五月革命

May Events Archive

「想像力のすべての源」
1968 年 5 月

1968 年: 学生運動の年

1960 年代は、大学教育改革が過激な若者文化とともに訪れます。 ベトナム戦争が発端となり、若者主体の運動が世界中に広がりました。 欧米では大規模な抗議運動が起き、何万人もの若者が街頭に繰り出しました。 大学もまた難題を突きつけられました。1964 年、カリフォルニア大学バークレー校では、 学生たちがキャンパス内で戦争と人種差別の反対運動を行う権利を求めました。 フランスは比較的落ち着いていましたが、1968 年 5 月 3 日、突如大学に嵐が 襲います。ソルボンヌ校のメイン校舎で行われた小規模の抗議運動が、 警官隊によって鎮圧され、大学は閉鎖されました。その後、約 1 か月にわたり 抗議運動は発展し、ストライキに突入しました。ほどなく、最初で最後となる、 新左翼の学生たちによる運動に呼応した一般市民のストライキが起きました。 フランス全土で 1,000 万人近くの労働者がストライキに参加しました。 政府は革命の高まりに危機感を抱きました。

ソルボンヌ大学閉鎖 ‐ ソルボンヌ大学が警官隊により占拠され、学生たちは講義に戻ろうと必死に抵抗しています。警官隊が振りかざす警棒が、反乱とはどういうものかを物語っています。パリの石畳の小石は学生たちの武器に変身。多くの負傷者が出ましたが、日を追うごとに戦いに加わる者が増えていきました。

ソルボンヌ大学

バリケードの夜 ‐ 5 月 10 日夜、郊外からの若い労働者たちも多数加わり、学生たちのグループはカルチェ ラタンの石畳全域をバリケードで包囲しました。これに対する制圧はすさまじく、国民全体に大きな衝撃を与えました。

警官隊は撤退し、ソルボンヌ大学が再び学生たちに明け渡されました。学生たちは戻ってきましたが、戻った先は教室ではなく、大講堂でした。そこでは連日「全体集会」が開かれていたのです。ダニエル・コーン・ベンディットはリーダーとなることを望んではいませんでしたが、彼の発言は学生たちに大きな影響力を持っていました。

コーン・ベンディット - ソルボンヌ大学での講演
発言する若者
落書きがいたるところに

沈黙の終わリ

革命的なメッセージの演説や出版物が突如としてパリに出現しました。壁は落書きやポスターで覆われ、何千ものリーフレットが通りで配られました。新たな新聞や雑誌も誕生しました。さらに最も重要なことは、ガソリン切れで車が姿を消してしまった通りに人々が立ち止まり話を始めたことです。

祭りのような革命: ピアノが置かれたソルボンヌ大学キャンパス

ゼネラル ストライキ勃発

学生たちが労働組合と左翼と提携して抗議運動を企てました。5 月13 日に計画していた抗議運動には、約 10 万人のパリ市民が参加しました。新たに創刊された学生新聞紙「Action」の一面のように、学生運動は政府にとって頭痛の種となりました。

労働者の反乱

5 月 13 日のデモの後、労働者は仕事に戻ることを拒否します。彼らは数百もの工場を占拠し、門を閉じて、赤旗を出しました。これにより、経済は麻痺し、国は混乱しました。

自己管理

行動は統一されておらず、複数の指導者やイデオロギーが存在しています。行動委員会は地域や工場で形成されます。彼らの長期的な目標は単純なものではありません。しかし、経営と管理の急激な社会的階層化への不満は共通のテーマです。自己管理社会主義は、資本主義とソ連の共産主義への革新的な代替手段としてあらゆるところで議論されています。

活動委員会
組合が闘争に参加
エコール デ ボザールの学生によるストライキを称賛するポスター
5 月 24 日のデモ

シャルルティ集会

抗議運動と暴動から数週間後の 5 月 27 日、野党、労働組合、学生たちは、シャルルティ スタジアムにて大規模な政治集会を開きました。大臣たちがストライキに参加したため、国家機構は壊滅的な状態に陥りました。政府で機能したのは警察と国営テレビ局だけでした。

人民の力
ド ゴールを見捨てるスト破り
シャルレティでの会議

ド・ゴールの復帰

ド・ゴールは、辞任するかこのまま内戦に突入するかという選択に迫られました。5 月 29 日に彼はプロの軍隊の支援を集めるためにドイツに飛びました。5 月 30 日に彼は帰国し、その敵に対して「共和国を守る」ことを誓った演説を行いました。彼の支持者は、巨大な反デモに喜びました。

政府の反応 - ド・ゴールは反政府運動の鎮圧を進めると同時に、民衆の要求に応える変革を推し進めました。ド・ゴールの元で改革を進めるべきだと主張するド・ゴール派が若者たちの間で生まれ、共産党と労働組合組織である CGT はストライキを解除する方向に向かい始めました。

ド ゴール派の若者のリーフレット
新同盟: 労働組合 + ド ゴール
フランに突撃する警官隊
野原に逃げ込む学生たち

運動の死

政府と労働組合が封じ込めようとしたにもかかわらず、いくつかの過激なストライキは 6 月に入っても続きました。 6 月 9 日、パリ近郊の農村地域フランにある巨大なルノー工場で。警察が占拠者たちを強制排除しました。パリから来た学生たちは工場を守ろうと闘いましたが無駄でした。1 人の高校生が乱闘で死亡し、間もなく最後のストライキも終わりました。政府は新たな選挙を実施し、いとも簡単に勝利しました。1968 年の 5 月革命は幕を閉じたのです。

革命の余波 ‐ 五月革命はフランスにとって計り知れないほど大きな歴史的ターニング ポイントとなりました。革命こそ失敗に終わりましたが、それは民衆の意識に変革をもたらし、その後はそれまでの閉鎖的な社会がオープンで進歩的な社会へと変わっていくことになります。1981 年の大統領選で社会党のフランソワ・ミッテランが当選したことは、長い時を経て結実した革命の成果と言えます。

フランソワ・ミッテラン
提供: ストーリー

Creator — Andrew Feenberg

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール