ ビコ夫妻の息子として貧しい家庭に生まれました。父親は警察官として勤務した後に国家公務員の職に就き、南アフリカ大学で法律の学位取得に向けて勉強していた 1950 年に亡くなりました。当時ビコは 4 歳でした。それ以来、ビコの人生に主に影響を与えたのは母親のアリスでした。アリスはキング ウィリアムズ タウンのグレイ病院で家政婦として働いていました。

Biko, the son of Mathew Mzingaye and Alice Nokuzola Biko, came from humble beginnings. His father served in the police force before landing a job as a government clerk. He died in 1950 while studying towards a law degree through the University of South Africa. Biko was four. From that age, the primary influence in Biko’s life was his mother, Alice, who worked as a domestic servant at Grey Hospital in King William’s Town.

「母親はビコを惜しみない愛情で支えた。あまりにも貧しかったため、1950 年に若くして夫を亡くした後は、4 人の子どもを育てるために脇目も振らず懸命に働かなければならなかった」

- アエルレッド スタッブス

アリス "マムセテ" ビコ
ビコの生家(南アフリカ、キング ウィリアムズ タウン、ヒンスベルフ黒人居住区)
ブケルワ ビコ
カイア ビコ

ビコ(Bantu)は 4 人兄弟の 3 番目で、姉ブケルワ(Bukelwa)、兄カイア(Khaya)、妹ノバンディル(Nobandile)がいました。彼らの名前を合わせて作った「Hayi ukuBukeka kweKhaya laBantu aBandileyo」という謎かけのような言葉は、「この大きくなった家族をすばらしいと思う」という意味になります。

ノバンディル ビコ

「彼は家庭にだけ責任を負っていたわけではない。地域社会に、特に地域の教育に責任を感じていた。というのも、中等教育資格試験に合格したときに、ヒンスベルフ黒人居住区の人々が彼を進学させるためにお金を集めてくれたからだ。ヒンスベルフでは前例のないことだったが、ビコは見事に合格した。彼は大変恩義を感じていたため、ヒンスベルフ教育基金を設立した」

- ノバンディル ビコ

ビコは少年時代、ヒンスベルフ黒人居住区のチャールズ モルガン小学校とボーブス グラント中学校に通学しました。
ビコの中等学校のレポート

1963 年、スティーブ ビコは 1 年前に兄のカイアが入学していたキリスト教系学校、 ラブデール カレッジに 15 歳で入学しました。 その年の遅く、非合法組織パン アフリカン会議(PAC)および Poqo 同盟の 支援者であるという疑いで、2 人の兄と 50 人の学生が逮捕されました。 スティーブは警察の尋問を受け、政治的傾向があるという証拠が乏しいにもかかわらず、 それ以降はブラックリストに載せられ、すべての公立学校から追放されました。 カイアは禁止された PAC のメンバーだった罪で投獄されました。

こうして、スティーブ ビコの権力に対する怒りが始まりました。 カイアによると「偉大なる巨人が目を覚ました」のです。 1976 年、黒人意識運動の仲間の裁判に 弁護側の証人として出廷したとき、ビコは次のように告白しています。 「そのときから、権力を激しく憎むようになりました」。

1963 年の事件はビコの政治的な考え方に深い影響を与えました。 学校から追放された後は、長い間、獄中の兄や仲間に食料や生活必需品を届けて過ごしました。 1963 年の出来事はスティーブにとって厳しい洗礼となり、 それ以降にカイアや仲間たちから受け取ったメッセージは、 それまで気楽で政治的に無関心だったスティーブの心に響きました。

セント フランシス大学
高校の作文コンテストで賞をもらうビコ

「1963 年、ビコは何の罪もないのに学校から追放された。偉大なる巨人が目を覚ましたのはそのときだった」

- カイア ビコ

アエルレッド スタッブス神父

1964 年、ビコはナタール州マリアンヒルにある別のキリスト教系学校、 聖フランシス カレッジに入学しました。 そこで、キリスト教のリベラル教育と黒人が体験していることとの矛盾に敏感になり、 深く探求するようになりました。 ラブデール カレッジでは進歩的なリベラル教育を行っていたのに、 1963 年の不当な措置に対して校長や職員が誠実に対応してくれなかったことに、 ビコはやや失望を感じていたのです。このような目覚めの時期の証言は、 ビコとラブデール校の教師だったアエルレッド スタッブス神父との間で交わされた書簡に残されています。

父スタッブズの葬儀のプログラム
後にビコの友人となったスタッブス氏は、ビコが残した文章の一部を『俺は書きたいことを書く』という本にまとめました。同書にはビコが 18~29 歳に書いた文章が含まれています。

黒人意識運動の中心にあるのは、抑圧者が手にしている最も強力な武器は抑圧される側の心だということを黒人たちに認識してもらうことだ。心の中が自由なら、人間の作り出すどのような鎖もその人を服従に縛り付けることはできない。だが、心が抑圧者によって操られ、支配されているとき、抑圧を受ける者が自分の強力な主人を恐れさせる手立ては何もないのだ。

- スティーブ ビコ著、『俺は書きたいことを書く』より

スティーブ ビコが大学へ行くためにセント フランシスを去るときにクラスメートに宛てた別れの手紙

Click on the Steve Biko Foundation logo to continue your journey into Biko's extraordinary life. Take a look at Steve Biko: The Black Consciousness Movement, Steve Biko: The Final Days, and Steve Biko: The Legacy.

提供: ストーリー

Steve Biko Foundation:
Nkosinathi Biko , CEO
Y. Obenewa Amponsah, Director International Partnerships
Donna Hirschson, Intern
S. Dibuseng Kolisang, Communications Officer 
Consultants:
Ardon Bar-Hama, Photographer
Marie Human, Researcher

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール