鳥取県の刃物鍛冶

鳥取県

受け継がれる伝統技法と新たな挑戦

因幡の鍛冶屋
中国地方では昔から良質な砂鉄が採れたため、製鉄業が盛んに行われていました。 そして、かつて因幡と呼ばれた地で今もなお伝統技術を受け継いでいる鍛冶屋があります。
智頭の山
製鉄に必要不可欠な木炭は、鳥取の豊かな山によって支えられてきました。林業では鉄製の道具を使用することもあり、鍛冶の仕事は人々の生活と密接な関係にありました。
大塚刃物鍛冶
大塚刃物の鍛冶場は住宅地にあります。この場所で、2代目である大塚義文さんは包丁の製作を行っています。 以前は、鳥取県内のいたるところで鍛冶場を見ることが出来ましたが、今では大塚さんを含め2軒のみとなってしまいました。
製造工程
包丁の仕組み
包丁の刃の部分には、鋼と地鉄の二種類の鉄が用いられています。硬い鋼を柔らかい地鉄で挟み込むことで、強度に加え柔軟さを持ち合わせた包丁が出来上がります。これは日本独自の製法で複合材といいます。
火造り
コークスを燃料にした炉で鋼と地鉄に熱を加え柔らかくした後、電動の機械式ハンマーで薄くのばして加工しやすい状態にします。使用される鋼は高級な青紙2号です。
割り込み
地鉄を熱して半分に割り、作った中心の深い溝に鋼を挟み込みます。二種類の鉄を接着するために砂状の接合材(ほう酸と酸化鉄)が使われます。
沸しつけ
地鉄と鋼を合わせたものを熱して、ハンマーで叩いて伸ばし、刃物の形を作り出します。刃先や峰は肉眼で見えないほど繊細な調整がされています。 叩くことにより、粒子の大きさが細かくなり、包丁としての強度とねばりが増すのです。
包丁の形へ
型に合わせて包丁の形に切断。その後、柄の部分をつくります。
焼入れ
鋼を硬くするため、800℃に熱した包丁を水の中に入れ、250℃まで急速に冷まします。切れ味を左右する重要な熱処理作業です。
歪みとりと焼もどし
焼入れ作業を終えたばかりの刃を100℃の温水に漬けた後、ハンマーで叩いて歪みを取ります。 次に硬く折れやすい状態の刃を180度の油に100分漬け、再び弱い熱を加えて鋼に柔軟性を持たせます。
研磨
研ぎの工程です。いくつもの研ぎ機を使い分け、徐々に刃先を仕上げていきます。
包丁の紹介
大塚さんの包丁は、持ちやすさ、食材を切る時の音、それを食した時の舌触りなど、細部にこだわって製作されています。 五感すべてを通じて魅力を体感することが出来るのです。
万能包丁
包丁には適性があり、肉や魚、野菜など、それぞれの食材を切るのに適したものが存在します。それらの長所を兼ね備えた幅広く使用できる包丁です。一般に、家庭用として用いられています。
菜切包丁
刃が直線的で四角い形が特徴。押して切るための形をしています。食材を刻んだり、ぶつ切りにする際に用いやすく、野菜を切るのに適しています。
やまめ
小さい川魚をさばくための、鋭く尖った小型包丁です。柄の部分には桜の枝が使用されており、耐久性と野趣に富んだデザイン。経年変化を楽しむことができます。
山小屋
猪や鹿もさばくことのできるナイフです。アウトドア好きな方々に人気があります。
シーナイフ
刃先がするどく尖っており、魚をしめる時に使用すると鮮度が保たれます。さびにくいよう、ステンレスで鋼を挟んだ刃を用います。
舟行包丁
漁師たちが舟上で利用しやすいように小ぶりに作られた万能包丁。魚をさばいて刺身にしたりすることができます。
最後に
大塚さんの確かな腕と、伝統技法にこだわる姿勢は高い評価を受けています。 技術を守りながらも、製品開発や販売方法には新たな可能性を追求し続けています。
セレクトショップ“COCOROSTORE”で販売されている大塚さん手作りの包丁やナイフ。 そのデザイン性と切れ味が若い世代からの注目を集めています。
鳥取県
提供: ストーリー

【協力】
・大塚刃物鍛冶:大塚義文

【動画提供】
・高山謙吾

【写真】
・前﨑信也(京都女子大学 生活造形学科)

【翻訳】
・エディ・チャン

【翻訳監修】
・マーテイ・イエリネク

【監修】
・鳥取県

【編集&制作】
・青井祐香里(京都女子大学 生活造形学科)
・石田彩華(京都女子大学 生活造形学科)
・宮川悠花(京都女子大学 生活造形学科)

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也(京都女子大学 生活造形学科)

【提供】
・鳥取県

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール