1909年~1993年

南アフリカの首脳陣

Africa Media Online

アパルトヘイトの隆盛と終焉でのリーダーシップ

南アフリカ共和国の 20 世紀の歴史は、アパルトヘイトの盛衰に支配されました。アパルトヘイトとは、人種の分離に基づく政府の形態で、ヨーロッパ系の少数派が権力と特権を握り、アフリカ系である大多数の国民の公民権を剥奪したものです。

英国とアフリカーナー(主にオランダ人の子孫である白人系南アフリカ人)の間での 2 度にわたるボーア戦争で苦杯をなめたアフリカーナー民族主義者の間には、アパルトヘイトのイデオロギーが育まれました。アフリカーナーと英国系南アフリカ人が争ううちに、結局敗れたのは非白人系南アフリカ人でした。

アパルトヘイトの盛衰を仕切ってきたのは、国家の指導者たちでした。1910 年に、元はアフリカーナーの植民地であったトランスバールとオレンジ自由国が、英国が統治するケープとナタールの 2 つの植民地と統合され、英国の自治領として南アフリカ連邦が成立しました。このときから、南アフリカ政府は、首相が率いるようになりました。

初期の首相だったボータやスマッツはアフリカーナーでしたが、アフリカーナーと英国系南アフリカ人との調停役を果たしていました。ヘルツォークが首相になると、白人の労働者階級の特権が認められ、黒人の公民権はさらに剥奪されました。

しかし、アパルトヘイトが政府の公式な政策となったのは、1948 年に DF マランが率いるアフリカーナー国民党が実権を握ってからです。マランの後継者は、分離政策を打ち立てました。HF フルウールトは特に「大アパルトヘイト」として知られるようになった政策を導入し、大々的に人種の分離を進めました。アフリカ系の人々は「ホームランド」と呼ばれる狭い土地以外に、土地を所有するまたは借りることは禁止されました。この政策の実施に伴い、黒人たちは大量にホームランドに移住させられました。

1961 年には、南アフリカ共和国となりました。引き続き首相が政府を率いていましたが、1984 年に新憲法が施行されたとき、大統領が国家元首となりました。

ルイス・ボータ: 1910~1919 年
ヤン・クリスティアン・スマッツ: 1920~1924 年、1939~1948 年
ジェームズ・バリー・ミューニック・ヘルツォーク: 1924-1939
ダニエル・フランソワ・マラン: 1948~1954 年
ヨハネス・ゲルハルダス・ストレイダム: 1954~1958 年
ヘンドリック・フレンシュ・フルウールト: 1958~1966 年。1966 年 9 月 6 日にケープタウンの国会議事堂で暗殺
バルタザール・ヨハネス・フォルスター: 1966~1978 年
ピーター・ウィレム・ボータ: 1978~1984 年。首相の廃止後、1984~1989 年に大統領
FW デクラーク: 1989~1994 年

FW デクラークは、南アフリカでアパルトヘイトが公式の政策であった時代の最後の大統領でした。解放運動の圧力、国民の不服従、国際社会からの経済制裁、宗教界からの非難だけでなく、南アフリカのビジネス界からの圧力によリ、アパルトヘイトは成り立たなくなりました。1993 年にデクラークと、アフリカ民族会議議長であるネルソン・マンデラは共に、アパルトヘイトに終止符を打つための努力が認められ、ノーベル平和賞を受賞しました。

アパルトヘイトが正式に終わりを告げたのは、1994 年 4 月 27 日、ネルソン・マンデラが南アフリカで初めて民主的に選出された大統領となったときです。自由憲章に沿ってマンデラは、すべての南アフリカ人を、南アフリカに住むすべての人の共通のゴールに導きました。また、和解の努力の一環として、1995 年には、ヘンドリック・フルウールトの未亡人を表敬訪問することさえしています。

ネルソン・マンデラ: 1994~1999 年
提供: ストーリー

Photographer — Martin Gibbs
Photographer — David Goldblatt / South Photographs
Photographer — Paul Weinberg / South Photographs
Photographic Archive — Cory Library

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール