「リトル・リマーカブル」からブラジルのボンシェルまで

Museu Carmen Miranda

最も愛され、賞賛されたブラジルのパフォーマーの素晴らしい人生と遺産を探求してください

カルメン ・ ミランダ: ブラジルのボンシェル
ポルトガル生まれのマリア・ド・カルモ・ミランダ・ダ・クナ(カルメン・ミランダ)は、ラジオやカジノでのパフォーマンス、国際的な映画やミュージカルでのパフォーマンスで得た賞のおかげで、ブラジルのマスコミュニケーションの最大のアイコンの1人になっています。
「小さなもの」
カルメン・ミランダは、1909年2月9日、ポルトガルのマルコ・デ・カナベスに生まれました。彼女は、マリア・ド・カルモ・ミランダ・ダ・クナの名前で登録され、同年12月17日に母親マリア・エミリア・ミランダと彼女の姉と一緒にわずか10ヶ月でブラジルにわたりました。彼女の父親のホセ・マリア・ピント・ダ・クンハは既にリオデジャネイロに住んでいました。そこはカルメンが住んでいて、他の4人の兄弟が生まれたところでもあります。

リオデジャネイロ
1909年、カルメン・ミランダはブラジルに到着しました。

1920年代後半、カルメンは母親が彼女の宿屋で食事を提供するのを手伝いました。宿屋はPixinguinha牧師や彼のグループ、他の何人かの地元の代議員やアーティストに頻繁に利用されていました。音楽家のJosuéde Barrosを訪れていたAníbalDuarte副議長が宿屋での彼女のおもてなしを見つけ、すぐに国立音楽院のチャリティーフェスティバルに招待しました。

ジャカランダ チョーカー
チョーカーは、5 つのジャカランダ プレートに彫刻が彫られていて、カルメンミランダが使用したゴールドリングが繋がってできています。真ん中の大きな板にバイアーナとビーチの風景が刻まれています。2枚の板の傍に泥棒の彫り物が置いてあります。最後の1枚の板は小さく、一つにはタンバリンとラトル、もう一つにはギターがついています。

Arco do TelesとPraçaXVは、カメルンが生まれた家から近く、彼女が幼年期と青春時代を過ごした地であります。

多くの経験がなければ、彼女はタンゴを歌ったり、ラジオで演奏することはなかったでしょう。ラジオ社会と教育界でのプレゼンテーションの後、Josuéde Barrosは1929年の終わりにリリースされたLPの "Não vá simbora"と "Se o samba é moda"を録音するように彼女に依頼しました。
ピーコッククラッチ
カルメン・ミランダが使用した黒いビロードの財布、両脇に黄金の糸が刺繍されており、半円形のモチーフがついていて、中央にはオープンテールの孔雀が施してあります。頭部、胸部、尾部が青色と赤色でのワイヤーで細かく施してあります。黒いサテンの裏地

名声はアルバムと一緒に来た Joubert de Carvalhoが手掛けたアルバム"Pra você gostar de mim(Taí)"で一躍有名になりました。カルメンはおよそ35,000枚を売り上げ、1930年のカーニバルで大成功を収め、ブラジル全土の多数のカーニバルで演奏されました。
カラフルな胸のネックレス
ビーズが刻まれた胸胸のネックレスは、カルメン・ミランダが使用し、丸いビーズと米の形をしたビーズが使用されています。様々な形の紫、無色、赤、緑、青、茶色、ピンクの石が散りばめられています。黄色、無色、青、緑、茶色と赤のラインス トーンが付いています。最初丸い石と滴を型ちどったものや異なる色のラインス トーン (首) のバンドです。下の部分に真ん中に大きくて色のついた石で飾られたペンダントが付いています。真珠のようなビーズと留め金で生地の部分が縫われています。

彼女のキャリアの始まり
彼女の伝記は、人気のある音楽、映画、ブラジルのショービジネスの話が盛り込まれています。彼女は独占契約を結び、ブラジルの最初の音楽とミュージカル映画に参加する最初のラジオアーティストでした。彼女は全国を旅し、またアルゼンチン、ウルグアイ、チリを旅しました。彼女の服は定期的に雑誌に掲載され、多くのファンがその衣装を真似しました。

彼女は1930年代には "Pequena Notável" [天才少女]、"Embaixatriz do Samba" [サンバ大使]、"Estrela Máxima" [スター]、"Rainha do Samba" [サンバの女王]、"A pequena do It "[実力派少女]、" Ditadora Risonha do Samba "[サンバの笑う独裁者]として知られていました。ファッション業界では、彼女は自身の歌手と女優としての衣装を作ったことで、彼女の作品に注目が集まるようになりました。カルメンは経済的に自立しており、20世紀の女性の理想を完全に表していました。
フィフィ夫人特徴のロングドレス―コパカバーナ大統領(1947年)
カルメン・ミランダが着用したテールロングドレス 長袖と肩 緑と赤のスパンコールと金属のビーズが刺繍された黒いかぎ針編みの網で覆われたベージュのクレープ 黒チュール フリル付きウエスト メタルスナップファスナー付きスリーブ 背中のファスナー

カジノ・ウルカは、1930年代から1940年初期にかけてリオデジャネイロの魅力的なスポットでした。そこでカルメン・ミランダはキャリアをスタートさせ、カジノの黄金期には彼女は主要な演技家でした。

ウルカビーチのカジノ・ウルカの最上階からのリオデジャネイロの風景

スターの座への道
"Pequena Notável"[天才少女] をきっかけに、彼女はブラジルの爆弾として知られるようになり、そのエキゾチックなイメージは、ニューヨークの店のウィンドウで見られるようになりました。そこでは彼女のサンダル、ターバン、服、ネックレス、ブレスレットが飾られていました。

店のウィンドウから世界中に、彼女は当時のファッションの基準を改革し、ミランダルックとして知られるようになりました。1940年に彼女はハリウッドに行き、アメリカで始めて映画に出演し、テクニカラーで国際的に知られるようになりました。
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム・ターバーン
カーテン・ミランダが着用した金のメタル糸のストライプの付いたベージュ生地のターバン。上部の素材がアクリルブランケットの一片を裏打ちしたツイストバンを形どっています。ストローライニングの横編み。

1941 年 3 月、彼女はチャイニーズ ・ シアターの歩道に彼女の足と手型を彫り、ハリウッド ・ ウォーク・ オブ ・ フェーム に星型プレートを残した初のラテン アメリカ人アーティストになりました。

ファッションのアイコンとして、カルメンは優雅さと繁栄の象徴であり、彼女のモデルに独自の感覚を与えました。
レッド・ベルベット・スペンサー
スペンサーは赤いベルベットで、カルメン・ミランダが着用した黄金の糸で繕われています。長袖と肩 前面開き ベージュのサテン裏地

身長1.53mのカルメンは、青春時代からいつも彼女の体形を良く見せるためにハイヒールを履いています。ポルトガルのクロッグに影響を受け、彼女の定番はプラットフォームジャンプになりました。

オスカーアカデミー賞(1941年)で履いた靴
カルメン・ミランダが使用したダークブルーのベルベットシューズ、右足 オープントウ、つま先が少し見えるスタイル 上部に締め付けられたストライプ、前方を横切って、かかとの両側にストリップを通し、バックル留めされている。背面に先細のヒール。

有名になる前から、カルメンは常に コスチュームジュ エリーで自分自身を飾ることが好きでした。彼女はいくつかの小道具を使い、スタイルライズされた「baiana」を使い始めると、過剰にネックレスやブレスレットを使用しました。彼女のコスチュームジュエリーは、頼れるアーティストによるものであり、常に彼女の名声の価値を出そうとしていました。
トレッドミルブレスレット
カルメン・ミランダが使用している彫刻されたストライプ、リング、二重に刻み込まれたビーズでつながれ、9個のチェーンで作られたトレッドミルのブレスレット。中央には金属でできた長方形の板金、アラベスクのレリーフ、緑色、青色、赤色のカボションが散りばめられています。中央には、無色のラインストーンで囲まれた赤い球状の石があります。クラスプに2つのプラーク、赤、緑、青の色のカボションが並んでいます。

カルメン・ミランダの ターバン は、19世紀初頭からリオデジャネイロのプラザオンゼーで見られることの多かった「バイアナ」の女性が着用した服に影響を受けました。このエキゾチックな見た目で、カルメンはすべてのターバンの製作に様々なテーマと素材を用いるようになりました。
ブラックターバン
カルメン・ミランダが着用した同じ色のスパンコールの刺繍入りチュールのターバン。上部に黒いスパンコール、プランジャーと大きなシルバービーズのネットで刺繍された花がアレンジされています。セットホルダーに黒のサテン 右側から、アレンジの一部がぶら下がっています。

1941年から1955年の間に、カルメンは劇場やナイトクラブでいくつかのプレゼンテーションを行い、結婚し、ヨーロッパ、カナダ、キューバを旅行しました。カルメンは1946年に女性アーティストとして最高の米国所得税を納めたほど働きました。ロサンゼルスに住み、彼女はさらに13本の映画に参加しました。

ハリウッド、ブロードウェイ、世界
カルメン・ミランダは時の人となり、彼女の国際的なキャリアはハリウッドの映画で冠を成し、彼女の存在は常にブロードウェイのショーで必要とされました。カルメンはヨーロッパを回り、彼女の才能が世界中で広く認識されるようになりました。カルメン・ミランダ・ミュージアムには、彼女の映画や著名なショーで使用した衣装が展示されています。

コパカバーナ
1947年
Barjanskyのコスチューム、カメルン・ミランダによる提案。この衣服は、ハリウッドのスタジオで作られた最後の紐を張った 'baiana'で、国際コンサートやツアーのシリーズ最初のものです。

上部にシルバー、ピンク、イエロー、グリーンのスパンコール付き
カルメン・ミランダが着用したブラジャーの形のビスチェ、ハートネックライン 膨らんだ部分は、円形リングで構成されている。ふくらはぎと側面の周りに黒いファブリックがはめ込まれています。シルバー、ピンク、イエロー、グリーンのスパンコールが施されています。裏地には、綿のメッシュが側面にあります。バンパーの上部に金属製のフック付き。サイドバンドに縫い付けられた金属の留め金。

「バイアナ」スカートはその後、カルメン・ミランダ自身が彼女のショーの1つで使用するように改良されました。
ラスベガスのカルメン・ミランダのショーで身に着けていたバイアナのスカート
カルメン・ミランダが着用するウエストバンド付きの黄金色の裾のスカート ゴールドのスパンコールの刺繍入り飾り付きスカート、サテンとベルベットの色合い、円形のスパンコール、目の形、石、ラインストーンの刺繍入りの果物のアプリケーション。ベージュのチュールのウエストバンドは、ラインストーンを使った菱形の刺繍で埋めつくされています。背面にある開閉用ジッパーとフック

コパカバーナ映画のバイアナのターバン(1947年)
カルメン・ミランダが着用した真珠のスパンコールが刺繍されたターバン 上部にスパンコールとビーズで刺繍されたフルーツバスケット 含まれている果物:パイナップル、バナナ、ブドウ、イチゴ。かごの周りには、プラスチックの赤い果実があり、緑の葉がスパンコールで刺繍されている。右側には、スパンコールが刺繍されたブドウの房が下がっている。

「アレグリアラパザス(Alegria Rapazes)」(Something for the Boys、1944年)と「ソンヨデエストレラ(Sonho de Estrelas)」(Doll Face、1945年)
衣装の一部は、1944年にイヴォンヌ・ウッド(Yvonne Wood)とカグ・ネルソン(Kag Nelson)によって作製され、元々は映画「アレグリアラパゼス」(Something for the Boys)と「ソンホスデエストレラ」(Doll Face)の中で使用された。

緑色のストライプが入った肩部分のフリル
カルメン・ミランダ(Carmen Miranda)が着用する肩部分のフリルは、4つの重なり合うチュールの帯でレイヤーが形成されており、最初の帯は、緑のスパンコールの水平なストライプを持つ白のチュールである。ベージュのナイロンの生地と銀色と緑色のメタリックなワイヤーのレース。上部の弾力性のあるバンドがフリルを形成している。端に縫い付けられた金属の留め金。

トップ
カルメン・ミランダが着用したブラジャーの形でハートネックラインのビスチェ。がっちりしたアーチ。緑色のスパンコール(丸型と星型)の2種類の刺繍が施された緑色のサテン地。刺繍が、ほとんどの部分を覆い、端の帯の一部にだけサテン地を見せている。膨らんだ部分にベージュのクレープと茶色のベルベットを使ったベージュ色の裏地。全体に透明なラインストーンをあしらったテープに付けたストラップ。両側に縫い付けられた金属の止め金。

後に、この衣装は、他のショーで使用するために、カルメン ・ ミランダの手によって仕立て直された。

緑のストライプのスカート
カルメン・ミランダが着用している、正面に穴が開いたクレープの裾が広がったスカート。フリルの3つの層。正面が短くなっている。縦長の緑色のストライプと花のモチーフの刺繍。星形で緑色のスパンコールを用いて葉の形を刺繍した布を使用。腰の輪郭に緑色のスパンコールの列。ストライプと一緒にベージュのクレープビーズも刺繍されている。銀と緑のメタリックなワイヤーが付いたナイロンビーズ。背面にある開閉用ジッパーとフック。

カルメンは、若い頃に、刺繍のスキル以外にも、裁断と縫製のスキルを学んだ。撮影終了後、カルメンは衣装を買い取り、自分のショーで使った。カルメンは、自分のスタイルでそれら衣装の多くのモデルをした。
カスタマイズされたストライプのブラウス
カルメン・ミランダが着用した、緑とライトベージュの縦のストライプのブラウス。同じ色のスパンコールを使った刺繍。2つのストライプで構成され、1つはバストを覆い、もう1つはより大きく肩の下に位置している。間違ったゴムが上と下の裾付近にある。

このブラウスは、購入された後でスパンコールが追加された。

緑のストライプのスカーフ
裏地タイプのスカーフ。クリーム色のガーゼに緑色のスパンコール刺繍が縦方向のストライプ状にあしらわれている。

恐怖におびえる
1952年
彼女が演じるカーメリタ・カスティナ(Carmelita Castina)が着た「バイアナ・ルンベイラ(baiana rumbeira)」を指している衣装で、バイアナ・ルンベイラは、無限のラティーナの文化的アイデンティティーを表している。

肩部分のフリル
カルメン・ミランダが着用した肩部分のフリル。ナイロンとナイロンが重なり合った11のタフティングされたストライプがあり、最初のストライプはグレー、次に濃いピンク、紫、濃いピンクと続き、金とピンクのスパンコールが貼り付けられている。上端には弾性のあるフリンジバンドがフリルを作り出し、両端には緑、ピンク、白、金色の丸いスパンコールとピンクの星が刺繍されたチュールにワイヤーで縫い込まれた花が施されている。端の金属の留め金。

サイドスリット入りストレートスカート
サイドスリット入りのストレートスカート。金色のスパンコールと銀色の糸で刺繍されているピンクのクレープ地を使用。

ウエスト近くで、スパンコールが左側にループを作り出すディテール。

帯の上に落ちる部分は、正面が短め。ピンク、ベージュ、紫のナイロンとチュールの3つのレイヤー。同じ色のスパンコールで刺繍されている。開閉用ジッパーとフック。帯の横にあるベージュのサテンの裏地の一部。

キューバでのショー
1955年

映画コパカバーナの後、カルメンは、このタイプのスタイルされた「バイアナ(baiana)」を使い始めた。この衣装は、カルメン ・ ミランダ博物館のコレクションの中にある4つのバイアナのコレクションの一部で、カルメンのショーの最後のステージである。


</>銀のペリースの木靴・クロッグ。開いたつま先(オープントウ)、つま先が少し見えるスタイル。金の糸とラインストーンを使用したガッセとヒール。前後にスロープがあるプラットフォームヒール。上部全体の輪郭にラインストーンが張り付けられ、5つのストーンが後部に縫い付けられている。

ハワイのショーで着用したバイアナのスカート
ウエストバンドが付いたゴールドのラメ色のフレアスカート。

金のスパンコールで飾りが刺繍され、カラフルなベルベット製の果物がスパンコール、ビーズ、パールで刺繍されているドレス。

ベージュのチュールのウエストバンドは、ラインストーンを使った菱形の刺繍で埋めつくされている。ベージュのボイル裏地。背面にある開閉用ジッパーと金属の留め具。帯にゴールデンレースが付いたナイロン生地のペチコート。

コパカバーナの撮影後の1947年初頭、カルメンは自分のキャリアの中における黄金期を迎え、アメリカで最大のショーウーマンになった

スカーフ - 裏地タイプ
淡いピンクのチュールにピンクと金色のスパンコールを使用した裏地タイプのスカーフ。

トップ
カルメン・ミランダが着用したブラジャーの形でハートネックラインのビスチェ。膨らんだ部分は、円形リングで構成されている。全体が茶色のスパンコールで覆われており、2つのボータイの中央の輪郭に透明なラインストーンが縫い付けられ、中央にはベージュのサテンリボンがある。側面にコットンジャージーの裏地。サイドバンドに縫い付けられた金属の留め金。

バイアナのターバン
銀のスパンコールが刺繍されたターバン。ナイロンのバスケットアレンジメントと銀のスパンコールの上に、刺繍とスパンコールの施された葉と果実があり、その中には、オレンジ、リンゴ、バナナ、イチゴ、ブドウ、パイナップルなどがある。

右側にはブドウの束がぶら下がっている。

ジミー・デュランテ(Jimmy Durante )のショー
1955年

ダラス(1952年)の中でカルメン・ミランダが着用し、1955年8月4日の夜のジミー・デュランテのショーで使用された衣装。このショーは、彼女の最後の録画されたショーとなった。

緑のトップ
カルメン・ミランダが着用したブラジャーの形でハートネックラインのビスチェ。膨らんだ部分は、円形リングで構成されている。緑のスパンコールで刺繍された白チュールが全体を覆っている。コットンジャージー裏地。サイドバンドに縫い付けられた金属の留め金。バンプの側面に縫い付けられた肩のフリル。

カルメン・ミランダが最後のショーで着用した青いチュールのスカート
カルメン・ミランダが着用した、縦のストライプとラインストーンコアの花が施された、青いナイロンチュール製シャイニングスカート。ウエストバンド、背面の開閉用ジッパーとフックに、3列のラインストーンが施された、無色のスパンコールの刺繍チュールのブレード。青、黄、ライラックのチュールの3層のペチコートで、帯にはフリルが付いている。

肩部分のフリル
カルメン・ミランダが着用した肩部分のフリル。チュールの7つの層は青、黄、ベージュ色で重ねられ、金色のスパンコールが施され、ラインストーンが貼り付けられている。上部の弾力性のあるバンドがフリルを形成している。ビスチェにステッチされている。


緑のベルベットシューズ。開いたつま先(オープントウ)、つま先が少し見えるスタイル。かかとの近くの2点でハンドルが締められ、クラスプで固定されている。青い石とミラー状の石が施され、上部とヒールにスパンコールは貼り付けられている。前後にスロープがあるプラットフォームヒール。

胸に沿った緑色のネックレス
カルメン・ミランダが使用した埋め込みビーズの胸に沿ったネックレス。緑色のストーン、パールのビーズ、ラインストーン、緑色のガラスのペンダントが付いている。ベージュ生地の上部分(ネック)。布の上の丸と楕円の石にパールがちりばめられている。その下は、レースでより広く開放されており、様々な形状の石、緑と無色のラインストーンとパールのようなビーズが施され、全体をバラの飾りが囲むように終わっている。緑のガラスのペンダントで仕上がっている。四角いフックが付いたパールのビーズで覆われたカバー。

ターバン
カルメン・ミランダが着用した緑色のスパンコールが施されたターバン。緑、青、赤、金、ピンクの色合いのスパンコールとラインストーンで、花、葉、ボタンが並んで囲まれている。キャップの上部にこぼれた円。コットンライニング

主な経歴

1948年、カルメン・ミランダは、ロンドンパラディウムで思い出に残るシーズンを終えた。彼女の最後の映画は、1953年にリリースされ、ディーン・マーチン(Dean Martin)とジェリー・ルイス(Jerry Lewis)と共演した。同年、カルメンは、14のイタリアの都市を含むヨーロッパでツアーを行った。彼女は、新築されたラスベガスのカジノの舞台に上った最初のアーティストの1人で、新しいメディアであったテレビに出演したアーティストの1人でもあった。

ロンドンパラディウムショー(1948年)で履いた靴
カルメン・ミランダが使用したゴールドペリッセの靴の左足用。開いたつま先(オープントウ)、つま先が少し見えるスタイル。上部の2点で固定されたストリップは、前で交差され、ヒールの両側にあるストリップを通り、クラスプで固定されている。まっすぐなプラットフォームヒール。前方にわずかにスロープがあり、後ろがS字。

カルメンの遺産
1955年8月5日、カルメンはジミー・デュランテ( Jimmy Durante)のショーの撮影後に死亡した。カルメン・ミランダはブラジルのポピュラー音楽に、校正に残る偉大な記録を残し、過去最も演奏されたアーティストの1人であった。彼女は、ブラジルの人々の喜びと音楽を、プレゼンテーションやドレスを通じて世界に紹介することで、20世紀の歴史の中に名を残した。カルメン・ミランダ博物館は、ブラジルを全世界に見せた、この素晴らしいアーティストの記憶と喜びを今に残している。
提供: ストーリー

資料提供
カルメンミランダの博物館
セザール・バルビ(César Balbi)
リオデジャネイロ/リオデジャネイロ州文化省アニタ・マンチュアノ(Anita Mantuano)芸術財団
アンドレ ・ ラゾロニ(André Lazaroni)
美術館監督
ラファエル・ハラック・ファブリノ(Raphael Hallack Fabrino)
学芸員
ローラ・ゲルマン(Laura Ghelman)
セザール・バルビ(César Balbi)
ヴィヴィアン・ファバ(Vivian Fava)
クララ・ポーリーノ(Clara Paulino)
構成
ローラ・ゲルマン(Laura Ghelman)
写真
セ‐ン・シストマンズ(Cerne Sistemas

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール