1990年~2010年

マンデラの愛読書

Nelson Mandela Centre of Memory

「くよくよ考えている暇はありませんでした。手紙を読んで書くことを楽しみました。それが完全に心を満たしてくれたのです... 」

ネルソン・マンデラは、長年にわたり世界中から多数の贈り物、賞や栄誉を受けています。彼はそれらを家族や友人、慈善団体に分け与えました。かなりの数の所蔵品が、南アフリカの国家(1994~1999 年の大統領時代の所蔵品)と、ネルソン マンデラ記念センターに寄贈されました。大の読書家だったマンデラには、当然ながら書籍が贈り物とされることが多かったようです。

記念センターの所蔵品の中には、著者からマンデラに贈られた書籍が数多く含まれており、中には著者自身のメッセージが添えられたものもあります。

ここでは書籍やその著者たちの献辞の一部を紹介しています。

エルドリッジ・クリーバー著『ソウル オン アイス』
エルドリッチ・クリーバー著『氷の上の魂』
ナディーン・ゴーディマー著『バーガーの娘』
ライオネル・モリソン著『A Century of Black Journalism in Britain』

「釈放後は本を読んだり、考えたり、静かに内省したりする機会がほとんどないこともあって、刑務所に戻りたいと思うことがありました。」

『THE POLITICAL MEMOIRS』マルコム フレーザー著
『人権および基本的自由の保護のための条約』

「現代の悲しい現実の 1 つに、本を読む人、特に若者がほとんどいないということです。この問題の創造的な対策を見つからなければ、未来の世代は歴史を失う危機に迫られます。」

愛をこめて、エリノア・バテザット・シスル
デイヴィッド・ロックフェラー著『回想録』
『DEAREST』アティク ナサル アルバダール(Atiq Nasser Al-Bader)著
コーネル・ウェスト著『Democracy Matters』
フィリップ・トービアス著『Into the Past - A Memoir』
ソニア・ガンジー著『ラジブ』

ネルソン・マンデラは偉大なリーダーです。彼は学校では読書家で、反アパルトヘイト闘争のとき、特に彼が解放軍を設立しようとしていたときには世界中の武装闘争に関するあらゆる書籍を読みあさりました。刑務所では、手に入る書籍はどんな書籍でも読みました。また、彼は戦略家としても優れており、若いボクサーがリングで相手の裏をかく戦略を立てるように、またはチェス プレーヤーや政治活動家のように、彼は常に次の 1 歩を考えていました。彼は道義としてではなく戦略としての非暴力についてよく話していました。ここでは彼はロシア軍の戦略に焦点を当てています。

『戦争と平和』

ロベン島の刑務所では、各セクションに図書室を備えていました。図書室は囚人たちであふれ、反体制派による作品の流入を阻止するための検閲をすり抜けて多くの興味深い作品が囚人たちの手に渡りました。ネルソン・マンデラの親しい仲間の 1 人であったアメッド・カスラーダは一時期 B セクションの司書を務めていました。B セクションには彼とマンデラを含め、20 人ほどの囚人が収監されていました。図書室まで届いた本は読むことができましたが、たとえば「マンデラ」という名前について言及した本が図書室に届くことはありませんでした。ここでは、マンデラはロベン島で読んだいくつかの本について語っています。

『怒りの葡萄』

ネルソン・マンデラが獄中で読んだ書籍の中の 1 冊に、アパルトヘイトの指導者の 1 人だったジョン・フォルスター首相の伝記がありました。この書籍にまつわる話からも、マンデラの別の一面を窺い知ることができます。彼は常に、1 つの状況や 1 つの経験から「何かを引き出そう」としているのです。たいていの物事や人々は、全面的に悪いわけでも全面的に良いわけでもありません。彼は、フォルスターが 1966 年から 1978 年まで南アフリカの首相として行ってきたことを嫌っていました。しかし、この会話から彼がフォルスターの何か良い面を見つけていたことがわかります。

『ジョン・フォルスターの自伝』

ネルソン・マンデラが刑務所に入ったとき、彼は迫害者の言語、アフリカーンス語を学びました。また、アフリカーナー人の歴史だけでなく英国に対する闘争についても学びました。彼はアフリカーンス語で書かれたアフリカーンス人作家の書籍を読んで非常に興味を惹かれました。彼が読んだ本の著者の中には、アパルトヘイト時代の国歌「南アフリカの呼び声」の作者でもある南アフリカ有数の作家の 1 人、CJ ランゲンホーフェンもいました。ランゲンホーフェンは、アフリカーンス語が南アフリカの公用語として認めらるように働きかけた議会のメンバーでした。ネルソン・マンデラが獄中にいた当時は、英語とアフリカーンス語のみが公用語でした。彼がこの国の大統領になると、9 つのアフリカの言語を公用語としました。

『ランゲンホーフェン』
提供: ストーリー

Photographer — Ardon Bar-Hama
Photographer — Matthew Willman
Research & Curation — Nelson Mandela Centre of Memory Staff

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール