ベルリンの壁の崩壊

Peter Millar

"The Wall will still be here in 50, or even 100 years"
東ドイツの国家元首エーリッヒ ホーネッカー、1989 年 1 月 19 日(この後 10 か月も経たずにベルリンの壁が崩壊する)
西ドイツからの景色
「デス ストリップ」

1961 年 8 月 13 日に東ベルリンの部隊が、ベルリンのソビエトが占領していた地域と西側連合国が統治していた地域とを隔てる壁を建設し始めてから、ベルリンは不均等に 2 つに分割されました。2 つの地域は「デス ストリップ」と呼ばれる無人地帯で分断されており、この地帯では、東ドイツの市民がより豊かな西側へと逃亡するのを防ぐために、必要であれば死に至る武力を行使してもよいという命令のもと、武装した東ドイツの国境警備隊が巡回していました。

東ドイツの国家元首であったエーリッヒ ホーネッカーは壁を建設したことを認め、必要なら 1 世紀でも壁は続くと豪語しました。

1989 年初めまでに、モスクワにおけるミハイル ゴルバチョフの社会的、経済的改革がソビエト圏全体に波及効果をもたらし始めます。ハンガリーでは自由化が進み、ポーランドでは自由選挙が行われて、以前は禁止されていた「連帯」運動の党が過半数を獲得しました。8 月にハンガリーで休暇を過ごしていた東ドイツ人たちが通行自由な国境検問所を利用してオーストリアに逃げ、西ドイツの市民権を請求しました。その後数か月で、一部の東ドイツの人々はプラハとワルシャワの西ドイツ大使館に逃げ込み、一方東ドイツでは経済的、社会的自由化を求める抗議活動が急速に進展していきました。ライプツィヒでは、毎週月曜日に大規模なデモ行進が行われ始めました。

「連帯」にとって、選挙は「真昼の決闘」でした。
ポーランドの改革と「連帯」政府の誕生につながったワルシャワでの円卓会議
レオニード ブレジネフ元ソビエト最高指導者と良好な関係を保っていたホーネッカー(壁の西側に風刺画が落書きされている)でしたが、ミハイル ゴルバチョフとの関係は同じようにはいきませんでした。

ハンガリーは西側に国境を開いた最初のワルシャワ条約機構加盟国でした。「社会主義の隣国」で休暇を過ごしていた何百人もの東ドイツ人がオーストリア経由で西ドイツに逃れる機会を得ました。チェコスロバキア政府はハンガリーへの国境を閉鎖しましたが、数百人の東ドイツ人がプラハの西ドイツ大使館に避難する結果となりました。最終的に東ベルリン政府が折れて、特別な封印列車がこれらの「裏切り者」を西ドイツに移送することを許可するまで、ワルシャワでも同様のことが行われました。問題は、こうした列車が東ドイツの領土を通らなければならなかったことです。列車に乗った人々は東ドイツから「追放」されるのだということを示すはずが、通り過ぎる列車に飛び乗ろうとする市民が列車の通過する都市の駅に殺到したため混乱が起きてしまいました。

亡命列車がドレスデンに止まり、乗り込もうとする人々が押し寄せた騒ぎに関する東ドイツ鉄道警察の調書
東ドイツ 40 周年記念日の前日の 1989 年 10 月 6 日、共産党は忠誠の証しとして若手党員のパレードを企画しましたが、現実は違っていました。
不満を抱いているこの都市の若者は教会で野営しました...
...警察が厳重に監視し、シュタージ(秘密警察)が潜入しています。
ホーネッカーが共和国宮殿でワルシャワ条約機構加盟国首脳をもてなしていたとき、怒れる群衆が「ゴルビー、助けて」と叫びながら外に集まりました。
ソビエトのゴルバチョフ書記長はホーネッカーに「遅れてくる者は歴史に罰せられる」と言ったが、ホーネッカーは聞き入れませんでした。
群衆に暴力で対応する警察とシュタージ
東ベルリン市民は、ゴルバチョフが自分たちの救世主になってくれるかもしれないと考えていました。

10 月 6 日の抗議運動は、ホーネッカー政権の終わりの始まりを告げるものでした。流れが変わったのです。

10 月 9 日、反体制派グループは、変革を求める大規模な市民運動「新フォーラム」の設立宣言文を執筆するために、人権運動家ロベルト ハーヴェマンの未亡人であるカッチェ夫人宅に集合しました。
10 月 17 日、ホーネッカーは退任しましたが、長年彼の後継者と目されていたエゴン クレンツが選任されたため、国民の怒りを鎮めることにはなりませんでした。
大規模な抗議活動を呼びかけた反体制グループ「新フォーラム」
11 月 4 日、何千人もの市民が街頭でデモを繰り広げました。
50 万人以上の人々が市民の自由拡大を求めて抗議しましたが、壁の崩壊を予想した人はいませんでした。

一方ライプツィヒでは、何万もの市民が毎週月曜日に街頭でデモを続けて市街地を囲む環状道路を行進するようになりました。彼らは嫌っていたシュタージに反対するスローガンを唱え、民主化への改革と兵役義務の廃止を求めました。群衆の中で主な重要人物は、国際的に有名なライプツィヒのコンサートホール、ゲヴァントハウスの音楽監督であったクルト マズアです。ホーネッカーは実のところ、ミハイル ゴルバチョフに近くのソビエト基地から部隊を送り込むよう要請していました。ゴルバチョフはこれを拒否します。

最大 70,000 人もの市民が毎週月曜日にライプツィヒで改革を求めてデモを行っていましたが、いつ何時ソビエトの戦車に押しつぶされるかとおびえていました。
民主的抗議運動「新フォーラム」のメンバーであったロタール ケーニッヒは、反体制派に対して武力行使が行われるかどうか確信がなかったと思い起こします。
11 月 4 日、何十万人もの人々が、改革、秘密警察の廃止、民主的な選挙を求めて東ベルリンの中心部に押し寄せました。しかし、ベルリンの壁、ましてやドイツ統一というタブーを口にする者はいません。

11 月 9 日の夜、東ベルリンでの記者会見で、政治局員ギュンター シャルノフスキは西側への旅行を許可するという決定を読み間違えます。ビザとパスポートを持っていればと言うつもりでしたが、彼は混乱して言い間違え、国境がすぐに開かれるというメッセージが世界に広がり、西ベルリンのテレビやラジオによって東ベルリンに戻ってきました。何百人、やがて何千人もの東ベルリン市民がボルンホルマー通りの検問所に殺到しました。国境警備隊は実際は逆である命令を受け取れなかったため、彼らを通しました。ダムは決壊したのです。

西ベルリン市民はベルリンの壁に登り、東ドイツの国境警備兵をからかいます。数千人が生涯で最高のパーティーのために西側へと押し寄せました。

壁の上のパーティー
西ベルリンの群衆はチェックポイント チャーリーで東ベルリン市民を歓迎しました。一夜にして、ベルリンの壁に開いた穴が再びふさがれることはないとはっきりしました。
東ベルリン市民は、文字通り自分たちの手に、のみとともに未来をつかんでいました。
壁を取り壊し始める東ドイツの国境警備兵
1989 年のクリスマスには、東西のベルリン市民が自分たちの都市の再統一を祝い、ブランデンブルク門の上や周辺では大規模なパーティーが行われました。
提供: ストーリー

Curator — Peter Millar
For more details go to www.petermillar.eu

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール