オードリー ヘップバーンとサルヴァトーレ フェラガモ

Museo Salvatore Ferragamo

美の化身、優雅さのシンボル、ヘップバーンの神話

「オードリー ヘップバーンの長くて細い脚は、彼女の身長に対して完璧な比率でした。彼女は真のアーティストであり、真の気品を備えていました。演技をしているときでも靴やバッグを買っているときでも、オードリーは常に自然体で振る舞っていました。彼女はとても知的で、哲学、芸術、天文学、そして演劇などについて豊富な知識を持っていました。」
サルヴァトーレ フェラガモ
ローマの休日
ウィリアム ワイラーのローマの休日が 1953 年に発表されたとき、新しいスターが誕生したことは誰の目にも明らかでした。彼女の名前はオードリー ヘップバーン。大きく黒い瞳は生命の息吹に満ちあふれ、その笑顔はいたずらっぽく無邪気でありながらも独特の雰囲気を備えており、完成された肉体を持ちつつも、まるで肉体を持たない妖精であるかのような動きを見せてくれました。

スター誕生

彼女は、アメリカではまったく新しいタイプの女優でした。女性的な魅力を備えつつも、頼りがいのある、それでいてどこにでもいるような女の子のような不思議な存在だったのです。以後、何世代にも渡って世界中で多くの女性が彼女の生き方、ファッション、ヘアスタイル、そしてメイクを真似しようと試みましたが、誰もオードリーになることはできませんでした。オードリー ヘップバーンは唯一無二の存在なのです。彼女の魅力は作られたものではなく、彼女独特の性格から生まれたものであり、人生の成功によって磨かれたものですが、同時に悲しみや失望によって曇ってもいました。

デビューの頃

彼女はナチス占領下のオランダで幼少時を過ごし、幼い頃からクラシックバレエを習いました。「ジジ」を演じる女優を探していたコレット女史の目に留まり、華々しくブロードウェイ デビューを果たしました。

オードリー ヘップバーン、1954 年アカデミー賞にて最優秀主演女優賞に輝く

国際的に大ヒットを記録した「ローマの休日」によりオードリーはオスカーを手にし、その後も有名なアメリカの映画監督らによる名作の数々に出演しました。彼女は名声に恵まれ、大衆からも業界人からも多くの賞賛を得ました。しかしそれは女優としてだけではなく、さまざまな分野での貢献に対する評価でもありました。彼女は早い時期に女優を辞め、発展途上国の子供達の保護活動に熱心に取り組みました。

オードリー ヘップバーンとサルヴァトーレ フェラガモ
サルヴァトーレ フェラガモは「スター御用達の靴屋」として有名ですが、オードリー ヘップバーンが 1950 年代に女優としてのキャリアをスタートさせた頃、彼女にも何足かの靴を作っています。靴とは、取り巻く文化的環境を常に意識するアーティストが、その技術、経験、そしてイマジネーションを結集して作り上げる、最高の職人芸の結晶です。

「優雅さとは決して色褪せない唯一の美です。」

オードリー ヘップバーン

「女性の美しさは目から見なければなりません。何故なら目は、愛が存在する心への入口だからです。」

オードリー ヘップバーン

美に限界はなく、デザインにゴールはなく、素材に終わりはありません。」

サルヴァトーレ フェラガモ

私の人生をどう要訳したらいいでしょう?私はとても幸運だったと思います。それは信仰と関係があるのでしょうか?母はいつも私に言っていました。「幸運は常にあなたの元へ落ちてくるとは限らない。神様は非常に寛大だけど、まずはあなたが自分の役割を果たすことを期待しているのよ。」だから、常に努力を怠ってはいけません。しかし、辛いときやたくさん努力をしたときには、いつも、何というか、ご褒美が私を待っていたのです。私の人生すべてがそれを証明しています。」

オードリー ヘップバーン

「私は幼い頃から無条件に人生を受け入れることを学んでいました。人生が私に特別なことをもたらしてくれるなどと期待したことは決してありませんでしたが、人生は私の期待をはるかに上回るものとなりました。私に起きたすべての出来事のほとんどは、私が求めた結果ではありません。」

オードリー ヘップバーン

「私は自分をスターだと思ったことはありません。他の人が考えているようなことは、私の考えとは違うのです。私は私がすべきことをしているだけです。」

オードリー ヘップバーン

「優雅さと快適さは両立しません。それに異論を唱える人は、自分が言っていることを理解していないだけなのです。」

サルヴァトーレ フェラガモ

「私は自分を笑わせてくれる人達が大好きです。笑うということが何よりも好きなのです。笑いは多くの病気を治してくれます。おそらく笑いは、人間にとって最も重要なことなのでしょう。」

オードリー ヘップバーン

「自分のことより人のためを考える、というのは古いかもしれないけれど、すばらしい考え方だと思っています。これは、私を育てた倫理観のすべてだと言えます。自分よりも他人が大事なのですから、慌てず騒がず、周囲に合わせて生きましょう。」

オードリー ヘップバーン

「救いの手が必要なとき、それが自分の腕の先にあることを忘れないでください。そして年を取ったら、もう 1 つの手があることを忘れないでください。1 つは自分を救う手、そしてもう 1 つは他人を救う手です。」

オードリー ヘップバーン

「足のサイズはその人のキャラクターを語ってくれます。私は、出会った女性たちをシンデレラ、ヴィーナス、貴婦人の 3 つのカテゴリに分類しています。[...] ヴィーナスは非常に美しく魅力的で洗練されていますが、きらびやかな外見の下には多くの場合、人生のささやかな出来事を愛する家庭的な一面が隠れています。これら 2 つの個性は相反するため、ヴィーナスは誤解されることが多いのです。人々は贅沢で軽薄極まりないと彼女を非難するのです。」

サルヴァトーレ フェラガモ

「チャンスはいつも巡ってくるものではありません。ですから、チャンスが来たときはしっかりつかまえてください。」

オードリー ヘップバーン

「不可能なことなんてありません。Impossible(不可能)は I'm possible(私はできる)と読めるじゃないですか!」

オードリー ヘップバーン

提供: ストーリー

クレジット

サルヴァトーレ フェラガモ博物館
イタリア、フィレンツェ
http://www.ferragamo.com/wps/wcm/connect/019a61cb-29fe-494f-a5a7-27102d76d135/cs_audrey_en.pdf?MOD=AJPERES

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール