沖縄の素朴な郷土玩具

琉球張子とは
張子とは木や粘土でつくった型に紙などを張り重ね形作る技法です。完成したものは中空構造のため見た目より軽いのが特徴です。中国が発祥の地といわれ、世界各地へと広まって行きました。
琉球張子の歴史
嘗て沖縄には年に一度ユッカヌヒー(4の日)という大きなイーリムン(玩具市)が立っていました。これは旧暦5月4日を指しますが、実際には5月1日から5日までの5日間は子供達のための行事が目白押しでした。1日から3日の玩具市、4日は多人数で漕ぐ中国風ボートで行うハーリー船(爬龍船)競走、5日にはアマガシ(ぜんざい風菓子)というお菓子を頂きます。 この期間は那覇市内の港付近は大通りはもとより脇道までもが玩具を並べた露店で溢れるほどの賑わいだったといいます。市では張子だけではなく、土人形、木製玩具など様々な玩具が売られていました。一部を除き当時は玩具の専業職人は数少なかったので祭りの時期に合わせ器用な人々や工芸品の職人が仕事の合間に製作していたようです。 このように隆盛を誇った那覇の郷土玩具市にも大正中期頃から、ヤマトイーリムン(大和玩具)とよばれる本土製のブリキ製やゼンマイ仕掛けの玩具などが現れ始めます。それら新しい時代の玩具の影響を受け張子などの伝統的な郷土玩具は徐々に玩具市の主役の座を追われていきます。そして第二次世界大戦の勃発によりやがて玩具市とともに終焉を迎えます。戦後は玩具市も再興されることもなく、琉球張子は希少な工芸的郷土玩具となり収集家のものとなりました。
琉球張子・起き上がり小法師をつくる
水に濡らした新聞紙や書道の反故紙などを木型、粘土型などに数枚重ねて貼り乾燥させます。身近な材料を生かすのも琉球張子の特長です。
乾燥を見極め
カッターナイフなどで切れ目を入れていきます。
切り剥がし
型崩れしないように型より剥がします。
重りをつける
貼り合わせた胴体底部に粘土で作ったおもりを付け固定します。
下地つくり
膠と胡粉を混ぜたものを数回塗り重ね下地を作ります。
熟練の仕事
黄色と赤色を前後部に塗り、顔は白のまま、目鼻、黒い眉を描きます。
ウッチリクブサー(起き上がり小法師)の完成
中国風のうすい開き目が伝統的なスタイルで、七転び八起きと子供が心身ともに頑健に育つようにとの親心が込められた人気の張子の出来上がりです。
豊永盛人・玩具ロードワークスの仕事
1976年 沖縄生まれ 沖縄県立芸術大学で彫刻を学んだ後、途絶えかけていた琉球張子の製作を始めました。伝統的な主題だけではなく諸国の神話、民話、童話の世界などから創作作品まで張子で表現しています。彼の登場で収集家のものになっていた琉球張子が再び身近な存在になったと言えましょう。また、近年は他分野の工芸家との協働も多く、ガラス絵、漆絵、陶器絵付なども積極的に手掛けています。 日本民藝館展に多数入選。
琉球張子の現在と未来
豊永盛人氏を始め、第二次世界大戦後に琉球張子の再現普及に尽力した古倉保文氏の孫にあたる中村真理子氏らが製作を続けています。彼らが中心になり那覇や全国各地の工芸店での販売はもとより、沖縄県立博物館・美術館などで子供向けのワークショップも継続的に行なわれています。

今後も琉球張子が人々に知られる機会はますます広がっていくことでしょう。

京都女子大学 生活デザイン研究所
提供: ストーリー

【取材協力】
・豊永盛人(玩具ロードワークス

【資料提供】
・山名伸生(京都精華大学人文学部教授)
 
【監修・テキスト】
四釜尚人

【写真】
・村林千賀子
四釜尚人

【英語サイト翻訳】
・エディ・チャン

【編集・制作】
・植山笑子(京都女子大学 生活造形学科

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也(京都女子大学 准教授
・山本真紗子(立命館大学)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール