1955年~1960年

反逆罪の裁判

Africa Media Online

156 名の南アフリカ人が反逆罪の宣告を受ける

1955 年 6 月 26 日にクリップタウンに集まった人々の会議で自由憲章が採択されたのに対抗して、南アフリカのアパルト政府は反逆罪の裁判を起こしました。

アパルトヘイト政府に逮捕された 156 人の中には、当時アフリカ民族会議(ANC)の議長だったアルバート・ルツーリ、ネルソン・マンデラ、ウォルター・シスルがいました。

アフリカ民族会議、民主主義者会議、南アフリカ インド人会議、カラード人民会議、南アフリカ労働組合会議による同盟会議のほとんどすべての主導者が、告訴されました。

156 人の被告には南アフリカのすべての人種(アパルトヘイトの分類では、黒人 105 人、インド人 21 人、白人 23 人、カラード 7 人)が含まれており、大反逆罪に問われて、死刑が求刑されました。被告人たちは最終的に「無罪」となりましたが、何人かはその後、リヴォニア裁判で有罪となります。

被告人を擁護する、イズラエリ・マイセルズが率いる弁護団には、ブラム・フィッシャーがいました。アンブローズ・リーブス司教、作家のアラン・ペイトンとアレックス・ヘップル、労働党、南アフリカ人種関係研究所のエレン・ヘルマン博士、およびユリウス・ファーストは、南アフリカの反逆罪裁判弁護基金を設立します。

裁判で生じた思わぬ結果の 1 つは、アパルトヘイトに反対する運動の主導者たちが、多大な時間を一緒に過ごすようになったことです。もう 1 つの結果は、証拠不十分で釈放されたオリバー・タンボが南アフリカを去り、亡命先から ANC の活動と連携し、国際世論を反アパルトヘイトに向けたことです。

裁判に向かうウォルター・シスル
ネルソン・マンデラ(左から 3 番目)はバスで到着
警察に護送されて来た反逆罪の被告たち
裁判が行われたヨハネスブルグのドリル ホールの内部
反逆罪の被告人となった...ウォルター・シスル
...バーサ・マシャバ
...ジョー・スロボ
...アニー・シリンガ
...ルース・ファースト
...ヘレン・ジョセフ
昼休み中のネルソン・マンデラたち
被告人たちを支援する群衆
裁判に同席する警察
1 ラウンド終了 - 弁護士として活躍していたネルソン・マンデラはジェリー モローが経営するオーランドのボクシング ジムに毎晩通い、健康のために汗を流していました。これはプロのフェザー級選手であるモロー(右)とシャドウ スパーリングを行っているところです。
提供: ストーリー

Photographs — Baileys African History Archive
Text — Baileys African History Archive and Africa Media Online 

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール