クリストバル バレンシアガ: ラグジュアリーの世界

Cristóbal Balenciaga Museoa

バレンシアガのオート クチュール ハウスで本物の贅沢をご覧ください。

ラグジュアリーの世界
20 世紀中頃のオート クチュールは、贅沢かつ極めてフェミニンな体験を最大限に表現していました。クチュリエがデザインし、顧客一人ひとりのために仕立てた作品に漂う高級感あふれる美の世界、購入にいたるまでのしきたり、これらの作品が世に出た頃の社会背景。クリストバル バレンシアガはオート クチュールの「巨匠」と呼ばれ、その貢献には目を見張るものがあります。

クリストバル バレンシアガ: オート クチュールの巨匠

クリストバル バレンシアガはファッションのコンセプトと女性のシルエットに革命を起こします。彼にとって完璧であることは当然であり、類い稀な技術がその使命を支えたのです。革新的な発想で、今までにないシンプルで清らかなフォルムを追求しました。ファッション デザイナーのココ シャネルは彼のことを「ドレスのデザイン、裁断、縫製を一人ですべてこなせる本物のクチュリエは彼だけだ」と評しました。

クリストバル バレンシアガは、女性のシルエットを表現するための新たな技術とデザインを生み出しました。彼の完璧な作品と時代を先取りする能力は、まさに「巨匠」の名にふさわしいものです。彼の作品は時代の変化にも色あせることなく、今なお輝きを放っています。

人によって「贅沢」が意味するものは違います。唯一無二であること、高級であること、自分自身を表現すること。メゾン バレンシアガのオート クチュールの世界では、贅沢とは快適さや実用性を損なうことなく、エレガンスの源、自尊心、美しいスタイルを得ることであり、それを実現するには完璧な素材の選定、裁断、フィッティングが欠かせませんでした。

メゾン バレンシアガは「最も裕福な顧客が訪れる最も高価な場所(Le plus cher et clientèle le plus riches)」という評判を得ようと努めました。

顧客からの絶対的信頼
バレンシアガの顧客は財界の大物、貴族、アーティスト、知識人、外交官といった社会的な地位の高い女性たちでした。人柄、ステータス、ライフスタイルの象徴としてファッションを重要視する社会的エリート層で、こうした人々が社交の場で基準となるドレスコードを守り、時には新たなドレスコードを生み出したのです。

バレンシアガ ファミリー

一部のジャーナリストはバレンシアガを愛用する顧客を「バレンシアガ ファミリー(The Balenciagas)」と呼びました。彼女たちはバレンシアガの服を気軽かつ自信たっぷりに着こなし、社会的にも成功を収めています。ハーパーズ バザー誌でファッション エディターを務めたダイアナ ヴリーランド氏は、「バレンシアガを着ていると、その部屋で唯一の女性になれた。他の女性の存在は消えてしまうのよ」と語っています。

バレンシアガの作品は、モナ ボン ビスマルク、バニー メロン、バーバラ ハットン、グレース ケリー、ジャック ブスケ夫人、マデリン ディッテンフォファーといった 20 世紀を代表する女性たちに愛されました。

モナ ボン ビスマルク

「1968 年にクリストバル バレンシアガがアトリエを閉鎖したとき、モナはカプリにある別荘の寝室から 3 日間出てこなかった」とダイアナ ヴリーランドが冗談を言うほどでした。

レイチェル L メロン

「10 年以上の間、私が身に付けるものはほぼすべてバレンシアガが作りました。私には田舎で着るシンプルなワーキング ファッションだけでなく、舞踏会用のガウンやイブニング ドレスとゴージャスな帽子も必要だとわかってくれていました。」(バニー メロン)

ファビオラ王妃

バレンシアガは 1968 年のパリスマッチ誌のインタビューで、12 歳でカーサ トーレス侯爵夫人と出会ったときのことを語っています。侯爵夫人は彼にデザインをさせ、最初の顧客となりました。1960 年、バレンシアガは侯爵の孫娘であるベルギーのファビオラ妃のウェディング ドレスを制作しました。

特別な空間
メゾン バレンシアガでは、空間デザインから顧客関係の細部にいたるまで、すべてがエレガンスや卓越性、高級感を高めるためのものでした。

メゾン バレンシアガ

クチュール メゾンは 1937 年にパリのジョージ 5 世通り 10 番地にオープンしました。

サロン

サロンの内装は白い壁と金色に輝く豪華な調度品、床にはグレーのカーペットが敷き詰められた洗練された雰囲気です。サロンに置かれたドレスの色や柄を邪魔しないよう計算し尽くされています。

内装

写真は、1961 年にパリで制作されたサリドレス。ピンクのクロッケをメタリックな糸で縫製し、金色のヘリ飾りをあしらったもの。逆さまになった金色の木の椅子は座面がい草製で、マドリードにある EISA で使用されているサロンとフィッター用の椅子です。

内装

バレンシアガの最新デザインを着たモデルが歩く間、顧客はこの椅子に座ります。モスグリーンのガザルでできたケープコートには大きなフリルがあしらわれています。

完全招待制

ハウス バレンシアガのサロンへの立ち入りは、受付で厳しく管理されていました。サロンに入るには本人宛ての招待状が必要で、常連の顧客 1 名による事前の推薦がなければ招待状は発行されなかったのです。

マドモアゼル V クエリ宛ての招待状。1960 年、パリにあるバレンシアガのサロンで行われた春夏新作コレクションの展示会のもの。

ファッション ショー

顧客向けのファッション ショーはコレクションの正式公開の後に始まり、2 か月間毎日開催されていました。バレンシアガの正社員がマネキン役を務め、顧客のために選ばれたデザインを顧客の指示通りに無言で着用します。

マネキン

マネキン役に選ばれる条件はバレンシアガのスタイルにぴったりの体型であること。さらにバレンシアガが描くエレガンスのコンセプトを体現するために、優雅な動きとまなざしも必要でした。

メゾンの立役者

販売を担当する女性は社交界や顧客のライフスタイルに精通しているため、メゾンで大きな役割を果たしました。エレガントで教養も高く、控えめなトーンのバレンシアガ デザインの制服を着用し、美しいカルテを手に、常に顧客に付き添いました。

顧客とアシスタントの関係はとても密接だったため、事前に服のデザインを選ぶときは多くの顧客が販売員に一任していました。販売員が選んだデザインは、使用予定の生地のサンプルと一緒に下書きとして顧客に送られました。

フィッティング

このプロセスではフィッティングが重要でした。担当販売員が顧客を更衣室に案内し、更衣室ではフィッティング アシスタントがトワール(人台)を顧客のサイズに合わせます。この瞬間から、フィッティングのために毎週通うことになると顧客もわかっています。フィッティングの際には、デザインの特徴や値段の話はしないという暗黙の了解がありました。

「バレンシアガの 1 回のフィッティングは、他のブランドの 3 回分のフィッティングと同じ価値があるのよ。」(マレーネ デートリッヒ)

手が届く贅沢
バレンシアガを取り巻くオーラは世間の注目を集めました。1948 年、パリのジョージ 5 世通りに最初のブティックがオープンし、香水、手袋、スカーフ、バッグ、タイツなどが展示、販売されました。こうしたアクセサリーやオリジナル モデルのコピー商品(ライセンス商品や非ライセンス商品)の登場により、一般消費者にも贅沢の一端が伝わりました。

芸術的ファンタジーとショー ウィンドウ

ブティックの代名詞とも言えるショー ウィンドウは、彫刻家であり舞台デザイナーやインスタレーション アーティストとして活躍したジャニーン ジャネットが手がけました。ジャネットは 1952 年にバレンシアガと出会い、アートとファッションの世界を融合したショー ウィンドウを季節ごとに演出しました。

ジャニーン ジャネットの美しく芸術的な飾り付けは、バレンシアガ コレクションの贅沢な世界をのびのびと表現しています。究極のラグジュアリーである高級感あふれる香水を宣伝するウィンドウは、ルネッサンスを思わせるシュールレアリスティックな飾り付けで道行く人の心をつかみます。

バレンシアガの香り

1946~1947 年に作られた「ルディス」はバレンシアガ初の香水です。1948 年、2 番目の香水「ラ フュイ デザール(La fuite des houres)」を、1955 年には 3 番目の香水「クアドリル(Quadrille)」を発表しました。

ストッキング

バレンシアガ パリの色とりどりのシルク ストッキング

デパート

一目でバレンシアガのデザインだとわかるものを求めて、ハロッズ、ブルーミングデールズ、サックス フィフス アベニューといったデパートのバイヤーたちがコレクションのショーに集まりました。

彼らはすでに完成したバレンシアガのデザインを求めています。大量にコピーして「バレンシアガ風」や「バレンシアガのオリジナル デザインをアレンジ」というラベルを付けるためです。

写真はダン ミルスタインによるバレンシアガ風デザインです。

バレンシアガの魅力

1964 年、ハーパーズ バザールはバレンシアガの人気を「事実上すべての女性が、直接的あるいは間接的に彼の作品を何らかの形で使っている」と評し、合法と違法、両方のコピー商品が存在することに言及しました。

一握りの幸運な女性

しかし、不思議ないきさつでバレンシアガを着ることができた普通の女性もいたことから、バレンシアガの人柄をうかがい知ることができます。

Cristóbal Balenciaga Museoa
提供: ストーリー

クレジット

クリストバル バレンシアガ ミュージアム
ゲタリア(スペイン)
クリストバル バレンシアガ: ラグジュアリーの世界

管理者: クリストバル バレンシアガ ミュージアム
キュレーター: イゴール ウリア

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール