1989/12/25~1993/07/31

ベルリンの壁の崩壊

Getty Images

「新生ドイツに幸運と平和を - 西側と出会う東側」 - 画像: スティーブ イーソン
ゲッティ イメージズ

スティーブ イーソンは経験豊富で熟練した印刷工であり暗室技術者で、ロンドン西部にあるゲッティ イメージズを拠点に活躍しています。彼はまた才能豊かなフォトグラファーでもあり、炭鉱労働者ストライキ、人頭税暴動、ゲイ プライド、ヘンリー レガッタなど、1980 年代以降の出来事を幅広くカメラに収めてきました。 

1989 年、スティーブはベルリンの壁の崩壊を記録しようと、ドイツを訪れました。彼はベルリンの東側に行くことにしました。ほとんどのマスコミが、より多くの人が集まる西側に集中することがわかっていたからです。スティーブは、群集から離れて、より本質に迫った他とは違う何かを捕らえられればと考えていました。

これは正しい決断でした。スティーブは事の推移を間近で見守り、祝賀気分を直に感じることができたのです。中でもスティーブのお気に入りは、右の、西側に渡ろうとしている家族の写真で、この政治的出来事からある種の人間ドラマを私たちに伝えてくれる一枚です。

12 月 25 日、ベルリンの壁の割れ目を通り抜けようとする東ベルリン市民。
静かな瞬間、照明によって和らげられた都市の景観。人々が東ベルリンを離れるために並んでいます。
ボクシング デー。壁の東側から見えるクリスマス ツリー。
自由を求める一撃。ベルリンの壁を少しずつ削り取ります。
分断の事実上の終結を祝って、ベルリンの壁をよじ登る東ベルリン市民
かなづちとのみを持ってポーズする男性。
壁の上の、得意げな面々。
壁の上に子供を引っ張り上げる親切な国境警備兵。
障害がなくなった今、人々は壁を登ります。
壁をのみで削る幼い少女。
スティーブが出会ったある父子。弟が壁の割れ目を広げようとしています。
喜びに満ちた人々が差し伸べる手。
壁の上に引っ張り上げられる子供。
この若い男性は実際に壁の空洞の中にいて、通りかかった人たちに壁の破片を渡していました。
歴史が作られる中、新年と国の分断の実質的な終わりを祝う人々。
1993 年 8 月、残ったベルリンの壁に描かれた落書きの前を通り過ぎるゲイのカップル。
ドイツの指導者、レオニード ブレジネフとエーリッヒ ホーネッカーのキスを描いたベルリンの壁の落書き。
提供: ストーリー

Curator - Caroline Theakstone, Archive Research Manager
Photographer — Steve Eason

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール