1947年~1993年

アパルトヘイトの標識

Africa Media Online

アパルトヘイトを示す標識

1953 年第 49 法の隔離施設留保法は、人種別の施設の分離を合法化しました。この法律は、南アフリカでのアパルトヘイトを体系化する基礎の 1 つとなりました。

この法律によれば、異なる人種の施設は、同等の水準である必要がありませんでした。実際に、白人の施設は他の施設よりも当然のごとく高水準でした。この法律は 1990 年 10 月 15 日に廃止されました。

ヨハネスブルグのカールトンビル
分離されたトイレ、ヨハネスブルグ
バス停
ヨハネスブルグ、ボクスブルグの公園
ケープタウンのビーチ
地下鉄入り口、ヨハネスブルグのエリスパーク
郵便局
ケープタウンのミラーズポイント
ケープタウンのストランド
ケープタウンのストランドで、アパルトヘイトに反対して浜辺でデモを行う活動家のアラン・ブサク牧師
提供: ストーリー

Photographer — Eric Miller
Photographer — Graeme Williams / South Photographs
Photographer — Cedric Nunn
Photographer — Guy Tillim / South Photographs
Photographic Archive — Museum Africa
Photographic Archive — Baileys African History Archive
Photographer — David Larsen

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール