岐阜県の南東部―多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市を中心に焼成されてきたやきもの

日常の和洋食器から工業製品まで幅広く手掛ける美濃は、日本で最も生産量の多い窯業地です。美濃の伝統的技法を極めた陶芸家から、新たな造形表現によって次世代を牽引する作家まで、多くの人々がこの地に工房を構え、その活動は多岐にわたっています。
桃山時代
美濃では、7世紀頃、硬質土器である須恵器が焼かれたとされ、12~15世紀には、無釉の山茶碗と称される日常の雑器が大量に生産されてきました。やがて16世紀の後半、桃山時代に、この地で数多くの名品が生まれます。木灰釉に黄土や長石を加えることで黄色く呈色させる「黄瀬戸」、もぐさ土と呼ばれる鉄分の少ない地元の白土に、鉄絵による下絵付けを施して長石の釉薬を単味で掛ける「志野」、鉄釉を掛け溶けたところで窯から引きだし急冷させて黒色を出す「瀬戸黒」などの桃山陶が誕生したのです。
この時代の名品の多くは茶碗や茶入、花入、鉢などの茶道具で、桃山の時代の大名や茶人を通じて数寄者の手に渡り、全国の主要な美術館や個人の手によって今日まで伝世しています。
元屋敷連房式登窯跡
17世紀初頭には、それまでの地上式単室窖窯(大窯)に代わって、朝鮮から九州を経由して渡来した連房式登窯が導入されました。この技術革新によって生産量は格段に増加し、桃山陶の流行と相まって、全国に広く流通しました。
織部焼
この時代に隆盛を極めたのが「織部」焼です。とりわけ食器は、型打ちによる左右非対称の形に、緑釉、黒釉、赤土、白泥といった多色を用い、梅鉢文、鹿の子文、亀甲文など京(みやこ)の文様をふんだんに盛り込んでいます。
斬新な意匠
それまでにない斬新な意匠は、畿内はもとより全国各地において一世を風靡しました。織部焼は、唐津や伊賀など他産地の意匠も貪欲に取り入れています。
土岐市の元屋敷窯跡からは茶道具をはじめ、燭台からキセルに至るまで様々な陶片が出土しており、当時この地でいかに多種多様なやきものが焼かれていたかが明らかです。
御深井釉
織部の流行はその後為政者と時代の好みの変化とともに急激に衰退し、「御深井」と呼ばれる薄緑を呈した穏やかな器へと、かたちを変えていきます。御深井釉は、灰釉に長石を加えて透明度を高めたもので、主に型打ちによる柏葉や菊、菱型などの皿や鉢、向付や算木手の花入などに代表的なものが見られます。
19世紀初頭、江戸後期から明治にかけて、美濃の地においても磁器の生産が始まります。染付磁器を主に、転写技法なども開発され、美濃焼は量産へと向かいます。
明治の名工
その一方で、19世紀後半に欧米で開催される万国博覧会に向けて、国を挙げて殖産興業が謳われるなか、美濃にも名工が生まれます。五代西浦圓治(1856~1914)は、多治見を中心に染付や上絵付の量産体制を整えた西浦焼の五代目で、磁器の透明釉の下に色絵で絵付けを施す釉下彩を完成させ、欧米のアール・ヌーヴォーの流行と相まって華やかな色の世界を美濃にもたらしました。1899年のパリ万博では銅賞、1904年のセントルイス万博でも金賞を受賞しています。
荒川豊蔵
昭和に入って、それまでもっぱら磁器による日常の器を生産していた美濃に、桃山のルーツを呼び覚ましたのが、荒川豊蔵でした。1930年、荒川豊蔵(1894~1985:多治見市生、可児市歿)は可児市久々利大萱の山中で桃山時代の志野陶片を発見し、長い間途絶えていた志野、瀬戸黒、黄瀬戸、織部といった桃山陶に再び光を当て、その再興を志しました。
荒川豊蔵の発見は、美濃の地に古窯跡の発掘ブームを起こし、多くの者が黄瀬戸や志野、瀬戸黒、織部の技法にこぞって取り組みました。先鞭を担った荒川豊蔵は、1955年、国の重要無形文化財の認定制度ができて最初の認定を受け、志野と瀬戸黒の技法による人間国宝となりました。
塚本快示
磁器から陶器まで、美濃には様々な技法を手掛ける土壌が生まれていきます。昭和の時代には、中国、朝鮮陶磁や広くペルシャ陶にも秀でた陶芸家を輩出しました。土岐市の製陶家に生まれた塚本快示(1912~1990)は、中国宋代の青白磁と白瓷を理想とし、1983年、白磁・青白磁の技法で人間国宝に認定されました。磁胎が乾ききらないうちに箆で文様を掻き落とす片切り彫りの技法による精緻な水鳥文などがその真骨頂といえます。
加藤卓男
多治見市市之倉の幸兵衛窯では、明治より磁器の高級和器を手掛け、五代幸兵衛は中国・朝鮮陶磁に秀でた作品を残しましたが六代目の加藤卓男(1917~2005)は、ペルシャ陶に魅せられ、青釉やラスター彩陶を手掛けるとともに、正倉院三彩の復元を宮内庁から拝命したことからその道を極め、1995年、三彩の技法で人間国宝に認定されました。
鈴木蔵
桃山時代の技法をひたすら追い求めた荒川豊蔵の亡き後、近代の技術革新による昭和の志野を求めてガス窯による志野焼成を成し得た鈴木藏(1934~: 土岐生まれ、多治見市在住)は、1994年、志野の技法で人間国宝の認定を受けました。近年はタタラ成形による志野茶碗を試みるなど、伝統的茶碗の中にも新しい表現を模索し続けています。
加藤孝造
瑞浪に生まれ、現在は多治見市に自宅と可児市に工房を構える加藤孝造(1935~)は、瀬戸黒の技法で2010年に人間国宝の認定を受けています。荒川豊蔵に倣って穴窯による志野、瀬戸黒、黄瀬戸に独自の道を確立し、技術の伝承に尽力しています。
伊東慶二
陶による立体造形を手掛ける作家の活動が盛んなのも美濃の特徴です。武蔵野美術学校(のちの武蔵野美術大学)で絵画を学んだ伊藤慶二(1935~、 土岐生まれ)は、岐阜県陶磁試験場で陶磁器の意匠デザインに関わりながら、1960年代にやきものの立体造形を始め、美濃の現代陶芸に先駆的役割を果たしてきました。彼の作品には反戦反核、己が知るべき尺度など、鋭いメッセージが通底しています。《コンポジション》は、「仏足」を拠り処とする彼の一連の《足(そく)》シリーズのひとつです。
中島晴美
大阪芸術大学で陶芸を学んだ中島晴美(1950~: 恵那市生まれ)もまた、多治見市意匠研究所と愛知教育大学で長く教鞭をとり、多くの後進に影響を与えてきた現代作家のひとりです。彼が長きにわたってテーマとしている《苦闘する形態》は、土の可塑性が生み出す有機的形態とその表裏の関係性を問い続けています。
セラミックパークMINO(岐阜県現代陶芸美術館)
美濃の地には、教育機関、研究所、資料館、材料・窯の販売、製陶業、小売業から画廊や現代美術館といった発表の場に至るまで、やきものに携わる者を支える環境が重層的に充実しています。
伝統的技法による茶道具から、日常を豊かにするクラフト、新たな表現を模索する造形的現代陶芸まで、様々な技法と表現を寛容に受け入れてきたこの土地柄こそが、多様な美濃焼の今日を支えているのです。
荒川豊蔵資料館
可児郷土歴史館
幸兵衛窯
多治見市美濃焼ミュージアム
土岐市美濃陶磁歴史館
瑞浪市陶磁資料館
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

資料提供&協力: 岐阜県現代陶芸美術館土岐市美濃陶磁歴史館土岐市織部の里公園多治見市美濃焼ミュージアム荒川豊蔵資料館可児郷土歴史館幸兵衛窯瑞浪市陶磁資料館

監修&テキスト: 正村美里 (岐阜県現代陶芸美術館

編集: 前﨑信也 (京都女子大学家政学部生活造形学科 准教授 )、坂下理穂(京都女子大学大学院家政学研究科)

協力: 森野彰人 (京都市立芸術大学 芸術資源研究センター

英語サイト翻訳: Eddy Y. L. Chang

英語サイト監修: Melissa M. Rinne (京都国立博物館

プロジェクト・ディレクター: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール