1976年

スティーブ ビコ: 審問

Steve Biko Foundation

「死因: 該当なし」 - プリンス判事

1977 年 9 月 14 日、法務大臣ジミー クルーガーは、 国民党の議会でビコの死に警察が関与していたことを否定し、 ビコが死んだ原因はハンガー ストライキであると明言しました。 ビコの友人のドナルド ウッズや家族は、ビコの死に関する真実を明らかにするために力を合わせます。 ビコの死からまもない 1977 年 11 月 14 日、変死に対する所定の死因審問がプレトリアのオールド シナゴーグで開始されました。 この 13 日間の審問では、シドニー ケントリッジがビコの顧問弁護士を務めました。 検死の結果、脳に大きな 5 か所の傷、頭皮の剥離、唇の擦傷、肋骨の剥離骨折、打撲が 明らかになりましたが、プリンス判事は政権側につきました。 彼が安易に下した裁定は、アパルトヘイトを実施している政府に対する国際批判が広がるきっかけとなります。 その判決は「誰にも咎はない」というものでした。

死因審問でのンツィキ ビコ夫人
スティーブ ビコの死を受けて集まった母アリス "マムセテ" ビコ、姉ノバンディル ビコ、妻ンツィキ ビコ。
死因審問での証拠
英国のデビッド ナプレイ卿による死因審問
アザニアの黒人意識運動 - スティーブ ビコへの賛辞

スティーブ ビコの死後、彼の事件に関わったポート エリザベス治安部隊のメンバーなどが昇進しました。 クレイグ ウィリアムソンは少佐に昇格しました。 1980 年にスパイであることが発覚した後は、南アフリカに戻り、 南アフリカ治安部隊の外国部門でピエト “ビコ” グーセンの指揮の下、副部門長を務めました。 ウィリアムソンは後に大統領議会の議員に任命されました。

プレトリアのオールド シナゴーグ - ビコの死に関する死因審問や他の政治裁判が行われた場所

ビコは公式には国家治安維持法の定める 拷問による死の 46 番目の犠牲者となりました。 彼の死は南アフリカの治安維持法の残虐性や南アフリカ人全般の苦境を国際社会に知らしめたのです。 直接的には、欧米諸国の支持により国連安全保障委員会で 南アフリカへの武器輸出禁止を義務付ける決議が採択されました(1977 年 11 月 4 日、国連決議第 418 号)。

第 12 回スティーブ ビコ年次記念講演「Evil Under the Sun - the Death of Steve Biko(白昼の凶行 - スティーブ ビコの死)」を行うシドニー ケントリッジ卿

「アムネスティの調査によると、問題が始まった原因は、ビコの関与を示す宣誓供述書が突きつけられたのでも、不正行為を告白したのでもなく、彼が椅子に座り続けようとしたからだった。」

- ジョージ ビゾス

人は生きて誇りを持つか、死んでいるかのどちらかだ。死んだら何も気にならなくなる。死に方そのもので政治的な姿勢を表現できる。だから暴動の中で死ぬ。ほとんどの場合、実際にそんな状況に置かれたら、文字通り失うものは何もない。死に対する個人的な恐怖は不合理なものだが、それを乗り越えられるなら、目的地にたどり着ける。

- ビコ、著書『俺は書きたいことを書く』よりエッセイ「死について」

1977 年のディコナの声明

1977 年 10 月 19 日、後に Black Wednesday(黒い水曜日)として知られるようになる日、 黒人意識運動に関連する 18 の組織がアパルトヘイト政府により違法として禁止されました。 これらの組織に看護団体、教師のグループ、地域の自治会などが 含まれていたことからわかるとおり、この運動は深く広い範囲に浸透していました。 同じ日、組織や機関に加えて、BPC や SASO の主な指導者たちが逮捕され、投獄されました。 マスメディアも規制の対象とされるのを免れず、 新聞の「The World」や「The Weekend World」が発行の停止を命じられました。

禁止組織のリスト
ビコの暴行後のルーム 619
ビコを運ぶのに使われたランドローバー
審問が開かれた法廷

「スティーブは治安部隊の手で死ぬことを望んでいたと思う。私たちは皆、それを予期していた。スティーブは黒人の理念のために人生を犠牲にする覚悟ができていた。」

- ンツィキ ビコ、スティーブ ビコの妻

拘留中の死亡
1977 年 11 月の国連決議第 418 号
提供: ストーリー

Steve Biko Foundation:
Nkosinathi Biko, CEO
Y. Obenewa Amponsah, Director International Partnerships
Donna Hirschson , Intern
S. Dibuseng Kolisang, Communications Officer
Consultants:
Ardon Bar-Hama, Photographer
Marie Human, Researcher

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール