軍事裁判と死刑執行

TVR, The Romanian Public Broadcaster

"Ceauşescu and your wife, we don’t want you in Romania!"
  

ニコラエ チャウシェスクとエレナ チャウシェスクは 12 月 22 日、ヘリコプターで首都から飛び立ちました。 2 人は正午ごろにスナゴヴの邸宅に到着し、さらにトゥルゴヴィシュテに向けて出発しました。

軍部から着陸命令が出たため、ボテニの近郊、ブカレストとトゥルゴヴィシュテをつなぐ道路のそばで、ヘリコプターを放棄しました(午後 1:30)。セクリタテア(ルーマニア秘密警察)が一般人の自動車を路上で停止させ、チャウシェスク夫妻はその車に乗ってトゥルゴヴィシュテ近郊に到着しました。

一行は夕暮れまで森の中に隠れた後、革命派によって乗っ取られていたこの県の国民軍本部に向かいました。この地で、チャウシェスク夫妻は革命派によって捕らえられ、取り調べを受けました。

午後 6 時ごろ、チャウシェスク夫妻は、トゥルゴヴィシュテ守備隊(部隊 UM 01378 および部隊 UM 0147)のところまで軍部と国民軍によって護送されました。

自由の第 1 日目を祝うルーマニア人

ルーマニア国営テレビのスタジオ。チャウシェスク逮捕の知らせを受けて、革命派が喜びの声を上げます。

12 月 24 日夜、革命派をまとめた「救国戦線評議会」が会合を開き、イオン イリエスク、ペトレ ロマン、シルヴィウ ブルカン、その他 8 人の将官が参加しました。午後 8 時、イオン イリエスクが、ニコラエ チャウシェスクとエレナ チャウシェスクに対し特別軍事裁判を開くことを決定したと宣言しました。

午後 9 時ごろ、イオン イリエスクは、翌日の裁判を運営する担当者としてヴィクトル スタンクレスク将軍を任命しました。裁判は、12 月 22 日以降ニコラエ チャウシェスクとエレナ チャウシェスクが捕らえられているトゥルゴヴィシュテ部隊 UM 01417 の本部において行われます。

12 月 25 日午前 5:30、チャウシェスク夫妻は、装甲兵員輸送車に乗せられ、裁判が行われる守備隊の司令官室まで運ばれました。コンスタンティン ストイカン軍曹がアクセルを踏み込んで、煙幕を張り、2 人の下車を見えないようにしました。

身体検査の後、被告のニコラエ チャウシェスクとエレナ チャウシェスクは部隊内に即席で作られた法廷に連れ出されました。

革命の終焉

審判団を率いるのは、軍人裁判官のジカ ポパとイオアン ニストル、検察官ダン ヴォイネアで、ヴォイネアは起訴状の起草を依頼されていました(エミル コンスタンティネスク『原罪: 建国の犠牲(Păcatul Originar, sacrificiul fondator)』第 1 巻、353~354 ページ)。

裁判記録によると、被告側弁護人はニコラエ テオドレスクとコンスタンティン ルチェスクでした。

裁判の最初の陳述はジカ ポパによって行われました。ポパは、被告に対して、この裁判の特殊な性質について説明しました。

検察官ダン ヴォイネアが起草した罪状:

1. 集団殺戮: 60,000 人以上の犠牲者を生んだ

2. 国民および軍部に対する武装行為を組織したことにより、国力を衰退させた

3. 建築物の破壊や損壊、都市での爆破など、公共の資産を破壊した

4. 国家経済を衰退させた

トゥルゴヴィシュテ裁判の起訴状には、後に 5 番目の罪が追加されます。ブカレストのイオン イリエスクが導入したものです(グリゴレ カルティアヌ『チャウシェスクの終焉(Sfârşitul Ceauşeştilor)』478 ページ、付録)。

検察官ダン ヴォイネアは、4 つの罪に基づき死刑を求刑しました。

チャウシェスクに対してデモを行う人々

裁判の間、チャウシェスクは、「議会の場でなければ何も答えない。この裁判はインチキだ。何も認めない」と繰り返し発言しました。

裁判官ジカ ポパは次のように応じました。「インチキとは、あなたが 25 年間行ってきたことだ。あなたのインチキにより、この国は崩壊の瀬戸際に追い込まれたのだ」。

さまざまな罪に問われる中、ニコラエ チャウシェスクは、「裏切り者」や「外国の代理人」によって引き起こされた「政変」だと何度も言いました。

裁判の最後は、弁護人のニコラエ テオドレスクとコンスタンティン ルチェスクの出番でした。しかし、2 人はまるで検察官のように振る舞いました。

ニコラエ テオドレスクは、「チャウシェスク夫妻は、検察官の指摘する容疑に関してすべて有罪だ」と述べ、被告に死刑を宣告するよう求めました。

コンスタンティン ルチェスクは、「チャウシェスクに再び議会での発言権を与えることは、ルーマニア国民に対する犯罪である」と言っています。

1989 年 12 月 25 日朝、ボテニの 8 人の落下傘部隊が「グレード ゼロ指令」を受け取るため 2 機のヘリコプターに乗り込みました。

イオネル ボエル隊長と 7 人の下士官で構成される落下傘部隊は、みな武装しており、銃殺隊となりました。銃殺隊に志願したものは 50 名いて、その中からまず 20 名に絞り込まれ、最終的にこの 8 人が選ばれました。

落下傘部隊および銃殺隊の隊長イオネル ボエルは、裁判の前のチャウシェスクの状態について次のように報告しています。「チャウシェスクだとは思えなかった。真っ青な顔をしていて、髪はバサバサ、ひげも伸び放題だった。ただ、アフターシェーブ ローションは付けていたようで、いい匂いがした」(グリゴレ カルティアヌ『チャウシェスクの終焉(Sfârşitul Ceauşeştilor)』)。

午後 2:30、審判団は隣の審議室へ入りました。10 分後、審判団が法廷に戻り、ジカ ポパが判決を読み上げました。

「当法廷は、法と国民を代表して、秘密裡に審議した結果、全員一致で次の判決に合意した。被告ニコラエ チャウシェスクとエレナ チャウシェスクを死刑とし、その財産をすべて没収する」。

死刑執行

エレナ チャウシェスクが反抗する中、チャウシェスク夫妻は後ろ手に縛られました。2 人は最期の望みを 2 つ言いました。それは「一緒に死ぬこと」と「手の縛りをほどくこと」でした。最初の望みだけが認められました。4 人の落下傘部隊員がチャウシェスク夫妻を死刑執行用の壁に引き連れました。午後 2:50、死刑が執行されました。

8 人の落下傘部隊の一員でチャウシェスク夫妻を死刑執行用の壁に連れて行った 4 人のうちの 1 人であるドリン カルラン軍曹は、次のように話しています。

「私は、チャウシェスクの 1 メートルほど後ろにいました。壁に向かっているのがわかると、チャウシェスクは逃れられないことを認識したようです。死んでいくシカのように見えました。チャウシェスクは何粒か涙を流すと、「裏切り者に死を!」と言い始めました。隊員の 1 人がチャウシェスクの顔をこちらに向かせましたが、チャウシェスクは叫び続けました。「裏切り者に死を!自由で独立したルーマニア社会主義共和国万歳!歴史が私の敵討ちをしてくれるだろう!」。そして、インターナショナルの歌を歌い始めました。「起て飢えたる者よ、今ぞ日は近し」。しかし、次の行を最後まで歌うことはありませんでした。その前に私たちが刑を執行していたからです」(グリゴレ カルティアヌ『チャウシェスクの終焉(Sfârşitul Ceauşeştilor)』392~393 ページ、2009 年 11 月 4 日にブカレストで行われたドリン カルランへのインタビューでの発言)。

25 日夜、チャウシェスクの死刑執行を正式に伝えるルーマニアのテレビ放送

チャウシェスク体制は崩壊しましたが、代償は大きなものとなりました。死亡者は 1142 人、けが人は 3138 人に上りました。親が犠牲になったことで 748 人もの孤児が報告されています(出典: Wikipedia、ルーマニア政府の革命問題担当事務局)。

道路での暴動後、精神面での革命が起こり、新しい世界のニーズと要件に基づいて基本的な民主的価値の再構築が行われました。さまざまな犠牲の上に、ルーマニア人は、考えや意見、信念を自由に表明する権利、財産権、自由に移動する権利を再び手に入れました。

花を持って広場に集まり、兵士に配るデモ参加者
提供: ストーリー

Contributing editor  — Alina Conţeanu
Contributing editor  — Lina Vdovîi
Contributing editor  — Monica Paula Coman
Contributing editor  — George Gurescu
Archivist editor  — Mihai Ciobanu
16 mm film operator — Carmen Drăghici
Photo documentarist — Irina Bartolomeu
Photo and video editor — Silviu Panaite
Project coordinator — Dorian Stoica

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール