「もう政治には関わっていません。遠くから眺めているだけです。誰かが「こういう場合はどうしたらいいですか?」と聞きに来ても、「やめてくれ。政治に携わっている人に聞いてくれ。私はもう政治の世界にいないのだから。引退したんだ。」と言うでしょう。」

ネルソン・マンデラは 1999 年の引退後の人生をあらゆる慈善活動に捧げました。大統領職の辞任から数か月以内に、引き続き彼の活動拠点となる非営利の非政府組織(NGO)、ネルソン マンデラ財団(NMF)を設立しました。

NMF 本部

彼は 1994 年に、恵まれない子供たちの生活向上を目的とした、ネルソン マンデラ児童基金という助成金団体を設立し、2003 年には、大学院奨学金プログラムを通じてアフリカの優れたリーダーシップの促進を目的とした、マンデラ ローズ財団という NGO を設立しました。

ネルソン マンデラ児童基金は、マンデラが資金を調達した目的や、彼の他の旧組織 2 つの仕事を侵害しないことをすべて受け継いでいます。主に重点を置いているのは、教育(南アフリカの農村部での学校の建設から教育に関する「特別な」挑戦の探求にいたるまで)、HIV/AIDS(支援活動から調査支援の助成金にいたるまで)、および「平和と和解」(ブルンジでの和平交渉の支援からアフリカの民主化の探求にいたるまで)の分野です。

2004 年にマンデラは引退を発表し、大統領任期後のオフィスをネルソン マンデラ記念センターに転換し始めました。彼が完全に引退し、余生を楽しめるようになるまで、約 6 年かかりました。

「複雑な国際問題を解決するのに 100 年も費やしたくありません。」

電話しないでほしい

ネルソン・マンデラは何度も引退しています。

1999 年には、任期を 1 期だけ務めて南アフリカ共和国大統領を辞任しました。

2004 年、彼は 86 歳を迎える数週間前に演説を行い、そこで「引退からも引退」したと宣言したことはよく知られています。その日、6 月 1 日から、彼の日記や活動は「大幅に減る」ことになりました。

彼はこう付け加えました。「世間との関係を完全に絶つつもりはありませんが、これからは求められて何かを行ったりイベントに参加したりするよりも、私が電話して行ってもいいかどうか尋ねる立場になりたいのです。つまり、私に「電話しないでほしい」のです」。

その後何年かはスタッフが、マンデラは実際に引退しており、そうした生活を満喫する時間が必要なのだ、と国民に改めて説明しなくてはならないこともたびたびでした。

貴重な映像: ネルソン・マンデラの 87 歳の誕生日は、あらゆる意味で特別な日になりました。生まれ故郷の Mvezo で誕生日を過ごしたときの様子が、映像に収められています。

マンデラ、彼の妻グラサ・マシェル、彼の家族、およびジェイクス・ガーウェル教授(マンデラの長年の友人)が、イースタン ケープの田舎で楽しく過ごしている様子を、スタッフの 1 人が撮影しました。 麦わら帽子をかぶっているマンデラは、リラックスした様子で、Mvezo を世界に知らしめた偉大な人物を称賛するために集まった子供たちと挨拶をしていました。

「私は自分自身を、社会の 1 人の高齢者、田舎に住む者の 1 人、自国の子供や若者を案ずる 1 人、および世界の一市民とみなし、力のある限り、すべての人々のより良い生活のために働くつもりです。」

それはあなたの手の中に

ロンドンのウェンブリー・スタジアムでネルソン・マンデラの解放を求めるコンサートが開催されてから 20 年後、彼は同じ街の別のステージに立って、世界救済の一翼を担う新しい世代に呼びかけました。

2008 年、90 歳を迎える 20 日前にもマンデラは、「我々の仕事は完成には程遠い」と述べ、貧困、抑圧、疾病によって未だ世界が破滅に向かっていることを人々に思い出させました。

「今夜、どうしても言いたいことがあります。90 年近い人生を経て、いよいよこの荷物を新しい手に引き継ぐべき時が来たと。今こそあなた方の手に委ねるべきだと。」

その瞬間から「あなた方の手に」という言葉が、マンデラからバトンを引き継ぎ、世界をより良くするために尽くす人々のスローガンになりました。

「今夜、どうしても言いたいことがあります。90 年近い人生を経て、いよいよこの荷物を新しい手に引き継ぐべき時が来たと。今こそあなた方の手に委ねるべきだと。」

自分自身との会話

若い世代に人々の生活の改善に貢献してほしいというネルソン・マンデラの願いを反映して、2009 年のマンデラの誕生日にマンデラ デーが制定されました。 それから数か月後、国連は彼の誕生日である 7 月 18 日をネルソン・マンデラ国際デーとしました。この日には、世界中で個人や団体が周りの人々の役に立つことを行うよう奨励されています。

これまで 3 回のマンデラ デーが開催され成功を収めていて、現在の呼びかけは「毎日をマンデラ デーにしよう」です。

ネルソン マンデラ記念センター

ネルソン マンデラ財団は、1999 年にネルソン・マンデラが南アフリカの大統領を退任した際に、マンデラのためのオフィスとして設立されました。

財団は当初、ヨハネスブルグのマンデラの自宅に置かれていましたが、近隣の建物に移転し、2003 年 5 月 6 日に正式に開設しました。

2004 年の後半には、マンデラの生涯に関する記録作成と、社会的正義のために対話の活用促進を目的として、その役割の中心を記念と対話のセンターに変えました。

2004 年に記念と対話のセンターを開設した際、マンデラは次のように言いました。「私は、このセンターを、権力によって抑圧されていた思い出や物語の回復に役立てたいと思っています。それは正義の目覚めです。プロジェクトの最も需要な、具体的な影響であるべき、目覚めなのです。」

マンデラが 2010 年の終わりに完全に引退したのとともに、ネルソン マンデラ財団はネルソン マンデラ記念センターになりました。

自分自身との会話

ネルソン・マンデラの引退後に出版した 2 冊目の書籍は、すぐに全世界で大ベストセラーとなりました。

2010 年に出版した「私自身のと対話」は、公には知られていない人や解放運動の英雄を影で支えた人に焦点を当てた初のノンフェクション作品です。

本書は、ネルソン マンデラ記念センターのスタッフ、歴史家のティム・カズンズ、マンデラの長年の同志であり友人でもあるアメッド・カスラーダの協力のもとに完成しました。マンデラの手紙、日記、手帳、会話などをまとめた本書にはマンデラ自身の本当の声が収められています。

本書を全世界に出版する少し前にカスラーダとマンデラの末娘のジンジから本書の見本がマンデラに届けられました。ネルソン マンデラ記念センターではこの瞬間をビデオに記録することができました。

キューバ大統領のフィデル・カストロとマンデラの顔があしらわれた T シャツをまくってカストロに見せつける南アフリカ共産党書記長、ブレード・ンジマンデの様子を見つめるネルソン・マンデラ – 2001 年 9 月 2 日

キューバ大統領のフィデル・カストロにシャツを見せる南アフリカ共産党書記長のブレード・ンジマンデとネルソン・マンデラ
ブルンジ: 1999 年にムワリム・ジュリウス・ニエレレが他界した後、ネルソン・マンデラはブルンジ平和使節の代表世話人の就任に合意した。

タンザニアの元大統領のニエレレは、国連の代表としてブルンジ紛争の調停に、すべての関係者から全幅の信頼を受け、1996 年以来、任務をまっとうしました。後継のマンデラも同様の信頼を受けました。

マンデラは、ニエレレの対話路線と介入路線を継承し、これを足場として任務を遂行しました。こうした活動の結果、2000 年 8 月 28 日にブルンジのアルーシャ和平合意が締結されました。2001 年 10 月にジェイコブ・ズマ大統領が任務を引き継いだ後も、マンデラは支援や助言を続けています。

2001 年 3 月、アフリカ 3 か国の政府がブルンジに平和維持部隊を派遣することに合意した後、マンデラはコフィ・アナン国連事務総長に手紙を送り、ベルギー政府が費用を支払うことで合意しているが、不足分が生じた場合には国連が負担してくれると大変ありがたいと伝えました。

彼は、交渉の場で進展があっても、殺りくは続いていると書いています。「私たちは罪のない一般市民の虐殺をやめさせるため、南アフリカ、ガーナ、ナイジェリアからの部隊をブルンジに送り込むことにしました。」

彼は、元大統領であり、情け容赦ない策士に負けないほどタフでした。しかし、ネルソン・マンデラは、そのユーモアのセンスでもよく知られています。

意気軒昂: 後のアフリカ民族会議副議長、カレマ・モトランテ宛てのユーモアに満ちた書簡(2002)

ネルソン マンデラは、自由の戦士、政治犯、ノーベル平和賞受賞者、元大統領、情け容赦のない策士というさまざまな顔を持っていましたが、ユーモアの持ち主としても知られています。

2002 年の年次休暇中、マンデラは時間を割いて仲間のカレマ モトランテ宛てにユーモアあふれる手紙を書きました。カレマ モトランテは元政治犯で当時アフリカ民族会議(ANC)副議長を務めていました。

ANC 設立 90 周年記念式典の様子をテレビで観たマンデラは、「ANC 本部の有名な大物 2 人が群衆と元気よく踊っている姿を拝見しました。」と述べました。

「あの軽やかな動きを見た市民は皆、深く感動したことでしょう。私たちのように式典という場でお高くとまって重々しく動くものと思っていたでしょうから。」

しかし、マンデラ自身こそが世界各地の集会のステージで踊ってきた人物なのです。

提供: ストーリー

Photographer — Ardon Bar-Hama
Photographer — Matthew Willman
Photographer — Debbie Yazbek
Photographer — Benny Gool
Animation — Umlando WeZithombe
Research & Curation — Nelson Mandela Centre of Memory Staff

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール