陶磁器の名品

京都国立博物館

陶磁器の名品
やきものは産地により、磁器や陶器といった材質や、土や釉薬(ゆうやく)の原料、装飾や焼成の技術に強い個性を持っています。東アジア各地では文様や形、色に至るまで、多種多様なものが作られました。それらは陸路海路を伝って流通し、さまざまな人々のもとで珍重愛玩され、今に至るまで大切に伝えられています。日本と中国、朝鮮半島を中心としたやきものそれぞれの個性をお楽しみください。

加彩婦女俑(8世紀)

俑とは、人形のこと。唐時代の中国では、貴人の墳墓には陶俑(やきもの製の人形)が盛んに副葬された。両手で、狆とみられる子犬を抱き上げた婦人の姿に形づくられたこの俑もその一例。唐時代の陶俑には、緑・茶・白などの多彩な釉薬がかけられた三彩陶器(唐三彩)の例が少なくないが、本例は素焼である。赤味を帯びた地土の上に厚く白泥を塗り、その上から顔料によって彩色しているものの、焼き付けられてはいないため、彩色はほとんど剥げ落ちてしまっており、髪の毛の黒や頬(ほお)の紅色に僅かにその痕跡を留めている。

隋時代から唐時代初期(初唐)の婦女俑には、概して痩身のものが目立つのに対して、唐時代の最盛期(盛唐)には本例のようにふくよかな姿のものが多い。「楊肥趙痩」といって、漢の成帝の后・趙飛燕(ちょうひえん)が痩身(そうしん)の美人であったのに対して、盛唐の皇帝・玄宗(げんそう)(在位712~756)に寵愛(ちょうあい)されたことで著名な楊貴妃(ようきひ)(719~756)は豊満な美人であったというから、唐時代における婦女俑の体型変化は、当時の美人観の変容を反映しているようだ。

唐三彩馬俑(8世紀)

緑・茶・白といった、多彩な釉薬で彩色された三彩陶器(唐三彩)の馬形の俑。唐時代の貴人たちにとって、名馬は単に乗り物であったばかりでなく、おのれの権勢・財力を誇示するための手段でもあった。そのため、貴人の行列が従えた牽(ひ)き馬は、実用性の観点からは不必要なほどに飾り立てられていたらしい。出土場所が明確ではないものの、鞍や杏葉(ぎょうよう)などで豪華に飾り立てられたこの馬の俑も、貴人の墳墓に副葬されていたものとみて間違いなかろう。

唐三彩の馬俑は非常に数多くの作例が知られているが、黒馬の俑の類品は河南省洛陽市(かなんしょうらくようし)の関林(かんりん)120号墓出土品など数例が知られるのみであり、非常に数少ない。一方、白い馬の俑は、かけられた釉薬の色を美しく見せるために、通常は赤味を帯びた地土の上にほぼ全面に施される白泥を、意図的に斑点状に塗ることによって、連銭葦毛(れんせんあしげ)という珍しい毛並みを表現したもの。
いずれも高い技術力に支えられた極めて技巧的な作品であり、躍動感(やくどうかん)には乏しいものの、皇太子の格式で埋葬された懿徳太子(いとくたいし)(李重潤、683~701)の墳墓出土品と較べても、ひけをとらない唐三彩馬俑の優品である。

青磁水注(10世紀)

大正12年(1937)頃に、京都府宇治市木幡金草原の茶畑から出土したと伝えられる。出土地は、かつて藤原道長(966~1028)が一族の菩提寺として浄妙寺(じょうみょうじ)を建立した場所の近傍であり、付近一帯には藤原北家一門の墓地が広がっていたと推測される。出土品であるにもかかわらず、ほぼ完全な形をとどめているのは、藤原北家一門の誰かの墳墓に副葬されていたからだろう。形態や釉薬の色調などの形質的特徴から判断して、五代から北宋時代の初め頃に中国浙江省(せっこうしょう)の越州窯(えっしゅうよう)で焼かれたものとみられる。

平安時代に書かれた『宇津保物語』や『源氏物語』には、「ひそく(秘色)」という言葉が出てくるが、『源氏物語』の注釈書である『河海抄』によると、秘色とは中国の越州からもたらされた緑色の磁器であるという。『源氏物語』とほぼ同時代のものであることを勘案するならば、平安時代に「ひそく」と呼ばれていたのは、この青磁水注のような焼きものであったと考えられる。

白地黒掻落牡丹唐草文瓶(11~12世紀)

灰褐色の地土の上に、厚く白い化粧土を塗ってから鉄絵の具をかけ、部分的に鉄絵の具だけを掻き落とすと、黒い鉄絵の具と白い化粧土の対比によって文様が表現でき、その上から透明な釉薬をかけて焼き上げるという、非常に手の込んだ技法で作られている。

この技法を白地黒掻落といい、釉薬の下に厚く白泥を施す手法は、中国北方系の窯では隋・唐時代以来伝統的によく用いられている。一方、鉄絵の具によって文様を表す作風は、中国北方系の窯の中では河北省(かほくしょう)の磁州窯(じしゅうよう)をはじめとする民窯に特徴的に認められるもので、中でも一度塗った鉄絵の具を掻き落とす手法は、北宋時代に流行したようだ。磁州窯を代表する窯である観台窯(かんだいよう)から、白地黒掻落で酷似した牡丹唐草文の施された陶片が出土しているので、本例も磁州窯産と目される。

胴部のほぼ全面を覆い尽くしている牡丹唐草文は流麗で、いくつか知られている類品と比較しても、決して遜色(そんしょく)のない出来ばえを示している。

玳玻天目(鸞天目)(12世紀)

かつて、中国浙江省(せっこうしょう)の天目山(てんもくざん)にある仏寺で、鉄分を多く含む黒釉がかけられた碗が喫茶に常用されていたことから、日本では黒釉が施された喫茶碗のことを天目、あるいは天目茶碗と呼んでいる。また、玳玻とはウミガメの一種である玳瑁(たいまい)の甲羅(こうら)、即ち鼈甲(べっこう)のことであり、黒釉を塗った上に植物灰を主原料とする灰釉を二重がけすると、鼈甲に似た色に焼き上がるため、その釉薬の色調にちなんで、天目茶碗の中でも特にこの種のものを玳玻盞(たいひさん)・玳玻天目(たいひてんもく)と呼ぶ。

釉薬を二重がけする手法は、宋~元時代の吉州窯(きっしゅうよう)(中国江西省)製品に特徴的な施釉技法で、本例は日宋・日元貿易を通して日本へ輸入されたものと目される。見込みには、尾長鳥と梅の折枝の文様が表わされているが、これは釉薬を重ねがけする際に、型紙を置くなどして灰釉がかからないように工夫し、地薬の黒い色を文様の形に浮かび上がらせたもの。

加賀前田家の旧蔵品として、近代数寄者の高橋箒庵(たかはしそうあん)(1861~1937)が著した名物茶器の実見録『大正名器鑑(たいしょうめいきかん)』にも収録された名碗で、外箱の墨書文字「たいひさむ」は、江戸時代初期の茶匠として著名な金森宗和(かなもりそうわ)(1584~1656年)の手によるものと伝えられる。

白磁陰刻蓮華牡丹文瓶(12世紀)

朝鮮半島では、高麗時代は青磁生産の全盛期であり、白磁の生産は概して低調であった。そのため、高麗時代の白磁の遺例は非常に数少なく珍しいが、出土陶片から韓国全羅北道扶安郡保安面柳川里の窯で類品を焼いていたことが確認されており、地名をとって扶安白磁と呼ばれている。本例は極めて稀なその扶安白磁の一例で、類品は韓国の国立中央博物館所蔵品や日本の大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品など、ごく数例が知られているに過ぎない。

胴部の四方に陰刻されている牡丹や蓮華の折枝文様は、中国・朝鮮陶磁の大コレクションとして著名な安宅コレクションの例(大阪市立東洋陶磁美術館蔵)と較べると、やや硬さが認められるものの、頸と胴の境に施された唐草文はむしろ複雑かつ豪華である。

柳宗悦(やなぎむねよし)(1889~1961)らの民芸運動に触発されて、昭和10年代に朝鮮陶磁を蒐集した笠川正誠(かさかわまさあき)氏が、昭和59年(1984)に京都国立博物館へ一括寄贈された龍泉居(りゅうせんきょ)コレクション77件のうちの1点である。

銹絵寒山拾得図角皿(18世紀)
尾形光琳画・尾形乾山作

型作り成形された正四方の一対の角皿である。縁は切立縁で、底部の周縁を面取りに仕上げている。総体に白泥による白化粧をし、銹絵で人物や賛を表して朱で印を捺し、その上に透明釉を施している。2枚ともに見込周縁を界線で囲んで、中ほどに人物図を描き、その左右に賛や銘文、落款を捺している。寒山図は、右上端に「我居山勿人識白/雲中常寂々/乾山省書」の賛と「尚古」の朱文方印、「陶隠」の白文朱印が捺され、左下端に「青々光琳畫之」と記されている。拾得図は、左上端に「従来是拾得不是偶/然稱別無親眷属寒/山是我兄两人心相似誰/能徇俗情若問年多少/黄河幾度清/乾山省書」の賛と「尚古」の手書きによる朱文方印が捺され、右下端に「寂明光琳畫之」と記されている。それぞれの漢詩の冒頭には、「乾山」の長円朱印が捺されている。2枚とも、上下を界線で仕切られた低い立ち上がりの内側には雲唐草文、外側には中央円窓内に五弁の花文を配し、その両側に雲唐草文を描いている。

現状としては一対として伝わるが、当初よりこの組み合わせであったかどうかは判然としない。本作を含む、光琳、乾山の合作については、宝永6年(1709)、光琳が江戸より京都へと戻ってきた以降であることが、落款や印章、書風などの研究で明らかとなってきている。したがって、光琳が帰洛してから没する正徳6年(1716)までの7年ほどの間に作られたものといえる。

色絵釘隠(17世紀)
伝野々村仁清作

金工品である象嵌七宝(ぞうがんしっぽう)の釘隠を陶器で写したと考えられるもので、素焼してから透明な釉薬をかけて本焼し、上絵付の技法でさまざまな色合いの絵の具を焼き付けている。金と他の色絵の具を同時に焼き付けることはできないので、完成までに少なくとも4回は窯に入れて焼かれていることになる。

丸亀藩京極家の伝来品で、扇形の釘隠は京極高或(きょうごくたかもち)(1692~1724)が藩主であった元禄8年(1695)の『万御数寄道具御印帳』に、「一、赤絵御室二枚扇釘隠シ 三拾」と記されているうちの17個に当たると考えられ、「御室」とは江戸時代前期の京焼を代表する名工・野々村仁清(ののむらにんせい)(生没年不詳)の窯で焼かれた御室焼であることを示している。菊形の釘隠についても、京極高矩(きょうごくたかのり)(1718~63)が藩主であった享保19年(1734)の『御印御数寄道具帳』に記載がある。

印も銘も認められない小品ではあるが、金・銀・赤・青・緑と多彩な色絵の具を用いた上絵付は、やはり京極家に伝来した御室焼の色絵茶壺の一群との共通性が高く、仁清の作品の特徴をよく示している。

色絵松竹梅文高杯(18世紀)

上絵付の技法を用いて皿部上面には松竹梅、脚部には七宝輪違い・宝巻(ほうかん)・宝鑰(ほうやく)・宝珠(ほうじゅ)・方勝(ほうしょう)・丁子(ちょうじ)などの雑宝(ざっぽう)と、器を埋め尽くすかのように吉祥(きっしょう)文様が描き込まれている。

青・緑・金という3色の色絵の具だけを用いて、赤絵の具を使わない作風は、17世紀末から18世紀前半に流行した京焼の特徴で、同様の上絵付が施された壺に享保17年(1732)の箱書を伴う事例が知られている。

非常に薄作りの皿部分を、歪まないように焼き上げた技術は実に見事であるが、その工夫の形跡を皿部分の下側の設けられた高台状の凸帯に見いだすことができる。露胎(ろたい)といって、この部分に釉薬が塗られていないのは、窯に詰めるに際して下に支えを当てており、それが器に熔着(ゆうちゃく)することを嫌ったからであろう。作り手の努力の痕跡は、使い手からは見えにくい場所に隠されている。

粉彩松鹿図瓶(18世紀)

胴部に、松林の下に群れる鹿の姿が非常に細緻に描き込まれているが、ここにはヨーロッパ系の七宝技術を応用して、清時代康煕(こうき)年間(1662-1722)に開発された粉彩の技法が用いられている。頸部に貼り付けられた浮き彫り状の蝙蝠(こうもり)が、本来は黒いはずであるにもかかわらず、ことさら真っ赤に彩色されているのは、蝙蝠の「蝠」の字と「福」、「紅」と多量を意味する「洪」の字の音がそれぞれ通じていることから、溢れるほどの福を象徴させるためであるらしい。

さらに、「鹿」と「禄」の字の音が通じており、これに不老長寿の象徴である松の木が加えられることによって、福禄寿が寓意(ぐうい)されるという具合に、器全面が吉祥の意匠で埋め尽くされている。

宮廷専用の陶磁器を生産していた官窯の製品として誠に相応しい意匠であり、高台内の青花銘から乾隆(けんりゅう)年間(1736~95)の焼造であることが知られる。

染付名花十友図三重蓋物(19世紀)
青木木米作

青木木米(あおきもくべい)(1767~1833)は、京都の祇園(ぎおん)にあった木屋という茶屋の生まれで、陶家の出身ではなかったが、30歳になってから作陶を志したという異色の陶工。木村蒹葭堂(きむらけんかどう)(1736~1802)・頼山陽(らいさんよう)(1780~1832)らあまたの文人と交流し、書籍にすこぶる通じていたことから識字陶工と呼ばれる。

器の表面を埋め尽くすかのように描き込まれた10種類の草木の花の脇には、「韻友」「雅友」「殊友」「浮友」「僊友」「名友」「佳友」「艶友」「清友」「禅友」という文字が添えられているが、これは中国宋時代の人・曾端伯が10種の花を10人の友になぞらえたことに因むもの。いかにも文人好みの図柄であり、識字陶工とも呼ばれた木米らしさがよく現われた作品といえよう。

底裏に「陶旗職 古器観 木米製」の染付銘があり、「文化十二年乙亥﨟月 蘭渚室蔵 同十三年丙子閏八筥製」という収納箱底裏の墨書から、文化12年(1815)以前の作と知られる。

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール