女性によるパス法反対の行進

Africa Media Online

「Wathint' abafazi, wathint' imbokodo: 女性を殴ることは、岩を殴ること」

1956 年 8 月 9 日のパス法への抗議行動には、あらゆる人種の 20,000 人もの女性が参加しました。赤ん坊を背負う者もあり、都市や、保留地、村からも集まりました。そして、プレトリアにあるユニオン ビルの前で南アフリカの首相に、パス法の撤廃を求める請願を行いました。ストレイダム首相は不在でした。

行進は南アフリカ婦人連盟(FEDSAW)が主催しました。この組織は、女性の居場所は台所であるという常識に挑み、女性の居場所は限定されないとしたことで有名です。

行進を率いたのは、リリアン・エンゴイ、ヘレン・ジョセフ、アルベル・シスル、ソフィア・ウィリアムズ・デブロインでした。

首相の秘書に請願書を手渡した後、女性たちは自由の賛歌として、「Wathint' abafazi, ストレイダム」と歌いました。それ以来、「Wathint' abafazi, wathint' imbokodo」(女性を殴ることは、岩を殴ること)は女性の南アフリカでの闘争を表すスローガンとなりました。

この行進を記念して、1995 年以来南アフリカでは、8 月 9 日を国の婦人デーとして祝っています。

2009 年の婦人デーでは、50 周年を祝って行進が再現されました。1956 年に参加したベテランたちの多くも行進に参加しました。

市内に到着し、行進の開始を待つ女性たち
行進が行われる
プレトリアのユニオン ビルに近づく
首相官邸のあるユニオン ビル
首相官邸の前に集まる女性たち
首相の秘書に請願書を手渡す女性たち
行進を監視する警察
女性の斉唱: Wathint' abafazi, wathint' imbokodo'!
提供: ストーリー

Photographs — Baileys African History Archive
Text — Baileys African History Archive and Africa Media Online

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール