南木曽ろくろ細工とは
豊かな緑に囲まれた長野県南木曽で生まれる伝統工芸品です。木の国ならではの特産品としてつくられてきました。熟練した職人によって選び抜かれた木材を使用し、茶びつ、盆、椀など、実用性のある挽物を製作しています。木の種類によって異なる材質や、天然の木目。その微細な味の変化にあわせて製品の種類や形がきまります。時代の流れによって、人々の生活様式や嗜好は多様化してきました。その変化に応じて、材料やデザインを選び、新しい製品を生み出し続けてきたのです。
歴史
18世紀前半には名古屋や大阪方面へ木地荷物を出荷していたことが「勝野文書」に記されており、江戸中期には白木の挽物がこの地で生産されていたことが窺えます。明治初期には木地師、塗物師合わせて15人ほどが椀・盆・茶盆、丸盆などの挽物づくりに携わっていました。明治中期になると、水車を動力としたろくろが使われるようになったことで技術と生産力が向上し、ろくろ細工の産地として知られるようになりました。
昭和初期には茶盆や茶びつを中心とした商品が全国へ届けられるようになり、白木製品とならんで拭き漆製品も大量に出荷されました。周辺に原木が乏しくなったことや不便な交通事情といった問題にぶつかりながらも、手づくりの良さ、木製品の味が次第に見直されるようになり、現在まで続いてきました。
製造工程
南木曽ろくろ細工の職人は、木の選別から塗装、木を削る鉋(かんな)の鍛えに至るまですべての作業を一人の職人が行っています。職人が全工程において木と向き合うことが完成度の高い製品を生まれます。鉋の刃を鍛えることができなければ一人前の職人とは言えません。道具の制作を自ら行い、製品を製造、販売することで製品に対する強い思い入れが生まれるのです。
原木
トチ、ケヤキ、セン、カツラ、ミズメなどの広葉樹を使用します。木の繊維が整った美しい木目が現れるもので、適度な重みをもつ木材が最適とされ、その条件を満たすのは樹齢百歳以上の木ばかりです。
木目
ろくろ細工の命と言える美しい木目を切り出すには、職人の個性や独自の技術が欠かせません。
玉切り
職人により選び抜かれた原木を輪切りにする工程を「玉切り」といいます。つくる製品の種類や用途、寸法に応じて無駄のないよう加工していきます。
挽割り
玉切りによって切り出された木材を、木口面を上にして大体の大きさに切る「挽割り」の工程。
仕上挽き
仕上鉋(かんな)・シャカ鉋で挽目すじを取り除き、仕上面を平滑にします。ろくろを廻しながら行うこの作業には熟練された技術が必要です。長年の経験から得た刃の当て方や削り方が、美しい木目を浮かび上がらせます
拭き漆
天然の漆を刷毛をつかって3~6回すりこみながら磨きます。この工程によって表面の光沢が生まれます。
職人の手によってつくられた製品は、ひとつひとつ異なります。自然が生み出した木目の美しさと、それに向き合う職人の技術によって手づくりならではの木のぬくもりが生み出されるのです。
白木製品と拭き漆製品
仕上げの工程において、トクサやスグキワラを使用して水磨きを行うことで、自然の木目の美しさをそのまま生かした「白木製品」が生まれます。それに対して「拭き漆製品」は、天然漆を擦り込むことで深い色合いを出しています。どちらの製品も、幅広い種類の製品をつくるという南木曽ろくろ細工の特徴をもち、用途は変わりません。
森林の育成
材料となる原木の減少が問題となり、平成18年から木の文化を支える森を守り育成する活動を行っています。「南木曽伝統工芸の森」をつくり、ろくろ細工の材料となるケヤキやトチの植樹や森の整備など、原木の育成を進めています。良い原木を育てることは良い製品を生み出し、伝統が未来につながることを期待しています。
京都女子大学
提供: ストーリー

【資料提供・協力】
長野県産業労働部
・南木曾ろくろ工芸協同組合

【テキスト・サイト編集・制作】
・杉島つばさ(京都女子大学生活造形学科

【英語サイト翻訳】
まい子・ベア

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也(京都女子大学 准教授
・山本真紗子(立命館大学)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール