萩焼のはじまり ― 毛利氏の御用窯
萩焼は、毛利氏が慶長9年(1604)に萩へ本拠を移した後、朝鮮半島から召致した李勺光ら陶工たちの技術に支えられて始まります。
坂髙麗左衛門家
萩城東郊の松本村中之倉(萩市椿東の坂髙麗左衛門家現住地)に長州藩(萩藩)の御用窯として始められました。後に深川に御用窯が設けられてからは松本焼(松本萩)とよばれました。
深川焼(深川萩) ― 第二の御用窯
17世紀前半は、李勺光の子である山村作之允(光政、出家して松庵)が、叔父の坂髙麗左衛門(李敬、助八)とともに御用窯を率いていましたが、明暦3年(1657)に松庵の子の山村光俊が弟子たちとともに深川三之瀬(長門市)に移住して第二の御用窯(経営は半官半民)を設けました。
不走庵三輪窯
髙麗左衛門の子の二代坂助八が主導する松本の御用窯では、寛文3年(1663)に初代佐伯半六と初代三輪休雪が御雇細工人に加えられ、生産力の増強が図られました。
萩狸置物
18世紀初頭に初代三輪休雪が千家道具の楽焼修業に上洛します。江戸中期以降は茶の湯の世界の流行に応じた造形性を追求しました。幕末にいたるまで侘数寄の茶陶づくりを主力にしつつ、煎茶具や細工物といった多様な器種も生産しました。
萩茶碗 武蔵野写
1868年の明治維新以降は、日本社会の近代化とともに個人や企業経営の窯元が発達します。生産性を意識した多様な器種を製造しましたが、大正時代になると御用窯以来の伝統素材と作陶技術を受け継いだ侘数寄の茶陶生産が再び主流になりました。
萩編笠水指
昭和時代、とりわけ太平洋戦争前後からは個人作家意識の表現活動としての作陶が盛んになります。以来、萩焼は陶芸分野を代表する産地のひとつとして知られています。
鬼萩花冠高台茶碗 銘 命の開花
昭和45年(1970)に三輪休和が、また昭和58年(1983)にはその弟の三輪壽雪(十一代休雪)が、重要無形文化財「萩焼」の保持者(人間国宝)として認定。平成2年(1990)に吉賀大眉が文化功労者に選ばれるなど、萩焼の歴史と芸術性は、高く評価されています。
萩の素地土
萩焼伝統の素地土は、柔らかくふっくらとした質感で、萩焼の茶陶の見所の一つとなっています。素地土は、釉薬との相乗効果を考えて、三種類の主要原土(大道土・金峰山土・見島土)を調製・調合してつくられます。また、制作目的に応じて松本や深川の窯場近くで採れる地土を合わせることがあります。
萩の釉薬1 − 枇杷釉
釉下の素地の土色を美しく見せる釉薬で、土灰釉や木灰釉ともいいます。雑木(マツ、クヌギ、ナラ、イスなど)の灰を媒溶剤にしたもので、これをいわゆる酸化炎で焼成すると、素地土と釉薬が淡黄色に明るく発色します。
萩の釉薬2 − 白萩釉
白釉とか藁白ともよばれます。土灰釉に藁灰を調合した失透性の白濁釉で、萩焼はじめ西日本の窯場によく見られる釉薬です。現在の萩焼では真綿のようにぽってりと厚く温かみのある「休雪白」の釉調が主流です。
萩焼の制作1 ― 土漉し(素地土づくり) 
粉砕したそれぞれの原土を水槽で攪拌する作業を繰り返して素地土の原料をつくり、それぞれを混ぜ合わせて均質な素地土をつくります。
萩焼の制作2 ― 成形(轆轤水挽き)・加飾・素焼き
土揉みした素地土を、萩では轆轤を右回転(時計回り)させます。成形後の器胎は、2~3日陰干しされて高台削りなどをして仕上げられます。その後、化粧掛けや刷毛引きを施してから乾燥させ、700~800℃で15~18時間かけてゆっくりと素焼きをします。
萩焼の制作3 ― 施釉・窯積み
素焼きした器胎は施釉して窯積みされます。萩焼の萩焼の伝統的な窯は、山麓の斜面を利用した朝鮮渡来の連房式登り窯。燃焼室(大口または胴木窯とよぶ)に焼成室(袋または間とよぶ)が3~5個連続しています。
萩焼の制作4 ― 窯焚き(本焼き)・窯出し(完成)
窯焚き(本焼き)の時間は窯の規模(焼成室の数)によって異なります。まず燃焼室で15時間、焼成室が5袋の場合はさらに30時間程度が必要です。焼成温度は1250~1280℃で、燃料は松材の薪です。窯焚き後は焼成室を密閉し、1~5日間冷ました後に窯出しとなります。
花冠高台―鬼萩花冠高台茶碗 銘 命の開花
ハート形の四弁花を思わせる花冠高台です。三輪壽雪(十一代休雪)が換骨奪胎した桃山スタイルの割高台をさらに飛躍させた独創の造形です。萩焼400年の伝統は、このような革新的創造力を発揮する果敢な個性に培われてきたのでしょう。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

監修&テキスト: 石崎泰之(山口県立萩美術館・浦上記念館

写真: 下瀬信雄

協力:玉村信一、 森野彰人 (京都市立芸術大学 芸術資源研究センター

編集: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

英語サイト監修: Melissa M. Rinne (京都国立博物館

プロジェクト・ディレクター: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール