天然の樹木の色が描き出す精緻なモザイク

箱根寄木細工への道
国立公園である箱根山一帯は豊かな自然林に恵まれ、麓にある小田原市早川では、平安時代より轆轤で木を刳り抜く挽物細工が行われていました。しかし、鎌倉時代には材料になる木を伐採し尽くしてしまったため、新たな土地を求めて職人たちは箱根山中に移っていきます。江戸時代になると東海道の往来が盛んになり、湯治場も整備されたことから、箱根の挽物は土産物として定着、やがて指物の箱や簞笥を作る職人も現れ、そこに寄木細工を施すアイディアが生まれます。
明治輸出工芸として
寄木細工のルーツは静岡だと考えられています。三代将軍・徳川家光の発願で静岡に浅間神社を造営する際、集められた大工たちがそのまま留まり、やがて指物家具や寄木細工を手がけるようになります。その技術が箱根に伝わったのは江戸末期です。寄木細工を始めとする箱根の木工品は、江戸時代より江戸の町に流通していましたが、明治時代に入るとさらに海外にまで販路を広げます。横浜港から遠くないこともあり、外国人の住まいに合わせて寄木細工の洋家具も製造、かなり大きいものまで輸出されていました。
寄木細工に使われる樹種
黒(桂神代・欅神代/神代とは埋もれ木のこと)、白(ミズキ・マユミ)、黄色(ニガキ・漆)、緑(朴)、茶色(楠・欅)、赤色(チャンチン・赤楠)など、寄木細工の模様を構成する色は、すべて天然の樹木の色を生かしています。箱根山系が国立公園に指定されたことから、木々の伐採が難しくなり、最近は国産材に加えて、一部輸入材も取り入れています。
寄木細工の技法
樹木それぞれが持つ木の色や木目を生かしながら寄せ合わせ、細かい幾何学文様を作り出すのが寄木細工。写真は種板(たねいた)と呼ばれるもの。寄木細工の技法には、これを鉋で薄く削り、小箱などに貼るズク作りと、種板をそのまま削ったり挽いたりして作るムク作りの二種類があります。ズクは、鉋屑のクズの逆さ読みとも、薄くて透ける、の透くから、とも言われています。ムクは無垢の意味です。
寄木作りの工程
作る文様が決まったら必要なパーツの形に丸鉋盤で荒削りし、さらに鉋で削って表面を滑らかにします。角度や大きさをきっちり整えることで、幾何学的な連続文様を乱れなく寄せることができるのです。
写真は鱗文のパーツの場合です。直角二等辺三角形の底辺同士を張り合わせて四角にしたら、さらにそのパーツ同士を組み合わせる。この繰り返しで種板を作っていきます。文様によって組み合わせ方は変化しますが、文様に合わせて角度を考えながら寄せていくのが基本です。
一気に大きい種板を作るのではなく、ズレない程度の大きさに寄せたら約1日乾燥させて、また寄せていきます。
扱いやすい厚みに製材した種板を鉋掛けし、薄いシート状に削り出します。
ロール状に削り出したズクを広げて、これを貼って仕上げるのがズク作りの寄木細工です。創意があり、また量産ができる技法です。
現代の寄木細工 1
側面をスライドさせていくと中から引き出しが出てくるからくり仕掛け。配色違いの麻の葉文様を斜めに配した側面は、目の錯覚で立体的にも見えます。繊細なモチーフならではの面白さです。
現代の寄木細工 2
ムク作りの蓋。どちらも6本の部材による縞を縦横に配していますが、色や構成で、がらりと印象が変わります。
現代の寄木細工 3
縞柄の大皿の内側を丸く刳り貫き、そこにまた違う縞を嵌め込んだかのように見せた、新しいアイディアが光る寄木細工。
伝統を継承する形
次世代を担う寄木細工の若手職人たちが、自分達の作品展を開催しようとグループ結成したのが平成15年(2005)。工房から独立した人、従業員として働いている人、工房の後継者など、立場はそれぞれですが、歴史ある箱根寄木細工を現代にふさわしい形で提案したいという思いは共通で、新たなマーケットを開拓しています。また、伝統的な寄木細工の技術を守っていくため、小田原箱根伝統寄木協同組合では、組合員が製作した作品に、伝統寄木のマークを付けることとし、確かな仕事の継承に尽力しています。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

資料提供&取材協力: 露木木工所(露木清勝、露木清高)雑木囃子(石川裕貴、太田憲、小島裕平、篠田英治、清水勇太、露木清高)

撮影: 渞忠之

監修&テキスト: 田中敦子

編集: 京都女子大学 生活デザイン研究所 田岡佑梨(京都女子大学家政学部生活造形学科)

英語サイト翻訳:Eddy Y. L. Chang

プロジェクト・ディレクター: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール