1942年

みんな子どもだった

Paris City Hall

パリにおけるユダヤ人の子どもたちの強制移送と救出(1940~1945 年)

1942 年 7 月、約 14,000 人のパリ市民が単にユダヤ人であるという理由だけでフランス警察に拘束され、大部分がヴェロドローム ディヴェールに集められました。その中には多くの子どもが含まれていました。1942 年から 1944 年までの間にフランスから強制移送された 11,400 人にのぼるユダヤ人の子どもたちの半分以上がパリ市民でした。「rafle du Vel d'Hiv」(ヴェル ディヴ事件)から 70 周年を迎えるこの 2012 年、私たちの街パリでこうした子どもたちを追悼したいと考えています。また、救出ネットワークの働きや、わが首都の誇るべきパリ市民たちの結束のおかげで、ホロコーストを生き延びた何千人もの「隠された」子どもたちがいたことも忘れてはなりません。つまり、この展示は、当市が長年にわたって指揮してきた記念事業の最高の成果となるものです。各区のさまざまな組織により、事実を伝えて守っていくための活動は続けられており、強制移送された子どもたちの名前や思い出、物語、尊厳が取り戻されています。この展示をきっかけとして、過去の出来事を忘れず、再発することのないよう意識し、責任を自覚していきましょう。

ベルトラン ドラノエ

識別と排除

1940 年 6 月 22 日の独仏休戦協定により、フランスは 2 つに分かれます。ドイツの占領下に入ったフランス北部に位置するパリには、フランスのユダヤ人の大多数が住んでいました。1940 年 9 月から、占領当局とヴィシー政府はユダヤ人を迫害する計画を立てます。フランスの法律とドイツの裁定に基づき、ユダヤ人を識別して処遇を決めるために「ユダヤ人」が明確に定義され、ユダヤ人たちは経済および文化的生活から排除されました。こうした方策の多くは、大人だけでなく子どもにも影響するものでした。18 世紀以降のヨーロッパにおいて多くの子どもたちを守ってきた保護規定から大きく逸脱する事態となったのです。

拘束と強制移送

パリにおけるホロコーストで、合計 6,100 人を超える子どもたちが拘束されました。手を下したのは主にパリ市警察です。その子どもたちの大半はポーランドのアウシュヴィッツ収容所に送られ、到着後すぐに殺されました。

親が強制収容された子どもたち: 1941 年、パリ市民に対して最初の一斉検挙が行われ、男性とほぼすべての外国人のみ、およそ 8,200 人が拘束されます。こうして父親が強制収容されたことにより、多くの家族がさらなる物質的および精神的な困難に陥ることになりました。時には、子どもたちだけが取り残されるという悲劇的な結果を招くこともありました。

結束と救出

フランスから強制移送されるユダヤ人の子どもたちの運命が決まった場所は、ほとんどの場合パリでした。迫害がエスカレートして起こった「rafle du Vel d'Hiv」(ヴェル ディヴ事件)は 1 つの転機となりました。16 歳未満のユダヤ人の運命が確定してしまった一方で、この事件に対する反発から、こうした過激なユダヤ人絶滅計画に反対する動きが生まれ始めます。パリ市民は、埠頭やアパート内、街中で、ユダヤ人の姿が突然消えることに気づきました。ユダヤ人の男性だけではなく女性も同様で、さらには子どもたちもいなくなるのです。フランス警察に乱暴に拘束されるユダヤ人たちを目撃することもありました。こうした状況がきっかけとなって、それまでユダヤ人の苦境に無関心だったり迫害を黙認したりしていた非ユダヤ人のパリ市民の間で、結束して反発する傾向が高まります。境遇が悪化し続ける家族たちを数か月にわたって支援してきたユダヤ人の社会組織は、このようなパリ市民からの同情を得て、「ユダヤ人の子どもたちを救う」という共同の目標を達成できるようになりました。

生存と成長

パリでは、フランス全体と同様に、ユダヤ人の子どもたちの約 80% が戦争を生き延びました。非ユダヤ人の支援を受けたユダヤ人の救出ネットワークにより助けられて生き続けることができた子どもたちは 10,000 人にのぼるとだいたい推定されます。しかし、正確な数字を出すのは困難です。あちこちの友人やクラスメート、近隣の住民が結束して行動したことで救われたケースもあり、量的推計はさらに難しくなります。また、パリの至るところで、何とかして家に留まった親と一緒に戦争を生き抜いた子どもたちも大勢います。そのため、フランスで戦争を生き延びたユダヤ人の子どもたちがどのような経験をしたかは、実にさまざまなのです。

提供: ストーリー

Amicale des anciens et sympathisants de l’OSE
Archives nationales
Archives de la ville
Archives départementales du Loiret
Archives de la préfecture de police de Paris
Archives de l’ORT-France
Bibliothèque historique de la Ville de Paris
Bibliothèque nationale de France
Centre Medem
CERCIL/Musée-Mémorial des enfants du Vel d’Hiv
Comité français pour Yad Vashem
Maison d’Izieu
Mémorial des enfants juifs exterminés
Ministère de la Défense
Musée de la résistance et de la déportation de Besançon
Musée de la résistance nationale
OSE
United States Holocaust Memorial Museum (Washington)
Amicale des anciens et sympathisants de l’OSE
Archives nationales
Archives de la ville
Archives départementales du Loiret
Archives de la préfecture de police de Paris
Archives de l’ORT-France
Bibliothèque historique de la Ville de Paris
Bibliothèque nationale de France
Centre Medem
Comité français pour Yad Vashem
Maison d’Izieu
Mémorial des enfants juifs exterminés
Ministère de la Défense
Musée de la résistance et de la déportation de Besançon
Musée de la résistance nationale
OSE
United States Holocaust Memorial Museum (Washington)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール