ソウェト蜂起

Africa Media Online

子供たちの信頼を失った日

1976 年 6 月 16 日、ヨハネスブルグのソウェト地区で、推定 20,000 人もの子供たちが学校から通りに繰り出しました。地元の学校でのアフリカーンス語の強制に対する抗議の声を上げるためです。アフリカーンス語は、圧政者の言語であると多くの人にみなされていました。1974 年のアフリカーンス語中間法令では、すべての黒人の学校で、アフリカーンス語と英語を半々に使用して教えることを強制していました。

6 月 16 日、ソウェト学生代表評議会(SSRC)の行動委員会の主催で、オーランド スタジアムに学生たちが集まりました。行動委員会が統制を強調したので、平和的な抗議行動と考えられ、多くの教師も支援しました。

行進が始まると、学生たちは「アフリカーンス語反対」、「アザニア万歳」、「学生にアフリカーンス語を学べと言うなら、フォルスター首相がズールー語を学べ」といったスローガンを掲げて歩きました。行進のルートを警察が封鎖していました。行動委員会は学生たちに警察を刺激しないように促して、別のルートで行進を続け、オーランド高等学校の近くまで進みました。

警察が群衆に向かって放した犬を、群衆が石で打ち殺して対抗し、学生と警察の間での衝突は収拾がつかなくなりました。そして、警察が子供たちに発砲を開始しました。その日のうちに 176 人が殺されました。抗議はすぐに国中の地区に広がりました。

ヘクター・ピーターソン(13)は、ソウェト蜂起時にアパルトヘイト警察によって射殺された最初の子供たちの 1 人であり、ブイサ・マクボに抱えられて運ばれる彼の写真は、この日の象徴的な画像となりました。写真は報道写真家、サム・エンジマが撮影しました。
ソウェトのヘクター・ピーターソン博物館。ソウェト暴動は、今ではソウェト蜂起として知られており、南アフリカ内外でのアパルトヘイトへの抗議運動が盛り上がるきっかけとなりました。
提供: ストーリー

Photographic Archive — Baileys African History Archive
Photographer — Graeme Williams / South Photographs
Photographer — David Goldblatt / South Photographs
Photographer — Motlhalefi Mahlabe / South Photographs
Text — Baileys African History Archive and Africa Media Online

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール