ファッションが生まれる場所

文化服装学院

文化服装学院とは

日本のファッションと歩んだ文化服装学院
文化服装学院は、大正8年(1919年)に東京・青山に設けられた裁縫教授所を母体に、 大正12年(1923年)日本初の服装教育の学校として認定を受けました。開校以来、約30万人の卒業生を輩出。山本耀司や渡辺淳弥など、世界で活躍するファッションデザイナーも多く羽ばたいていきました。

100年近くにおよぶ学院の歴史は、そのまま日本の服飾教育の歩み、そして日本のファッションの歴史であると言っても過言ではありません。それは、洋服が一般に普及し始めた大正初期から常に時代の要請に対応しながら、日本の服装教育の中心的存在であり、指導的な役割を果たしてきたからです。開校した始まりのころは日本における服装文化の普及と向上、戦後はファッション産業を支える人材の育成という役割を担ってきました。

21世紀に入って、世界のファッション界に対応できる人材がますます求められるようになり、そのカリキュラムは国際的に高い水準のものへ進化しました。そして世界へのファッションに関する情報発信基地であるべく、国際化、情報化、先端技術化、設備の最新化などを進めながら歩み続けています。

文化服装学院の学科編成
服飾専門課程
ファッション業界は、多種多様な専門分野が互いに関連し合って成立しています。市場の動向を読みながら、ファッションを総合的にとらえる幅広い視野を持ちつつ、各専門分野について十分なスキルを磨くことも大切です。

服装科は2年間で各アイテムの製作を通して、専門知識と技術を習得します。服づくりを中心に総合的に学べるカリキュラムです。 さらに高度な専門能力を身につけたい場合は、三年次に服飾専攻科へ進学することも可能。デザイン専攻、技術専攻、オートクチュール専攻の3つから、目標に合わせて選択し、専門知識や技術を高めていきます。 大学・短大・高等専門学校の卒業者のために設置した服飾研究科では、ファッションについての基礎から応用まで、1年間で学ぶことができます。

服飾専攻学科の学生作品

毛皮とシフォンの、異素材の組み合わせを研究するためにデザインしたセットアップのフォーマルウェア。"都会の自立した女性"をイメージしている。

服飾専攻学科の学生作品

切り替え、細かいステッチ、レースアップが特徴のコート。袖のレースアップは取り外しができ、袖の長さを変えることができる。

服飾専攻学科の学生作品

服装科の学生作品。スペイン語の"女性の洒落者"をドクロで表現した、カラベラ(がいこつ)のカトリーナをテーマにテキスタイルデザインしたコート。

ファッション工科専門課程
アパレル業界でのマスプロダクションとしてマーケティングから、企画、デザイン、生産までの各専門職のスペシャリストを育成します。

四年制であるファッション高度専門士科はアパレル業界の幅広い分野に対応できる総合的な知識と技術を持つ、アパレル業界のリーダーとなる人材育成を目標としています。 三年制では、一年次のファッション工科基礎科で、各専門職の基礎となる知識・技術、アパレルについての概要を学びます。二年次よりアパレルデザイン科、アパレル技術科、インダストリアルマーチャンダイジング科、ニットデザイン科の4科に分かれ、各職業に沿った専門的な知識と技術を習得します。

ファッション高度専門士科 卒業コレクション

4年間の集大成として、学生各自がテーマを設けコレクションを発表しています。

ファッション流通専門課程
四年制であるグローバルビジネスデザイン科では、国際的な活躍を視野に入れ、新たなファッションビジネスを創造できる人材育成を目標として、充実したカリキュラムを用意しています。

二年制のファッション流通科では、一年次に流通の基礎を学び、二年次より「ファッションスタイリストコース」、「ショップスタイリストコース」、「リテールプランニングコース」、「ファッションモデルコース」、「ファッションメイクアップコース」の5コースに分かれ、それぞれの専門知識と技術を学びます。さらに進学科のファッション流通専攻科では、三専攻に分かれ、より広い視野を育みながら、二年間で学んだ専門性にプラスαの学びを得て、より豊かな実務能力を培います。

ファッション流通科学生作品

スタイリストコースの学生各自が各々のテーマでスタイリング、撮影したスタイリング作品とファッションメイクアップコースの学生によるメイクアップ作品。

ファッション工芸専門課程
ファッションテキスタイル科は、テキスタイルのデザイン、加工、技法に関わる専門知識と服づくりを三年間学びます。 ファッションの重要なパーツであるグッズは、一年目にファッショングッズ基礎科で各グッズアイテムについて幅広く学び、二年次からは帽子・ジュエリー、バッグ、シューズの3科に分かれて、企画、デザイン、素材、製作からビジネスまでを体系的に学習します。

発想力や表現力を磨き、多様化しグローバル化するファッション界に対応できる、より専門的なスキルを身につけていきます。

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール