マリリン モンローと 4 インチ スティレット ヒールのパワー

Museo Salvatore Ferragamo

サルヴァトーレ フェラガモの有名なクライアント、「20 世紀のヴィーナス」の真実

「ふさわしい靴を与えれば、女の子は世界を征服することだってできる。」
マリリン モンロー
マリリン モンロー展
今なお色あせることのない神話の主人公、マリリン モンローが 1962 年 8 月 5 日に亡くなってから半世紀、フィレンツェのサルヴァトーレ フェラガモ博物館が彼女に敬意を表し、展示会を開催しました。キュレーターのステファニア リッチとセルジオ リザリティのもと、書類、写真、映画、著述、女優としての人生などの調査を含め、入念な準備と研究が行われ、女性として、そしてスターとしてのマリリン モンローの魅力が無数に詰まった展示とカタログが完成したのです。オードリー ヘップバーンやグレタ ガルボといった多くのハリウッド スター同様、マリリンはフェラガモの靴を愛用していましたが、何十足にも及ぶそのコレクションはどれもシンプルなデザインで、すべてスティレット ヒールでした。展示会では、30 足の靴に加え、名作映画、私生活、そして公の場所など、彼女がさまざまな場面で身につけた 50 着以上もの衣装が展示されます。長い時を経て、洋服やアクセサリーをはじめ、彼女が触れたあらゆるものは世界中のコレクターが注目するアイテムとして崇拝されるようになり、天文学的な金額で落札されてきました。

サルヴァトーレ フェラガモ博物館「マリリン」の内部

グラマラスなボディ、美しさ、官能性、悲劇的な最期、当時におけるヴィーナスとして、またセックス シンボルとしての存在感、その光と影。展示会は、マリリン モンローのカリスマ性と神話が今もなお続いていることを称えて開催されました。

「足のサイズも個性を物語る。私は、出会った女性たちをシンデレラ、ヴィーナス、貴婦人の 3 つのカテゴリに分類した。[...] 一般的にヴィーナスは非常に美しく魅力的で洗練されているが、きらびやかな外見の下には多くの場合、人生のささやかな出来事を愛する家庭的な一面が隠れている。この 2 つの個性は相反するため、ヴィーナスは誤解されることが多い。人々は贅沢で軽薄極まりないと彼女を非難するのだ。」
サルヴァトーレ フェラガモ

マリリンの影

その官能的な魅力で周囲を明るく照らした映画スター、マリリン モンローの人生の軌跡を映し出した膨大な数の写真からは、幼少時から彼女を苦しめた恐怖と不安を垣間見ることができます。

パーフェクト フィット

男性を虜にするフェミニンな魅力の象徴、マリリン モンローは、極めてカリスマ性の高いスターの 1 人であり、またフェラガモの愛好者でした。一方フェラガモは、マリリン モンローの忘れがたい魅力を表現した靴を、彼女のために特別にデザインしました。

伝説の女性

クレオパトラやディド、マダム ボヴァリーなど、愛のために、または権力に苦しみ死を遂げたことで伝説となった女性同様、マリリンの悲劇的な最期は、神秘的かつ象徴的な彼女のイメージをさらに強固なものにすることになりました。

アメリカの男性すべての夢

モンローは映画でも現実の世界でも、つかみどころのない根本的な何かを体現し、さまざまなメディアを通してその肉体的な官能性と無邪気な美しさの二面性で人々を魅了しました。

素晴らしき女性

マリリンは、写真でも映画でも、20 世紀において最も多くカメラにとらえられた女性でした。それは彼女が素晴らしい女優であり、新しいものを生み出すその感性でさまざまな役や幅広いキャラクターを表現する才能を持ち合わせていたからです。

ポップなイメージ

マリリン モンローのポップなイメージを抽象的な象徴として描くことにより、その魅力を永遠に残す 20 世紀のアート(ウォーホル、クライン、ロッテラ、カネヴァーリ)と古典的なアート(ソルダーニ、フォッジーニ、ダンディーニ、スジーニ、ブーシェ、カノーヴァ、グルーズ)にスポットが当てられました。

「才能、自信、そして突然訪れる絶望、弱さ、自尊心の喪失、恐怖の瞬間。自分自身とそのパワーを完璧に理解しながらも、遠い昔不当な扱いを受けた幼い少女。」


クリスチナ コメンチーニ

代表的な映画の衣装

この部屋では、「ナイアガラ」、「七年目の浮気」、「バス停留所」、「お熱いのがお好き」、「荒馬と女」など、今なお人々の心に残る名作のシーンでマリリン モンローが身につけた衣装が展示されました。

マリリン モンローの 4 インチ スティレット ヒール

4 インチ スティレット ヒール

マリリン モンローは、尖ったつま先と 4 インチのスティレット ヒールをあしらったシンプルなパンプスが奏でる控えめな上品さをとても気に入っていました。フェラガモが彼女のシグネチャー スタイルに合わせてさまざまな素材と色で仕立てたその靴は、彼女が生まれながらにして持っていたあふれんばかりの女性らしさを一層輝かせました。

「お金には興味ないわ。素晴らしい女性になりたいだけよ。
マリリン モンロー
「誰もがスターなのよ、みんな輝く権利を持っている。
マリリン モンロー
「化粧の下と笑顔の奥にいる私は、世界ために祈る普通の女の子なの。
マリリン モンロー
「私が求めているのは愛されることだけ、私自身を、そして私の才能をね。
マリリン モンロー
「私はまぎれもなく女だし、女であることを楽しんでいるわ。
マリリン モンロー
「つまりはこういうことね。人には好きなように考えさせておくの。そしてもし誰かが私のすることで苛立つのなら、その時点で私は彼らよりも優れているということよ。
マリリン モンロー
「不完全さは美、怒りは天才。退屈な人間よりも、バカげているほうがよほどいいわ。
マリリン モンロー
「私は成功するために生きてるの、誰かを喜ばせるためじゃない。
マリリン モンロー
「もしすべてのルールに従っていたら、どこにもたどり着けていなかったわ。
マリリン モンロー
「誰がハイヒールを発明したのかは知らないけれど、すべての女性はその人にたくさんの借りがあるわ。
マリリン モンロー
「私はわがままで、せっかちで、少し不安定なの。間違いを犯したり、自制心を失ったりすることもあれば、扱いにくいこともある。でももしあなたが最悪の状態にいる私を扱えないようなら、最高の私と一緒に過ごす資格はないわ。
マリリン モンロー

笑顔を絶やさないことよ、人生は美しいものだし、笑顔にしてくれるものはたくさんあるのだから。


マリリン モンロー

提供: ストーリー

http://www.ferragamo.com/wps/wcm/connect/033d8ca1-cd64-4719-8aa2-d4d56a38b42c/cs_marilyn_en.pdf?MOD=AJPERES

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール