1942年4月~1943年7月

死ぬ前に...

Auschwitz-Birkenau State Museum

ユダヤ人の強制移送: ザグウェンビェ ドンブロフスキェからアウシュヴィッツへ

ビルケナウ強制収容所が解放された後、その跡地から貴重な写真がつまった箱が発見されました。発見場所はおそらく「カナダ」と呼ばれていた倉庫で、ここにはガス室で死亡したユダヤ人の荷物が格納されていました。笑った顔や幸せそうな顔、深く考え込んだ顔、はしゃいだ顔、憂鬱そうな顔など、さまざまな表情がとらえられています。結婚式や子どもの誕生、休暇旅行など、家族や友だちが集まった瞬間が収められています。決して戻ることのない世界がフィルムの中に残っていました。ホロコースト以前のポーランド ユダヤ人の世界です。およそ 2,400 枚の写真には、ベンジンやソスノヴィエツなど、ザグウェンビェ地方周辺のユダヤ人の家族が収められています。写真の多くは、同じ人物を別の場所、別のシチュエーション、別の季節で撮影したものであり、愛する人や友だちが一緒に写っています。素人が撮影した写真もあれば、プロが撮影した写真もあります。スナップ写真もポストカードもあります。写真には、撮影した人が思い出として残しておきたいと願うものが残されています。新婚旅行や家族の集まりといったイベント写真もありますが、大切なシーンの多くは日常生活の一場面で、道を歩いているところ、遊んでいる子どもたち、ゆっくりとくつろぐひと時の喜びなど、貴重な瞬間が写真の中では永遠の姿をとどめています。この写真を強制収容所に持ってきたのは、家族の誰かか、同じ家に住んでいた誰かかもしれません。同じ移送列車で運ばれきた人たちであることは間違いありません。おそらく、「カナダ」で働かされていた囚人が箱やスーツケースに写真をしまったのでしょう。そして、その存在は忘れ去られていました。

ブロデル家とコーン家

ブロデル家には、ブロンカ、レイブ、エリ アロン、ハダサ、ヘノッホ、イドカという 6 人の子どもがおり、ベンジンのマワホフスキエゴ通り 52 番地に住んでいました。ブロデル家はそこで文房具と薬、たばこを扱う雑貨屋を営んでいました。

1920 年代、ブロデル家はパレスチナに行く旅行を計画します。「私たちの父はヤッファに蒸留酒製造所を持っていたのです。すべての準備が整いました。しかし、出発の直前、母が父から電報を受け取りました。仕事中に鉄の樽が足に落ちてきて、重傷を負ったというのです。父は 6 週間テル アビブの病院から出られませんでした」と、ブロデル家で唯一ホロコーストから逃れたエリ ブロデルは当時のことを覚えています。

母のファイグラ ブロデルと子どもたちはベンジンに住んでいました。父はヤッファの製造所を売り払い、ポーランドに戻りました。

1930 年代初め、長女のブロンカがマイエル コーンと結婚します。マイエルの両親のナフムとディナはソスノヴィエツのモドジェヨフスカ通りに女性衣料店を所有していました。コーン家は、休暇をクリニツァで過ごすのが恒例でした。

ブロンカとマイエルの間には子どもが 2 人生まれました。ダヴィドとレニアと名付けます。子どもの写真は多く残されており、街を歩く姿や休暇旅行などが収められています。ただし、プロの写真家によるものはありませんでした。家族の思い出を話すエリ ブロデルによると、エリ自身が写真を熱心に撮影したそうです。およそ 2,400 枚の写真をすべて確認したエリは、その中から自分が撮った写真を発見します。「たくさん撮影しました。最初はフォルクレンデル製で、次にライカを手に入れました。仕事から家に帰ったときに、ハダサや子どもといるブロンカなど、たまたま出会った瞬間を撮りました。家で現像して、皆に渡しました」とエリは語ります。ブロデル家とコーン家はどちらも敬虔な家族で、両家の子どもはベンジンにあるユダヤ人学校に通いました。エリ ブロデルは、子ども時代を思い出して次のように話します。「家族と住んでいたころは、私も敬虔なユダヤ教徒で、正統派のユダヤ教学校で学びました。しかし、私と両親の関係はあまり良くありませんでした。父はとにかく厳格でした。あるとき、アイススケート靴を浴槽に隠したことがあったんですが、父が見つけると、他の子にあげてしまったんです」。

敬虔な家庭での子育ては、いかに信心深い生活を送るかという点に焦点が当てられました。男の子は、父の伝統を引き継ぎ、父がタルムードと正しい生活様式を学んだ学校に通うものだと思われていました。エリ ブロデルは自転車に乗るのが大好きでしたが、スポーツや運動という要素は正統的な子育てには含まれていませんでした。エリは、「自分と厳格な父の間で衝突が起きるのは、おおむねこの点だったと思います」と話します。

1937 年、エリ ブロデルは結婚します。エリの両親はこの結婚に反対でした。相手が裕福な家の出身ではなく、そのきょうだいが共産主義者だったためです。

ドイツがポーランドに侵攻すると、エリ ブロデルは妻を連れてソ連に逃げました。

ブロデル家はベンジンに残りました。第 2 子であるレイブ ブロデルは、戦争の初めごろにファイグラ リプスタインと結婚しています。1941 年、ハダサ ブロデルは、ダヴィド シャレジンギエルと結婚しました。

1941 年、ナフム コーンとマイエル コーンがソスノヴィエツの市場広場で絞首刑になりました。

レイブ ブロデルは、1943 年 6 月 22~26 日のゲットー閉鎖時に SS 隊員によって銃殺されました。ダヴィド シャレジンギエルは、強制収容所に移送され、そこで殺されました。家族の他のメンバーは、アウシュヴィッツ強制収容所に移送されました。ホロコーストを生き延びた者はいません。

エリ ブロデルは妻とイスラエルに住んでいます。

ファイグラ ブロデルと子どもたち: ハダサ、ファイグラ、イドカ、レイブ、ヘノッホ、エリ。この写真はパレスチナ旅行のパスポート用に撮影されたもの。第 1 子のブロンカは既に結婚しており、この写真には入っていない。1926 年にベンジンで撮影。
ディナとナフムのコーン夫妻。1920 年代にクリニツァで撮影。
ディナとナフムのコーン夫妻。1920 年代にクリニツァで撮影。
ナフムとその娘。1930 年代にポーランドで撮影。
ソスノヴィエツのモドジェヨフスカ通りにある両親の店の前に立つマイエル コーン。1930 年代にソスノヴィエツで撮影。
レニア コーンとダヴィド コーン。1939 年にライツァで撮影。
ダヴィド コーン、1936 年にポーランドで撮影。

「たくさん撮影しました。最初はフォルクレンデル製で、次にライカを手に入れました。仕事から家に帰ったときに、ハダサや子どもといるブロンカなど、たまたま出会った瞬間を撮りました。家で現像して、皆に渡しました。」

ブロデル家でホロコーストを唯一生き延びたエリ ブロデル

エリ ブロデルによる最後の家族写真。下段(左から): ダヴィド コーン、ハダサ ブロデル、レニア コーン。上段: ブロンカ コーン、乳母。1939 年にベンジンで撮影。
ファイグラ リプスタインとレイブ ブロデルの結婚式。下段(左から): ハダサ ブロデル、ダヴィド コーン、レニア コーン、ファイグラ ブロデル、イドカ ブロデル。上段: ブロンカ コーン、ファイグラ ブロデル。1941 年にベンジンで撮影。撮影者: 写真家 J ゴルドツェヴァイギェ
ハダサ ブロデルとダヴィド シャレジンギエルの婚約写真。1939 年以降にベンジンで撮影。

マワフ家

ハナ ペシアとアロン ヨセフ マワフは、ワルシャワ近郊の小さな町マクフ マゾヴィエツキ出身です。1905 年、2 人は 8 人の子どもを連れてこの町を離れ、ベンジンに写りました。ベンジンで、子どもの 3 人が協力して、牛の腸からソーセージの皮を作って精肉店に販売する工場を設立しました。

第 4 子のヴェルヴェルは、接着剤業者向けの原材料を扱う商売を行っていました。たとえば、牛の血液を食肉処理場で購入し、業者に販売していました。戦争前、2 人のきょうだいがパレスチナに向かいました。1939 年、そのうちの 1 人がパレスチナでの商売に失敗してポーランドに帰国しています。

ハナ ペシアとアロン ヨセフ マワフの 8 人の子どものうちの第 2 子ラファエル マワフは、いとこのマルカ ルヘル ブルムと結婚しました。2 人は一緒にベンジンからドンブロヴァ グルニチャに移りました。ドンブロヴァ グルニチャは近くの産業都市で採掘産業だけで成り立っていました。この地で、ラファエル マワフは友だちと一緒に、きょうだいと同じようなソーセージ材料工場を設立しました。しかし、会社は倒産し、ラファエルは家業に戻りました。ラファエル マワフとマルカ ルヘル マワフの間には、イツァハク、ズィスゼ、フリメト、シマ、エステラ、ヴォルフ(現在ゼエヴ)、アブラハムという 7 人の子どもが生まれました。

現在イスラエルに住むゼエヴ マワフは、次のように家族の物語を語りました。「私たちは、とても子どもの多い家族でした。プーリーム祭の休暇のときに祖母ハナ ペシアの家にいくと、そこには家族のメンバーが大勢集まっていました。祖母は独裁者のように家族を支配していました。祖母は、『経済的に成功したきょうだいは、貧しいきょうだいを助けるように』と言いました。私の父は成功しなかった側でした。毎夜、家族全員がベンジンにある母の家に集まりました。私の父は、週に 3~4 回歩いて母を訪ねました。祖父のラスヒは、とにかく元気でした。眼鏡なしに本を読み、歯はすべてそろっており、毎日行う沐浴の儀式にも参加しました。髪もわずかに白髪になっただけです。沐浴が終わると、ニシンを食べ、ウォッカで飲み込みました。それで祖父は完全に満足していました。」

ラファエルとマルカの第 1 子イツァハクと第 2 子ズィスゼは、日曜大工の才能にあふれていました。ゼエヴによると、戦争前、イツァハクは、さまざまな部品から独自のカメラを作り出したそうです。おそらく、イツァハクは家族写真をたくさん撮ったことでしょう。

きょうだいはそれぞれ別の政治組織に所属していました。イツァハクとズィスゼは共産主義者で、エステラはハショメル ハツァイルに所属していました。フリメトはゴルドニアに参加し、シマはブンドで、ゼエヴはハショメル ハダティで活動していました。ゼエヴは次のように話します。「家の中に 5 つの党派がありました。しかし、それでも家族であり、家庭内でイデオロギー闘争は起こりませんでした」。きょうだいの中には、所属する政治組織の影響により、ポーランド当局との紛争に参加する者もいました。イツァハク マワフは、赤旗を掲示したことで一度逮捕されています。1937 年、シマは、夫のダヴィド クラウゼとともにポーランドから逃げました。ダヴィド クラウゼはドンブロヴァ グルニチャに住む過激な共産主義者だったので、逮捕される危険があったのです。2 人は 2 年間フランスに違法滞在しました。1934 年、イツァハク マワフはサラ ルーダと結婚し、ベンジンに移っています。

1937 年、2 人の息子のアブラハムが生まれました。

サラの家族はワルシャワ出身で、父はユダヤ人街で魚を扱っていました。

サラ マワフは助産婦で、ベンジンにある「ビクル ホリム」という名のユダヤ人病院に勤務していました。

イツァハク マワフは、最初はおじのアバが営んでいる印刷店に勤めていましたが、やがて、義理のきょうだいと協力して新しい会社を設立しました。ゼエヴは次のように話します。「父は、私が商人になることを望んでいました。私は 14 歳のときから生地屋で働いていましたが、好きではありませんでした。そこで、店のすべてのファスナーを整理する作業を始めました。また、色に関しても良いセンスを持っていたと思います。女性が店に入ってくると、アドバイスを求められました。その後、おじの印刷店で働くようになりました」。ゼエヴは、戦争勃発直後にイトカと結婚し、ソ連に逃げました。

イツァハクとサラ、それにアブラハムは、ベンジンに残り、ホロコーストで命を落としました。

祖母のハナ ペシアは戦争前に亡くなり、アロン ヨセフは 1939 年に殺されました。場所はわかっていません。

戦争の直前、シマ マワフとダヴィド クラウゼは、フランスからポーランドへ強制送還されました。2 人はソ連に逃げました。ゼエヴは次のように話します。「シマは、子宮外妊娠のため、1943 年にサマルカンドにおいて私の腕の中で亡くなりました。イトカと私は、ドイツ人から逃げながら、シベリアのタシュクミールに到達しました。その地で、私は鉱山で働きました。シマが病気だと知ったとき、私は仕事をやめ、相当に危険でしたが、シマに会いに行きました。シマはサマルカンドで死に、そこで埋葬されました」。

1939 年、ズィスゼ マワフは、ソ連に逃げました。そして、1945 年にポーランドに戻りました。ゼエヴとイトカ、そしてその子どもたちは、1946 年にポーランドに戻りました。178 人いた家族のメンバーの中で発見できたのはズィスゼだけでした。彼らはポーランドを離れ、パレスチナに移住することを決めました。

ズィスゼは 1985 年にイスラエルで亡くなりました。

ゼエヴとイトカは、ヘルツリーヤに住んでいます。

ハナ マワフとアロン マワフ、その子どもたち。下段(左から): イアンキエル ダヴィド、アロン ヨセフ、ハナ ペシア、ラファエル ヒルシャ。上段: アバ、イツァハク モルデハイ、ヴェルヴェル ベンヤミン、モシャ ピンカス、ライブ、イェヒエル。1928 年 10 月 31 日にベンジンで撮影。

「私たちは、とても子どもの多い家族でした。プーリーム祭の休暇のときに祖母ハナ ペシアの家にいくと、そこには家族のメンバーが大勢集まっていました。祖母は独裁者のように家族を支配していました。祖母は、『経済的に成功したきょうだいは、貧しいきょうだいを助けるように』と言いました。私の父は成功しなかった側でした。

毎夜、家族全員がベンジンにある母の家に集まりました。私の父は、週に 3~4 回歩いて母を訪ねました。

ヴォルフ マワフ(現在はゼエヴ マワフ)

マルカ ルヘル マワフとラファエル マワフ、その子どもたち。下段(左から): ヴォルフ、マルカ ルヘル(ひざの上にアブラハム)、ラファエル ヒルシャ、シマ、フリメト。上段: エステラ、イツァハク、ズィスゼ。1920 年代にポーランドで撮影。

「家の中に 5 つの党派がありました。しかし、それでも家族であり、家庭内でイデオロギー闘争は起こりませんでした」。ヴォルフ マワフ(現在はゼエヴ マワフ)

イツァハク マワフとサラ マワフ、ズィスゼ マワフ、その友人たち。前面、左から 1 人目: イトヘ グトマン、2 人目: サラ。背面、左から 4 人目: アデラ スフネイベルグ、5 人目: ヴォヴァ レイフキンド。右: イツァハク。1930 年代にポーランドで撮影。
病院で働くサラ マワフ
産科病室のサラ マワフとアブラハム マワフ
マワフ ファミリー(左から): サラ(ひざの上にアブラハム)、サラの両親、ラファエル ヒルシャ、イツァハク
サラ マワフ、イツァハク マワフ、アブラハム マワフ。1942 年 12 月 29 日にベンジンで撮影。
アブラハム マワフ。1943 年にベンジンで撮影。

コプロヴィチ家

アロン コプロヴィチとその妻リヴカには、ユドゥル、ミレレ、ヘルチア、シャロモ、ロザ、チェシア、サラという 7 人の子どもがいました。アロン コプロヴィチは裕福な商人で、ベンジンの旧市場広場に生地店を所有していました。コプロヴィチ家は敬虔な家族で、アロンは、カルバリ山のツァディークのもとに集まるハシディーム派であるゲレル ラビ ハシディームに属しており、ユダヤ人コミュニティにおいて尊敬されるメンバーでした。

アロンとリヴカの子どもは、ユダヤ教徒として厳格に育てられました。

旧市場広場にある家族経営の店は、長女のミレレが経営していましたが、彼女は若くして亡くなります。ミレレが夭折した後、店はシャロモが引き継ぎました。

コプロヴィチ家は、休暇の季節になると、カミンスクやクリニツァ、ラブカ、ウッチなど、お気に入りの場所へ旅行に出かけるのが常でした。ウッチには次女のヘルチア ザイドマンが家族と住んでいました。親族のハナ コプロヴィチは、ベンジンで行われたヘルチアの結婚式を今でも覚えているといいます。「あのときは、ザイドマンのきょうだいに驚きました。黄金の靴、長いドレス、見事なブロンドのかつらを身に付けてウッチから結婚式にやって来たのです。今でもはっきりと覚えています」。アロン コプロヴィチの娘たちも、常に優雅で流行の衣装を身にまとっていました。父親の厳格な行動と衣装とはまったく対照的でした。写真の多くは、ロザ コプロヴィチのことを喜びにあふれた若い現代女性として描いています。ドイツのポーランド占領後、ヘルチア ザイドマンは、夫と子どもたちを連れてベンジンに戻りました。家族全員が窮屈な状態で暮らしていました。「およそ 30 人の大家族が、ゲットーの 3 つの小さな部屋に住んでいました。ヘルチアとその子どもたち、ヘルチアのきょうだいであるユドゥルとその 7 人の子ども、両親、残りのきょうだいたい、その全員が一緒に暮らしていました。小さな平屋の家でした」。コプロヴィチ家の生地店は、没収され、ドイツ人の監督者のものとなりました。

ユダヤ人の会社や店を没収する「アーリア化」により、所有者が財産を失うだけでなく、多くのユダヤ人が職と収入を失いました。ロザ コプロヴィチとチェシア コプロヴィチは、「アーリア人」が乗っ取った店で働きました。このため、しばらくの間は強制移送をまぬがれることができました。ハナ コプロヴィチは、ゲットーで生き延びるために皆がどれほどの努力をしたのか、次のように述べます。「マワホフスキエゴ通りの監督者が会計士を必要としていました。私は、かつて金物屋を所有していたユダヤ人を担当する監督者に会いました。この監督者は SA 隊員で、名前をフォルケルといいました。彼は、5 つのユダヤ人店舗を監督する役目を担っていました。私は、別の家族のメンバーが各店舗を管理するように配置しました。このようにすることで、外国人の仕事に関して責任を持つ特別な SA 隊員から特別な許可を得ることができました。そのような許可を持たない人は、強制収容所に送られました」。ゲットーでは多くのカップルが結婚しました。そうすることで、男性は一時的に強制移送をまぬがれることができたのです。同時に、結婚は、非人間的な環境の中で通常の生活を送っているかのような見せかけの外観を生み出す取り組みの証明となったのです。ロザ コプロヴィチは 1943 年の初めに結婚しました。ハナもゲットーで結婚しました。どちらの家庭でも子どもが生まれましたが、ホロコーストを生き延びることはありませんでした。ゲットーが閉鎖されるとき、ハナとその夫は、隠れ家に隠れていました。数週間後、食料がなくなりました。「隠れ家を出ようと決めました。ゲットー時代に働いていた監督者のおかげで、体を洗い、少し休むことができました。彼は『毎朝、ドイツ人の監視人が 50~60 人のユダヤ人を引き連れて、家の前を通り、孤児院からゲットーに向かっている』と言いました。夜になると、戻ってくるそうです。『清掃作業班』と呼ばれるグループに属していたユダヤ人で、廃棄されたゲットーの清掃を行っていました。監督者に頼んで、あるメモを彼らに渡しました。私もグループに入れて欲しいと伝えたのです。ユダヤ人の浄化後の当時、選択肢は 2 つでした。友好的な非ユダヤ人と一緒にアーリア人側に避難場所を求めるか、清掃作業班に認められるかです。私たちは、皆がゲットーに連れられていくときに固まらずバラバラになって参加するようにとの助言を得ました。私たちは、参加するタイミングを調整する必要がありました。脱走を決意した人のポジションを埋めるように参加する必要があったのです。ドイツ人監督者の名前のリストは完全一致が必要でした。1 人でも欠けてはならず、1 人でも増えていてはなりません。やがて、グループは小さくなり、つながりのある人だけが残りました。私は強制収容所に送られました」。コプロヴィチ家のメンバーは、ほとんどがアウシュヴィッツに送られ、殺されました。ハナ コプロヴィチは次のように話します。「おじのアロン コプロヴィチの家族は、ゲットーの『浄化』時に移送されました。後で会うことができたのは、ヘルチアとその夫と子どもたちだけです。ヘルチアたちは隠れ家に隠れており、私が清掃作業班で働いているときに偶然出会いました。ヘルチアたちに何が起きたのかはわかりません。おそらく、他の人と同じでしょう。アウシュヴィッツへ送られましたから」。チェシアは、アロン コプロヴィチとリヴカ コプロヴィチの子どもの中で唯一ホロコーストを生き延びました。戦後、チェシアはイスラエルに移住し、1980 年代にエルサレムで亡くなりました。同じように、ハナ コプロヴィチもポーランドを離れてイスラエルで暮らし、1997 年に息を引き取りました。

リヴカ コプロヴィチとその子どもたち。下段(左から): チェシア、サラ、ロザ。上段: シャロモ、リヴカ、ミレレ、ヘルチア。1928 年にカミンスクで撮影。
ベンジンの旧市場広場にあったコプロヴィチ生地店の正面。入り口に立っているのがロザ コプロヴィチ。1930 年代にベンジンで撮影。
ロザ コプロヴィチ(左から 1 人目)とチェシア(左から 3 人目)。子どもはヘルチア ザイドマンの子と思われる。1930 年代にポーランドで撮影。
リヴカ コプロヴィチとアロン コプロヴィチ。1930 年代にクリニツァで撮影。
ロザ コプロヴィチとその母。1937 年にクリニツァで撮影。
ロザ コプロヴィチ(右側)。1930 年代にポーランドで撮影。
ロザ コプロヴィチ。1930 年代にポーランドで撮影。
ロザ コプロヴィチ。1937 年にクリニツァで撮影。
ロザ コプロヴィチの結婚式。1943 年にベンジンで撮影。

「おじのアロン コプロヴィチの家族は、ゲットーの『浄化』時に移送されました。後で会うことができたのは、ヘルチアとその夫と子どもたちだけです。ヘルチアたちは隠れ家に隠れており、私が清掃作業班で働いているときに偶然出会いました。ヘルチアたちに何が起きたのかはわかりません。おそらく、他の人と同じでしょう。アウシュヴィッツへ送られましたから」。親類のハナ コプロヴィチ(ズベルマンと結婚)。

フペルト家

フペルト家について判明しているのは、写真とそこに所有者が記したあいさつの言葉やメモから復元できる部分に限られます。この家族を覚えている人は見つかっていません。

フペルト家は、ポーランドとチェコの国境にあるチェシンという町の出身です。ロザとヨセフには、アルトフル、アドルフ、フェルディナンド、ミズィ、その他名前のわからない男の子と女の子の6 人の子どもがいました。裕福で華やかな生活を送っていました。1920 年代の写真からは、家族生活の個々のシーンだけでなく、それを取り巻く独特の雰囲気が感じ取れます。アルトフル フペルトとその妻グレテは、1938 年 1 月 9 日にオパヴァで結婚しました。1938 年に息子のペテルが誕生すると、オロモウツに移り住みました。アルトフルは、頻繁に子どもの写真を撮っており、詳細な説明を書き添えて両親に送っています。

アルトフル フペルトとグレテ フペルト、ペテル フペルトは、1944 年の夏に殺されました。

4 月 29 日、家族全員がテレージエンシュタットからバラーナヴィチに移送され、そこで亡くなりました。

ロザ フペルト、ヨセフ フペルト、その子どもたち。正面の子どもの名前は不明。背面の中央はミズィ。その脇にミズィのきょうだいであるアドルフとアルトフル、フェルディナンド。4 番目のきょうだいの名前は不明。1930 年代にチェシンで撮影。
アドルフ フペルト。 1930 年代にチェコスロバキアで撮影。
アルトフル フペルト。1930 年代にチェコスロバキアで撮影。
ミズィ フペルト。1933 年にチェシンで撮影。
ミズィ フペルトの結婚式。1930 年代にチェコスロバキアで撮影。
フェルディナンド フペルトとヒルダ ペルトの結婚写真。1930 年代にチェコスロバキアで撮影。
アルトフル フペルトとグレテ フペルトの結婚式。1938 年にオパヴァで撮影。撮影者: 写真家ロベルト スプルニ(オパヴァ在住)。
アルトフル フペルトとグレテ フペルトの息子ペテル。1939 年にチェシンで撮影。撮影者: 写真家エルスネル(チェシン在住)。
アルトフル フペルトとペテル フペルト。1940 年ごろにオロモウツ(チェコスロバキア)で撮影。
アルトフル フペルト、ペテル フペルト、グレテ フペルト。1940 年にオロモウツ(チェコスロバキア)で撮影。
ペテル フペルト。1940 年にオロモウツ(チェコスロバキア)で撮影。
提供: ストーリー

Teksty zaczerpnięto z książki "Zanim odeszli... Fotografie odnalezione w Auschwitz" pod red. Kersten Brandt, Hanno Loewy, Krystyna Oleksy.
Curator — Dr Maria Martyniak
Curator — Agnieszka Juskowiak-Sawicka
Excerpts taken from the book "Zanim odeszli... Fotografie odnalezione w Auschwitz" ("Before they perished... Photographs found in Auschwitz") by Kersten Brandt, Hanno Loewy, Krystyna Oleksy.
Curator — Dr Maria Martyniak
Curator — Agnieszka Juskowiak-Sawicka

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール