平安装束のはじまり
着物の誕生よりもさらに昔、平安の世に花開いた美しい装束文化がありました。それまでの唐風(中国風)の装束に代わり、平安中期以降、宮廷を中心に束帯 (そくたい)、五衣唐衣裳 (いつつぎぬからころも)(十二単 )、狩衣 (かりぎぬ)、袿袴 (けいこ) など日本独自の装束が生まれたのです。
百人一首
百人一首の読み札に描かれる歌人たちは、さまざまな装束姿で描かれていますが、彼らの大部分が生きた時代に生まれたのがこうした衣文化です。
あまり現代には馴染みのないものかもしれませんが、伊勢物語や源氏物語など、世界的にも有名な日本の古典で描かれる人間模様は、こうした装束により彩られていました。
平安時代以降、装束としての伝統は有職 (ゆうそく) という学問によって宮中行事などとともに伝えられ、その着付けの方法は衣紋道 (えもんどう) という学問によって伝えられました。現代でも、皇族の方々の婚礼の際にはこうした束帯、十二単などの平安装束が着用されます。現天皇陛下(当時皇太子殿下)のご成婚の際には、十二単をお召しになった美智子妃殿下の、大変美しく気品のある姿が話題となりました。
装束店の仕事
皇族の方々に限らず、神職 (しんしょく) の方々も儀礼祭典の際には装束に身を包みます。明治時代以降、装束文化の継承には、神社が大きな役割を担ってきました。それらを制作するのは装束店の仕事です。装束はもちろんのこと、部屋を隔てる役割の几帳などの調度品、檜扇などの小道具や神輿など関連する物は何でも作ります。
装束いろいろ
一番の正装にあたるのが、男性の束帯、女性の五衣唐衣裳、通称十二単です。どちらもたっぷりとした絹織物で仕立てられており、幾重にも重ね着される構造になっています。着付けにも相当な知識と経験が必要とされ、十二単は一枚一枚仮留めしながら丁寧に着付けられます。
女性の十二単には、裳とよばれる腰から長く引きずる構造のパーツがありますが、男性にも下襲 (したがさね) という長く引きずるパーツがあります。絵巻物を見ると、この男性の下襲の裾 (きょ) が、牛車 (ぎっしゃ) からはみ出している様子や欄干にかけられる様子などが描かれています。
装束の美しさ
平安装束の美しさには独特なものがあります。さまざまな形態の伝統装束の中でも、絹布の美しさ、色合わせの妙、布のボリュームの贅沢さは群を抜いているといってよいでしょう。色彩や襲の色目にも、季節を感じさせる美しい呼び名が付けられています。この襲は「紅梅の匂」と呼ばれるもの。早春に咲く、紅梅の花をイメージした襲です。
紋織
製作工程を簡単にご紹介します。装束の制作もそれぞれの専門家が各行程を担う分業制によって行われます。現代では、まず、出したい紋(柄)の設計図をコンピューターで作成し、用いる糸を選んでいきます。次に、縦糸を張り、横糸を設計図に従い通していきます。装束の生地には、花鳥をモチーフとした丸紋や、唐草や襷 (たすき) といった連続文様など、有職文様と呼ばれる文様が地紋として織り出されます。
張り
織り上がった生地にハリを与えるため、竹ひごの両端に針をつけた伸子 (しんし) とよばれる用具で反物を張り、糊をしていきます。
伸子張り
伸子張り自体は桃山時代頃から始まったと伝わります。張りの工程では、基本的にもち米を材料とする真糊 (まのり) を用います。
仕立て
最後に生地を裁ち、仕立てていきます。生地の端は、三つ折りで縫う場合もありますが、糊をぬり巻込む形で留める方法もあります。仕立ては、直線縫いが基本ですが、もちろん例外もあります。
こうして、さまざまな専門家の分業により、装束は制作されています。千年の時を経て、変化したこともありますが、大切に伝えられてきた文化そして技に、新たな工夫を加えながら、今も美しい装束が生み出されています。
京都女子大学 生活デザイン研究所
提供: ストーリー

【資料提供・協力】
斎藤専商店 レリコジャパン
・(株)山本弘商店(大根屋)
・(有)久世張、服部登貴彦(仕立)

【監修】
・丸橋 春樹 (斎藤専商店 レリコジャパン

【テキスト】
・松原 史(清水三年坂美術館 特別研究員

【撮影】
・上杉遥

【英語サイト翻訳】
・黒崎 美曜・ベーテ

【英語サイト監修】
・メリッサ・リンネ (京都国立博物館

【編集】
・杉島 つばさ(京都女子大学生活造形学科

【プロジェクト・ディレクター】
・前﨑信也 (京都女子大学
・山本真紗子

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール