白さを極めた繊細な磁器

兵庫県豊岡市のやきもの
天明4年(1784)に伊豆屋弥左衛門が創始し、当初は粘土を使った陶器を生産していました。寛政5年(1793)になると、肥前(佐賀県)有田の窯業技術を導入し、地元で採掘される柿谷陶石を原材料とした白く美しく丈夫な磁器生産へと転換しました。天保年間(1830-44)には、領主である出石藩の産業振興政策によって、城下の商人が出資した窯が相次いで勃興しました。明治維新後もそれらの窯のいくつかは、経営者の交代などを経つつも存続していきます。中国や日本の様々なやきもののスタイルを模倣し、青い文様が描かれた染付、赤や金などの上絵付による色絵、立体的な装飾をもつ白磁など、窯ごとに特徴のある製品が作られました。 明治9年(1876)には、廃藩置県後に藩から禄(給与)が支給されなくなった旧出石藩士に、手に職を付けさせて収入が得られるようにするための授産目的と、製品の改良を目指して、盈進社が設立されました。盈進社は繊細で技巧的な装飾を伴う輸出品制作に力を注ぎ、欧米で開催された博覧会にも出品しました。明治政府のデフレーション政策と輸出低調のため経営難に陥り、同18年(1885)に廃業しました。しかしその後も職人たちが磁器生産を継続し、現在に至るまでやきもの作りが続いています。
出石焼草創期の陶器作品
褐色の鉄釉や緑色の銅緑釉、白濁した藁灰釉が奔放に流し掛けられており、まるで現代の抽象画のようです。底に「入佐山」の印が捺されていることから、出石城下の東に所在する入佐山の周辺で作られたものと考えられます。出石における陶磁器生産の草創期に作られた、珍しい陶器の作品です。                                                               
中国磁器への憧れ
鉢の側面に中国の風景図が巡っています。清時代中期から後期(18世紀後半-19世紀前半)にかけて、中国の徳化窯(とっかよう)で作られたこのような鉢が、日本に輸入されていました。この鉢も徳化窯の製品をモデルにした鉢であると考えられます。底裏に「対旭山」の文字があることから、因幡屋窯の製品であることが分かります。
有田焼の作風
 コバルトを主成分とする青く発色する「染付」と呼ばれる顔料で、内面中央に松竹梅を円形に配置し、その周囲を細かな唐草文で埋めています。全く同じ図柄の皿が同時代の有田焼で作られていることから、一見しただけでは有田焼と間違えてしまいそうですが、底裏にある「永喜山製」の文字から、大黒屋窯の製品であることが分かります。
香合とは、茶席で焚く香を入れて飾っておくための容器です。中国で皇帝が善政を敷いた時に出現するとされる、想像上の霊獣である麒麟が、細やかな筆遣いで描かれています。蓋裏に記された「但石城昇龍軒製」の文字から、鹿児島屋窯の作例であることが分かります。「但石城」とは「但馬国出石城」を略したものです。
京焼の作風
番茶やほうじ茶をいれるための大型の土瓶です。胴の上半部には、煎茶の世界で神聖視されている、中国唐時代の詩人廬仝(ろどう:?-835)が詠んだ茶歌が記され、下半部には煎茶を楽しむ中国風の人物が描かれています。このような文様構成の土瓶は、京都の陶工仁阿弥道八(1783-1855)の作例に確認でき、京焼の作風をとり入れていたことが分かります。
  染付による雲文で囲まれた窓枠内に、水面に氷が張った冬景色の中にたたずむ中国風の人物が、彫刻によって立体的に表現されています。脚には「但馬国出石西幹山製」の銘が記されていますが、この銘を有する作例には、同様の立体的な表現が共通して見られます。明治時代の欧米向け輸出品の特徴につながる点において、興味深い作例です。
胴の大きなくぼみに、牡丹の立体的な装飾が貼り付けられています。裏面は同様に蓮が装飾されています。その周囲には赤と金で雲龍文が描かれ、豪華絢爛な雰囲気を演出しています。この配色は、同時代に海外向けの輸出品で人気を博した石川県の九谷焼のスタイルに倣っています。
鴨・鶺鴒・雀など10羽以上の大小様々な鳥たちが水辺を飛び交う姿が、多彩にして鮮麗な上絵付で描かれています。このように見た目が華やかで大きな作品が、全国各地の窯業地で作られ、欧米に向けて輸出されました。側面に金で「大日本出石長稲山製造」と記されていることから、稲毛窯の製品であることが分かります。
籐や竹で編まれた籠を白磁で模倣し、磁土を1ミリ以下の薄さに伸ばした花びらを貼り合わせて、薔薇を立体的に表現しています。19世紀後半の欧米を席巻したジャポネズリ(日本趣味)によって、やきものは明治時代の日本の主要な輸出産業になりました。その製品には、このように技巧を凝らした装飾や、豪華絢爛な絵付けが求められました。
中国において、竹は季節にかかわらず常に緑の色を保っていることから、何事にも左右されない高潔な君主を象徴し、絵画や工芸品の題材として頻繁に用いられます。その図柄から、煎茶席できれいな水を入れておくための水注として作られたものと推測されます。
側面に長寿を象徴する松と鶴を、多彩な色を使い細やかな筆致で描き込んでいます。染付の水注とほぼ同じ形ですが、実は両方とも同じ成形型を使って形を作っています。他に白磁の作例も多く知られており、この形が盈進社の水注としてスタンダードなものだったことが分かります。
 とても磁器で作ったとは思えないような、写実的かつ立体的な菊や百合の花は、見る者を驚嘆させます。底裏には友田安清(1862-1918)と出石磁器会社の名前がローマ字で綴られています。友田安清は、出身地である石川県金沢で様式顔料と釉薬を製造する友田組を運営していましたが、明治32年(1899)兵庫県出石郡立陶磁器試験場開設に際して所長として招かれ、以後同39年に帰郷するまで勤めました。
 
 雨の中で羽を休める白鷺がとまる岩とその背景には、柔らかいグラデーションが付けられています。これは、従来の日本や中国の技法では出来ず、明治維新以降に西洋からもたらされた釉下彩(ゆうかさい)により可能になりました。この技術を習得していた友田安清が招かれて以降、出石でも釉下彩の作品が作られるようになりました。
コーヒーカップとソーサーにはジグザクの文様が彫られ、カップの把手は竜の形をしています。このセットを納める箱には、「明治三十五年」と記されています。明治30年代(1897-1906)以降、日本各地の窯場では欧米向けの洋食器生産が本格化しました。また一方で、人々の生活が洋風化しつつあった国内向けにも、洋食器が供給されました。
 初代永澤永信は、出石郡立陶磁器試験場で友田安清とともに働いた人物です。当代である四代(1938―)は1979年に襲名し、平成7年(1995)と同12年には日展で特選を受賞しています。出石焼の伝統である白磁に基づき、装飾を一切排除し極限までシンプルさを突き詰めた造形と、肩に薄く溜まるかすかに青みを帯びた釉薬が、清新な印象を与えます。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

資料提供:兵庫陶芸美術館

監修&テキスト:梶山博史(兵庫陶芸美術館)

編集:京都女子大学生活デザイン研究所 山崎なつほ、渡邉碧 (京都女子大学家政学部生活造形学科)

英語サイト翻訳:Eddy Y. L. Chang

英語サイト監修: Melissa M. Rinne (京都国立博物館

プロジェクト・ディレクター: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール