今なお手打ちで仕上げる高機能、長寿命な逸品

日本独自のお手入れ道具
身だしなみを整えるのに欠かせない道具のひとつである、毛抜き。その歴史は、同じグルーミンググッズであるハサミやカミソリよりも古く、二枚貝を用いたものを原型に、日本で独自に発展ししたといわれています。『枕草子』にも「ありがたきもの 毛のよく抜くるしろがねの毛抜き」とあり、平安時代に金属製の毛抜きがあったことを物語っています。室町時代になるころには庶民にも広まり、さらに下って江戸時代には、現在の毛抜きとほぼ同形のものが使われるようになります。歌舞伎十八番『毛抜』に登場する巨大な毛抜はいろは形で、現代まで続く定番のひとつです。
唯一の手打ち毛抜き
現在流通している毛抜きは機械による量産品ですが、昔ながらの手打ちを行うところが東京に一軒のみ残っています。明治の始めに浅草で修業した倉田米吉郎を初代に4代続く毛抜き専門の倉田製作所です。創業当時は手打ち毛抜きを作る職人も多くいましたが、関東大震災、太平洋戦争で激減、戦後は機械にとってかわりました。しかし、2代目の福太郎は手打ちの毛抜きを守り抜きます。日本橋人形町の老舗うぶけやで江戸時代から伝わる「いろは」、「甲丸」、 「ひょうたん」などの本手打ち毛抜きを習い、継承。現在も、3代・義之、4代・聖史が受け継ぎ、本手打ち毛抜きを作り続けています。
倉田製作所
本手打ち毛抜きの道具
本手打ち毛抜きに用いる道具はいたってシンプルです。もちろんそれぞれ使いやすいように工夫をしていますが、シンプルな道具で時間をかけることこそ本手打ちの真骨頂です。手打ちをすることで金属疲労を起こしにくいバネを生み出し、やすりで刃先を研いで、挟んで抜く機能性を高めます。また、細かい微調整や磨きを重ねて、1世代以上使い続けられる、堅牢で狂いのない仕上がりにします。
工程1 叩き
金敷の上で重い金槌を使ってステンレスの地金を叩きます。まず始めに、両端を叩いて延ばします。あとで刃をつけて曲げる場所でもあり、しっかり叩いて薄くします。
工程2 芯抜き
「くっと挟んで、つっと抜ける」 抜き味のいい本手打ち毛抜きの大切なバネを作る芯抜き。地金の中央の部分を裏から表から叩いて、芯を抜きます。さらに全体をまんべんなく軽やかに叩いて平坦にしたら、プレスで型抜きをし、やすりで面取りをした後、砂、麻、布の3種類のバフを使い、磨きを掛けます。
工程3 銘入れ
木台の上で微妙な曲がりを直す「そり打ち」を終えたら、曲げの前に銘を刻み、再度「そり打ち」をします。
工程4 先曲げ
毛を挟む部分を研いで、毛を挟んでも切れない程度に鋭利な「刃つけ」をしたら、先端を内側に曲げて、産毛も抜ける繊細な毛抜きに仕上げていきます。
工程5 中央曲げ
叩きの工程で「芯抜き」した中央の部分をペンチで曲げて、毛抜きの形にします。
工程6 刃先の調整
表面を滑らかに磨き、刃先に3種類のヤスリ(荒、中、細)を順番にかけて仕上げます。形やバネの弾力を整えたら、2枚の刃先を合わせて光にかざし、光漏れがないかを確認します。こうして、確実に挟める刃に整えていきます。
工程7 仕上げ
刃先を砥石で研ぎながら、隙間ない抜き味のいい毛抜きになるまで仕上げの作業を続けます。
復刻、そして新作
本手打ち毛抜きは、痛みのない抜き具合のよさと、長く使える丈夫さで人気を博しています。倉田製作所では、江戸時代の伝統の形の復刻や、銀や金素材のもの、優美な装飾を施したギフト用の毛抜きなども手がけながら、本物の毛抜きの魅力を広めています。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

資料提供&協力:倉田製作所早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、 ウェッジ「ひととき」編集部

写真: 渞忠之

監修&テキスト: 田中敦子

編集: 山本真紗子(日本学術振興会特別研究員)、京都女子大学 生活デザイン研究所 隅谷桃子(京都女子大学家政学部生活造形学科)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール