1912年~1993年

1913 年原住民土地法

Africa Media Online

「ブラック スポット」の退去

1913 年の原住民土地法は、「白」と指定された地域で「黒」人が土地を購入する、または借りることを禁じました。この法律は、アパルトヘイトの基礎の 1 つとなり、黒人の権利と土地の所有を制限する法律がさらに制定される道筋をつけることになりました。

この法律を施行するため、政府は白人用と制定した地区から黒人を強制退去させました。

ヴァルスパンの自宅。このエリアの住民はアパルトヘイト政策による強制退去命令におびえる毎日を送っていました。住民は家屋の修繕を行うことも許されず、最低限の権利しか与えられませんでした。その後、このエリアはアパルトヘイト政府により「スラム地域」と指定されました。ドアに書かれた番号は強制退去が目前に迫っていることを示しています。
バルスパーンの活動家、クウェイル氏。バルスパーンは、アパルトヘイトによる強制退去に脅かされた地域です。住民たちは、家の修理を禁じられ、最小限の公共サービスしか受けられませんでした。そしてアパルトヘイト政府は、この地域を「スラム」と指定しました。ドアに付けられた番号は強制退去が目前に迫っていることを示しています。
泥で壁を塗る女性。ダガクラールはアパルトヘイト政府によって「ブラック スポット」と指定された地域で、強制退去に脅かされていました。家の修理は退去への抵抗とみなされました。
賛歌の歌手であるティンキーは、ジルとともにブラック サッシュのメンバーです。肥沃な農地だったマソピスタッドは、アパルトヘイト政府により「ブラック スポット」と指定され、強制退去に脅かされていました。
ソフィアタウンからの退去 - 移住 - ヨハネスブルグのソフィアタウンでは、最初に 60 家族が退去を命ぜられ、メドウランズの新しい地域に移住させられました。「ここでは、1954 年の原住民再定住法によって、住居を追われました...」
退去への抵抗
家を取り壊された人々を監視する警察。ミッドラント: 1991 年
荷物を積み込んで引越し
トイレとイバラの茂み。アパルトヘイト政府によって強制退去させられた人々には、テントが与えられることもありましたが、トイレは常に使用できました。荒れた土地に並ぶトイレの光景は、強制退去が目前に迫っていることを示しています。
ケープタウンのディストリクト シックスで取り壊される建物
再定住地で荷を下ろしたベティ・ナコナ。ボシャベロ: 1987 年
捨てられた人々。ビーステクラールは、アパルトヘイト政策によって強制退去された人々の「廃棄場」でした。テントとトイレは与えられました。農場を追われた農民もここに送られました。
ドリーフォンテインに新居を建てるフラツワヨ夫人。ドリーフォンテインはアパルトヘイト政府によって「黒人居住区」に指定されていた地区です。ここは白人が所有する近隣の農場から強制退去させられた農場労働者たちの避難先となっていました。夫であるティモシー フラツワヨは、帰宅する農場労働者を乗せたトラクターの転倒事故に巻き込まれ、怪我をしましたが、農場経営者はこの事故の責任を負うことを拒否し、彼を農場から追放しました。
強制退去によって最も活かされたもの。それは、アフリカの不屈の精神です。
提供: ストーリー

Photographer — Gille de Vlieg / South Photographs
Photographer — Paul Weinberg / South Photographs
Photographer — Paul Grendon / South Photographs
Photographer — Graeme Williams / South Photographs
Photographer — Cedric Nunn
Photographic Archive — Baileys African History Archive
Photographer — Paul Alberts / South Photographs
Photographer — Guy Tillim /  South Photographs

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール