~京都府北部の丹後地方で生産される高級絹織物~

丹後ちりめんとは
丹後ちりめん(たんごちりめん)は、京都府北部の丹後地方で生産される高級絹織物の総称です。丹後地方の地場産業であり、主な産地は京丹後市、与謝野町です。
丹後地方は日本国内の約1/3 の生糸を消費する日本最大の絹織物産地で、白生地のまま京都市内の室町などの問屋に出荷されることが多く、丹後以外で染色や縫製がなされて製品となります。
ちりめんの織り方
ちりめんとは、絹織物の一種。経糸(たていと)には撚りのない生糸を使い、緯糸(よこいと)には、1メートルあたり3,000~4,000回転の強い撚りをかけた生糸を交互に織りこんでいきます。その後、セリシンや不純物を取り除く精練という工程を経ることで、緯糸の撚りが戻ろうとする力が働き、糸が収縮し丹後ちりめんの特長である、細かな凹凸「シボ」が生地全体に現れ、ちりめんが完成します。
丹後ちりめんの歴史
丹後地方の気候風土は、雨が多いため湿度が高く、乾燥を嫌う絹織物の生産にとても適しており、この恵まれた環境のなか、当地方では、「ちりめん」が伝わる以前から絹織物が生産されてきました。
丹後ちりめんの歴史
天正年間(1573~1592)に中国から大阪の堺に伝わったとされるちりめんの技術は、京都西陣に伝わり、その後、江戸時代の享保5 年(1720 年)、丹後峰山藩(現:京丹後市峰山町)に住む絹屋佐平治らが、京都西陣の機屋に奉公人として入り、糸撚りやシボの出し方など、秘伝の技術を丹後へ持ち帰ったのが、「丹後ちりめん」のはじまり。その後、瞬く間に丹後地方全体に広まり、丹後地方の地場産業として根付くこととなりました。
丹後ちりめんの製造工程:糸繰り(いとくり)・整経(せいけい)
丹後ちりめんを織り出す糸を準備するため、生糸は製糸工場から「カセ」と呼ばれる束の状態で届き、生糸を繰り、ボビン(糸枠)に巻きつけます。丹後ちりめんを織りあげるためには、経糸(たていと)が少ないものでも2,000本、多いものでは4,000本必要となります。それらの経糸を織機に仕掛けるため、ボビンからビームに巻き取る工程を整経(せいけい)といい、必要な経糸の長さや張りなどを調整します。
丹後ちりめんの製造工程:撚糸(ねんし)
よこ糸の撚りはちりめんの生命であるシボや風合いに最も影響を及ぼします。八丁撚糸機を使い、水を注ぎながらよこ糸に1m当たり3,000~4,000 回の強い撚りを掛けて、シボの元を作ります。
丹後ちりめんの製造工程:製織(せいしょく)
織機に経糸をかけて生地を織っていきます。無地織物は平織り、紋織物は「ジャカード」機により、紋紙(パンチカード)に打たれた複雑な紋様を織り出します。加えて、近年ではコンピュータにより柄処理した紋紙データをジャカードコントローラにセットし、更に複雑な紋様まで織り出すことが可能になってきています。
丹後ちりめんの製造工程:精練(せいれん)
生糸を製織した生地についているセリシンや様々な不純物を落とすことを「精練」といい、生地1kg が約8時間程の精練作業を経ると4分の3(750g)になります。この工程を経ることにより、絹独特の光沢をもつ柔らかな生地になります。
近年は精練の際に抽出したセリシンを用いて化粧品や入浴剤などの製品開発も行われています。
丹後ちりめんの製造工程:仕上げ
精練後は乾燥を行い、規定の幅や長さに整える「幅出し」という作業を行います。白生地の検査は非常に厳しく、傷や節などかなり細かくチェックを行います。
厳しい検査に合格したもののみ、「丹後ちりめん」の証として、組合の「検査合格印」と「産地ブランドマーク」が押され出荷します。
現在の取り組み
丹後地域では、ちりめんのほかに、以前より西陣の「生産基地」として先染の絹織物生産も担ってきました。現在でも、京友禅をはじめとした着物生地の供給地として重要な役割を担っていますが、近年、丹後独自の商品開発や洋装分野への進出など、新たな試みも盛んに行われています。
京都女子大学 生活デザイン研究所
提供: ストーリー

【協力】
京丹後市 
与謝野町

【資料提供】
丹後織物工業組合
クスカ株式会社 
創作工房 糸あそび
柴田織物
株式会社一色テキスタイル 
民谷螺鈿株式会社
遊絲舎
田勇機業株式会社

【テキスト】
・山本真紗子(立命館大学文学部)

【動画制作】
京都府織物・機械金属振興センター

【写真】
桑島薫

【サイト編集・制作】
・内藤有紀枝(立命館大学 文学部 人文学科)

【英語サイト翻訳】
・黒崎 美曜・ベーテ

【英文監修】
・メリッサ・リンネ(京都国立博物館)

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也(京都女子大学 准教授)
・山本真紗子(立命館大学)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール