1990年~2010年

ネルソン マンデラ、伝説の瞬間

Nelson Mandela Centre of Memory

ベニー グール イニシアチブ

「My Moments with a Legend」の紹介動画

国際的な象徴となったネルソン・マンデラは、世界の富豪や有名人から追い求められ、セレブたちに囲まれてきました。しかし、セレブたちのマントが彼にしっくりくることは決してなく、常に「普通の人々」と関わろうとしてきました。彼は形式的な虚飾から逃れて、一対一で人々と関わることが何よりも快適だったのです。多くの人にとって、このような形で彼に会うことは一生に一度の貴重な経験となりました。

「ネルソンの生き様は、決してあきらめないこと、決して思い上がらないことを私に教えてくれました。」
「...自分たちの歴史をつくるのは自分たちだと感じさせられました。」
「彼と友人になれたこと、そして彼の人生の重要な瞬間を共有できるこのような機会が与えられたことに、どれほど感謝しているでしょう。」
「きらきら星を歌った大統領に子供たちは畏敬の念を抱きました。」
「エビータ!エビータ!なんて美しい!」
「興奮し過ぎて、死ぬかと思ったわ。」
「それは、とても特別な瞬間でした。また、対抗者同士の 2 人が育んできた友情を象徴する瞬間でもありました。」
「...彼が私たちの話を聞き、私たちのことを真剣に考えてくれていることに気付いていました。」
「...彼は、被害地域の人々の生の声を聞こうとしていました。...」
「マンデラ博士は私の手紙に手書きで返信してくれました。」
「彼は、私個人の英雄です。」
「それによって、こうした特殊な植物を開発することの満足感が増しました。」
「マンデラを求めて呼ぶな。大声を上げて哀れみを求めよ。」
「マディバは、私を掛け替えのない人材として扱ってくれます。今回も、私が議長を務めたからこそ、憲法制定議会が締結に至ったのだと思わせてくれました。」
「大統領のキス。」
「...彼が話している間、涙が止まりませんでした。」
「彼は私の目をじっと見るとすぐさま私が誰であるかを思い出し、"ブレデンダルはいかがですか?" と尋ねました。」
「その直後、警備要員計画は劇的に変わりました。そして、ウエスタン ケープ州に、より多くの人材が配備されたのです。」
「これは私にとって、決して忘れられない教訓となっています。」
「...彼は思ったよりずっとゆっくりしていってくれました...」
「マンデラは、ロンドン東部のオックスフォード街で行われた記念式典に出席し、スティーヴン・バントゥー・ビコ氏の像の除幕を行いました。」
「それはまるで父親が家族の痛みを感じて "大丈夫だよ" と励ましに来てくれているかのようでした。」
「マディバに初めて会った時のことはよく覚えていませんが、彼の笑顔、そして彼がそばにいる時の周りの人の笑顔だけはよく覚えています。」
「トレバーが初めて予算演説をした日に撮影したもの(1997 年)」
「その日の午後に行われた音楽の試験では、優秀な成績を収めることができました。」
「会議が終わる頃には、部屋にいた全員が泣いていました...」
「彼は温かな手で肩に触れ、優しい言葉をかけてくれました。」
「彼が私たちの招待を受けてくれてとても驚きました。」
「私は永遠にあの瞬間を慈しみ、マンデラ大統領の厚く暖かい手をいつまでも忘れません。」
「ゲナデンダルでの忘れられない思い出の瞬間」
「マディバは車から降りて、まっすぐに汚れたオーバーオールを着た男のところに行き、「お元気でしたか?」と言いました。」
「このように、マンデラは若者に対しても年輩者に対しても、謙虚に、オープンな心で接していました。」
「...私がタインハウスへ行ったのはそれが初めてでした。初めての訪問がドライバーとしてだったのでよく覚えています。」
「私は身振り手振りで、彼に抱きしめてキスしたいと伝えることにしました。」
「私が歌っていると彼が「マディバ ジャイヴ」を始めました。ものすごくうれしかった。わあ、ジャイヴできるの!って。」
「旗を完成させるためには、マンデラ氏が最後に手を加えなければなりませんでした...」
「警護体制は事前に説明したとおりに進むこともありました。」
「...この国の歴史で初めて、議会の慣習に縛られたこの場所で、口承詩人が朗唱を行ったのです...」
「…彼はなんと、私に会えて光栄だと言ってくれたのです。」
「マンデラは常に謙虚な姿勢を保っていました。」
「神様、たとえ今死んだとしても悔いはありません。」
「彼が終油の秘蹟を受けるために、私の目の前に現れた時はまったく驚きました...」
「なんて素晴らしいひとときだったでしょう。」
「彼は本当に優雅で魅力的で協力的でした。」
「いよいよ私が答弁する番になりました。しかし、私は彼が「非常に尊敬できる閣僚」の 1 人であると言った人の辞任を要求することがどうしてもできなくなってしまいました。」
「...私はその日マディバに会わなければなりませんでした。たとえ車椅子に乗ってでも...」
「彼は丁寧に、しかし毅然とした態度で答えました。」
「...彼の訪問に反対していた他の政党支持者とも彼はすぐに打ち解けました。」
提供: ストーリー

Photography & Video — Benny Gool & Oryx Media
Research & Curation — Benny Gool & Oryx Media

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール