1905年

王室の公開

Freer and Sackler Galleries

東アジアの君主の肖像写真
アリス ルーズベルト ロングワース コレクションによる 1905 年タフトのアジア調査からの写真

アリス ルーズベルト ロングワースはアジアの王室を訪問中に、正式な外交上の贈り物として彼女に贈られた肖像写真を集めました。アリスは 1933 年の自叙伝の中でそれぞれの贈り物にまつわる出来事を詳しく思い出し、王室の肖像画を使用することに対する貴重な洞察を提供しています。また、各君主のさまざまな肖像を検証することは、その時代の外交的な背景を理解するうえで有益です。

「ランチの翌日、皇后は私にとても繊細な刺繍が施された幕、白い菊が刺繍された一枚の金の布、漆細工の箱、そして彼女の写真をお贈りくださいました。若い頃のこれらの旅行では、贈り物は規則であるように思われ、それらをいただくと欲深い喜びに満ちていました。とても楽しかったのです。実際、率直に言って私は恥知らずの欲張りでした。家族の中で使われていた言葉で言えば、自分の「戦利品」を非常に愛していました。日本では、皇室の贈り物に加えて、衣装や扇などあらゆるお土産をいただきました。」

—アリス ルーズベルト ロングワース著『Crowded Hours』(ニューヨークおよびロンドン: チャールズ スクリブナーズ サンズ、1933 年)からの抜粋

東京でアリスが受けたもてなしは、彼女の旅で最も豪華なものでした。前年、日本は軍事的に陸と海での激戦でロシアに勝利していました。西洋の強国が初めてアジアの国に負けた戦いでした。テオドア ルーズベルト大統領自身がポーツマスで両国間の和平交渉を仲介したときでさえ、日本国民は誇りで当惑していました。日本人が、ルーズベルトが自分たちの代理人であり、和平交渉を成功させるには大統領の支援が極めて重要であると考えるのは最もでした。

そのため、日本人は国際舞台で強国と対等の立場であるという能力を証明することに余念がありませんでした。したがって、アリスに贈られた写真は、正式な西洋風の軍服を着た見識はあるが断固とした君主と、日本的な装飾の要素がまったくない、ヨーロッパの王宮にふさわしい華麗なガウンをまとった皇后を示すことを意図したものでした。

これらの写真は西洋的な礼儀正しい振る舞いの概念に従ってペアで撮影されており、日本人がキリスト教の一夫一婦制の考え方を受け入れていることをほのめかしています。要するに、大統領の娘は、アメリカの価値観を共有し、信頼できる外交上の同盟を結べる君主の肖像画を贈られたのです。

「皇后のお人柄とお力は明白で、私たちがお会いしたとき 70 歳を過ぎていらっしゃいましたが皇后の魅力が感じられました。実際のお年には見えず、小さく聡明な黒い瞳は機敏で鋭く、やや厳しさが感じられる薄い口の片側を上げ、反対側を少し下げておられ、これらの特徴により彼女の顔は鮮明に記憶に残るものになっています。」

「翌朝、2 人の皇室関係者が公使館に来て、皇后から贈られた黒い小犬を私にくださいました。そして午後には皇后のお写真が届きました。それは見事な写真で、本当に「晩年の仏陀」のようでした。私は彼女のお顔が心に鮮明に残っていたあのときにそう思い、今見ると夏の皇居でのあの日を鮮明に思い出します。騎兵隊がインペリアル イエローの椅子かごを囲みながら、公使館に続く道を音を立ててやって来ました。かごの中には写真がありました。写真は普通の西洋風な金のフレームに入っていましたが、収められていた箱は裏地が付きインペリアル イエローの錦織で包まれており、2 人の皇室関係者はペキニーズ犬を連れてきた関係者よりもずっと地位の高い方々でした。」

—アリス ルーズベルト ロングワース著『Crowded Hours』(ニューヨークおよびロンドン: チャールズ スクリブナーズ サンズ、1933 年)からの抜粋

1933 年の自叙伝によると、アリスの皇太后との謁見は比較的何もなく終わりました。翌日西太后の写真が贈られたことの方が、より印象深いようでした。このドラマチックな贈り物は、写真が単なる思い出の品ではなく、西太后の宮廷での存在の拡大を意図したものであることを示しています。清の王宮は、伝統的な王朝を隠す基準と、西太后の被写体と密接に結び付いた君主の公開に対する新たな期待とのバランスをとろうとしていました。覆われたかごに乗せられて西太后の肖像写真が配達されたことは、外交上の贈り物という義務にもかかわらず、王朝は皇族の容貌を大衆の目にさらす準備はできていなかったことを示唆しています。西太后の優先事項は、いかなる代償を払っても正統の体裁を維持することでした。中国や海外の多くの人が権力を奪った愛人であるとみなしていた女性にとって、これは最大の難題でした。 

清の伝統的な肖像画に対して、この肖像写真では西太后は厳密に正面を向いています。カメラマンはネガの彼女の容貌を劇的に明るくし平坦にして、70 歳近かった実際の年よりも数十歳若く見せています。

アメリカ大統領の娘に対する西太后の贈り物は、義和団の乱を受けて中国の補償を放棄することを支持するようルーズベルトに影響を与えることが目的であったのかもしれません。米国は中国の状況に同情的な国の一つで、8 か国連合軍のメンバーのうち、中国経済にダメージを与えていた重い補償を免除する可能性が最も高い国とみられていました。興味深いことに、ルーズベルトが求めた損害賠償の減額の法案は、西太后が亡くなった年と同じ 1908 年に議会を通過しました。

「皇帝と清朝最後の皇帝となったその息子は、我が国の公使館のそばにある宮廷に隠れて暮らしていました。私たちが到着して数日後、その建物のヨーロッパの部分で彼らと昼食をとりました。私たちは上の部屋で迎えられた後、小さく筋肉質な皇帝は腕を差し出しませんでしたが私の腕を取り、急いでふらつきながら非常に狭い階段を一緒に降りて特筆すべきもののない小さめのダイニングルームに行きました。私たちは、王朝の紋章で飾られた韓国風の皿と椀で給仕された韓国料理を食べました。私が使った食器は後で贈られ、お別れの謁見の際に皇帝と皇太子はそれぞれご自分の写真をくださいました。彼らの先には王朝はあとわずかしか存続できず、やや哀れを誘う、無反応な様子のお二人の姿でした。」

—アリス ルーズベルト ロングワース著『Crowded Hours』(ニューヨークおよびロンドン: チャールズ スクリブナーズ サンズ、1933 年)からの抜粋

この旅行の初めにアリスが東京で贅沢なもてなしで敬意を表されていたとき、陸軍長官であったウィリアム ハワード タフトは日本の首相桂太郎と非公開の協議を行い、日本がハワイとフィリピンでのアメリカの活動に干渉しないことを保証することと引き換えに基本的に日本が韓国を自由に統治することを認めました。アリスのソウル訪問から 2 か月の間に、日本政府は 1905 年保護条約を発効して、事実上、韓国が外交政策を実施する権利を排除しました。この支配への動きは 1910 年韓国が正式に大日本帝国に併合され、高宗皇帝が退位するまで続きました。  

これらの 2 枚の肖像写真は、拡大する日本の威嚇と覇権を受けて、韓国政府が韓国の独立を擁護する唯一の国とみていたアメリカの大統領に対して、正統な世襲の君主という(適切な継承者のイメージに満ちた)印象を打ち出そうとした最後の必死の試みかもしれません。不運なことに、アメリカ人はこのとき既に自分たちの太平洋に対する野心との関係の中で韓国の運命を決定していました。アリスの 1933 年の回想では、個人外交への皇帝の努力に対する自身の無関心を隠していません。後から考えると、彼女はアメリカが長年の外交上の約束を反故にしたことを正当化しようとしたのかもしれません。

提供: ストーリー

Archivist — David Hogge
Research Assistant — Shelby Conley

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール