砂鉄から生まれる鋳物の美

茶の湯の釜
茶の湯において、茶を点てるための湯を沸かす道具が釜です。日本において砂型で鉄を鋳込んで作る茶の湯釜の歴史は平安や鎌倉時代にさかのぼると言われています。
鉄鋳物
日本では古来、鉄鋳物が盛んに行われており、茶の湯釜はもちろんの事、日本刀、鍋、湯釜、鉄瓶、鍬、等上げると思いのほか多く出てきます。古来の鉄は砂鉄を原料とする和銑(ワズク)と呼び、山から切り出してきた砂鉄を、村下(むらげ)と呼ばれる職人達によって精錬されていました。
茶の湯釜の産地
古来より茶の湯釜の産地として知られているのは、筑前国芦屋津(現、福岡県遠賀群芦屋町)、下野国佐野庄天命(現、栃木県佐野市犬伏町)と言われています。しかし、時代の移り変わりにより職人が仕事のある場所(大都市や新興都市)に移動するなどして、新たな産地がうまれていきました。
和銑とは
「和銑(わずく)」とは、山から切り出した砂から砂鉄を取りだし、製錬するという日本古来の技法を用いて精製した鉄のことをいいます。桃山時代から明治時代頃までは、鍋、釜、鉄瓶等は、鋳物屋または鍛冶屋が製作していました。 明治時代以後、海外との交流も盛んになります。そして、輸入された鉄鋼石を原料とする「洋銑(ようずく)」が日本にも導入されます。洋銑に比べて手間がかかり、作ることのできる量が限られる和銑は、近代化で必要とされた大量生産に向かず、徐々に消えいったのです。
錆に強く、使用する度にその美しさを増す和銑の鉄。風雪に耐えて群馬県の榛名神社にある鉄の燈籠は、約660年もの間、その美しい姿を変えずにいます。「芦屋」や「天命」の釜が今なお多くの茶人達に愛されているのは、錆びに強いという和銑の特徴あってのことです。
長野家の系譜
初代長野垤志(重要無形文化財保持者:1900-1977)が約20年の歳月を架けて復興させた、和銑による茶の湯釜。現在では二代長野垤志(1941- )、長野新(1973- )と受け継がれ、惣型鋳造と甑炉により現在でも埼玉県桶川市の工房にて製作活動をしています。
茶の湯釜を作る
制作は細かく分けると楽に100を超える工程があり、根気と時間のかかる仕事です。

泥と砂を使って鋳型をつくります。まず、型枠に木型をはめ、川砂で釜のアウトラインを成形します。

アウトラインの形状ができたら、細かい模様を施します。写真の作業は鋳型の内側に砂を盛っているところです。この型で鉄を鋳込むと、砂を盛った部分がへこむことで山が表現できます。この作業は「塗り込み」と呼び、古くは室町時代の釜にも使われています。

鐶付の原型に粘土質の多い砂を被せて鐶付き(茶釜の耳の部分)の原型を制作し、鋳型に埋め込みます。

鋳型と中子ができたら、いよいよ吹きの工程です。1400°に溶かした鉄を鋳型に流し込みます。

吹きが終わり、徐冷した後、鋳型から作品を取り出し、バリ処理等をした後、釜の内、外を濡らして錆びさせます。

形は違いますが、左は錆びさせる前、右は錆が着いた状態です。和銑の鉄の特徴は表面が錆でコーティングされることで、鉄の内部は錆びることなくとても長持ちするのです。
十分に錆させたら漆で着色します。実際に水を入れて火にかけ、おいしいお湯が沸けば完成です。
京都女子大学 生活デザイン研究所
提供: ストーリー

【資料提供・協力】
長野工房

【監修・テキスト】
・長野新

【英語サイト翻訳】
まい子・ベア

【サイト編集・作成】
・杉島 つばさ(京都女子大学生活造形学科

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也 (京都女子大学 准教授
・山本真紗子(立命館大学)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール