シャープビル虐殺事件

Africa Media Online

アパルトヘイトに反対する非暴力運動がここで始まりました。
Drum 誌の記事(1960 年 10 月)

「これはアフリカ人が待ち望んでいたアピールです。ついにその時がきたのです。1960 年 3 月 21 日月曜日、この国のパス法(身分証携帯法)に反対する断固とした抗議行動を開始します。」マンガリソ・ソブクウェは、シャープビル事件の 3 日前にこう宣言しました。南アフリカは新しい歴史の幕を開けたのです。

3 日後パンアフリカニストの主導者たちは、アパルトヘイトに反対する 非暴力の抗議行動を開始しました。マンガリソ・ソブクウェは警察署長に宛てた 手紙で次のように非暴力の意図を明らかにしていました。「私は、組織の メンバーだけでなく、一般のアフリカ人にも、何があっても暴力にかられては ならないと厳しく指示しています。」

そして、 3 月 21 日月曜日の当日、何千人ものパンアフリカニストは、パスを携帯せずに警察署に出向き逮捕するように求めました。 彼らの目的は、非暴力の組織的な力を示すことでした。 パス法を無力化することを第一歩として、 1963 年までにアフリカ人の「自由と独立」を達成する長い抗議活動を続けることを望んでいました。

警察署は逮捕を求める群衆に不意打ちを食らい、 指導者たちを勾留した署もあれば、家に帰るように 説得した署もありました。すべてが計画どおり進んでいるようにみえたそのとき、 シャープビルで悲劇が起こりました。

虐殺が始まる直前に詠唱するアフリカ人の群衆の中を通る 1 人のアラビア人
殺害された犠牲者たち
死者を悼む人々
銃撃でパニックになる群衆
救助される負傷者
公式の発表では、警察が群衆に発砲して、67 人のアフリカ人が死亡し、186 人が負傷しました。
パス法の抗議活動を主導したのは PAC でしたが、 ANC の議長だったアルバート・ルツーリが、アフリカ人に 3 月 28 日を喪の日とするように 呼びかけました。PAC の主導者たちもそれを支持し、アフリカ人は 皆それに同調しました。

人々の抗議行動、シャープビルの虐殺、20,000 人の勾留などが続いた 156 日間の悪夢の日々の後に、政府はこの国の歴史の一幕を閉じました。何も変わりませんでした。アパルトヘイトと白人主義はそのまま存続しました。

提供: ストーリー

Text — Drum Magazine / Baileys African History Archive and Africa Media Online
Photographic archive — Baileys African History Archive

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール