2018/04/05

東海道コミュニティ ウォール プロジェクト・蒲原

静岡市東海道広重美術館

ストリートアーティスト、AIKOと蒲原の子どもたちによる壁画ワークショップ

"TOKAIDO COMMUNITY WALL PROJECT" at Kambara, Shizuoka in Japan on May 5, 2018.

~広重の「東海道五十三次 」の宿場を起点に、現代へと繋ぐストリートアーティストと辿る東海道の旅~

『東海道コミュニティ・ウォール・プロジェクト』は、アーティストと地域のすべての人たち(さまざまな生きづらさや孤立を抱えている人たち含む)に、アー トを通じた体験の機会を提供するプロジェクトです。かつては東西の交通の要であった東海道の各宿場を地域資源として、人々がアートを介して交流す ることにより、アートと社会の双方を結ぶ「ともに生きるかたち」持続可能な社会を目指します。将来的には同プログラムを展開しながら東海道の二峠六 宿をつなぐことにより、人々の歴史・文化への関心を高めたり、ひいては町の賑わいや地域アイデンティティの確立を目指したいと思います

ストリートアーティストAIKOと地元の子どもたちによる壁画ワークショップ

(静岡市東海道広重美術館「LADY GO! AIKO ×江戸ガールズコレクション」関連企画

静岡市清水区蒲原新田1丁目15-23

AIKO, Shiuzoka City Tokaido Hiroshige Museum of Art
提供: ストーリー

主催: 静岡市東海道広重美術館
指定管理者:特定非営利活動法人ヘキサプロジェクト
協賛:bloom by 3rdplace、駿河重機建設株式会社、株式会社さくら不動産
ワークショップ企画:NPO Hexaproject

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール