1999年~2008年

ネルソン マンデラ 若者

Nelson Mandela Centre of Memory

「...若者たちは、未来のリーダーとして将来私たちを代表できるように、進んで可能な限り高度な教育を受けなくてはなりません。」

ネルソン・マンデラは、岩のように固い意思を持つ若者によって未来が築かれていくと常に信じています。解放運動の重要な手段として教育を推進してきたのもそのためです。

1999 年以降、彼の慈善活動の大部分は主に、歴史あるネルソン マンデラ児童基金、ネルソン マンデラ財団、マンデラ ローズ財団、ネルソン マンデラ記念センターを通じて南アフリカと世界中の貧しい若者の救済に向けられました。

1990 年に刑務所から釈放されたマンデラは、特定の子供や若者向けの財団をつくり、彼らとの交流を深め、温かいユーモアで楽しませることに喜びを見つけ出します。

コミックで読むマンデラ伝。ネルソン・マンデラの人生を 4 つのパートに分けた映像は、世界中の若者のための資料として作成されています。映像は幼少期から始まります。
大都会
囚人
政治家

ネルソン マンデラの生涯の重要な瞬間を選んで作成したこの動画は、Nelson Mandela Centre of Memory と Umlando Wezithombe Publishing の共同製作です。

この動画は、マンデラについて描いた 8 冊のコミック ブックスと 1 冊のグラフィック小説が基になっており、東ケープ州での子供時代から政治的活動、刑務所時代、南アフリカ初の大統領就任までの彼の生涯を描いています。

子供向け『自由への長い道』: 2009 年、ネルソン・マンデラの自伝『自由への長い道』が、子供向けの本として出版されました。

「アパルトヘイト制度は、多くの子供からきちんとした教育を受ける権利と読書の喜びを奪いました。読書は、私が人生を通じて大切にしている喜びの 1 つです。すべての南アフリカ人が本に親しめるようになることを願っています。」

この本は、南アフリカの著名な作家クリス・ヴァン・ワイクが翻案し、パディ・ボウマが挿絵を担当したもので、マンデラのひ孫であるジヤンダ・マナウェイが国際識字ウィークを記念して出版しました。

彼は出版の際に、「私たちの祖父は、教育と読書が子供にとって最も重要なことの 2 つであるという信念を持っています」と語り、マンデラからのメッセージも読み上げました。そのメッセージとは、「アパルトヘイト制度は、多くの子供からきちんとした教育を受ける権利と読書の喜びを奪いました。読書は、私が人生を通じて大切にしている喜びの 1 つです。すべての南アフリカ人が本に親しめるようになることを願っています」というものでした。

出版社であるマクミラン社は、南アフリカの全公用語 11 言語、ポルトガル語、米語でこの本を出版しました。

きらきら光るお空の星よ: 独自にアレンジしたきらきら星を歌うネルソン マンデラ

ネルソン・マンデラは、特に子供たちに愛されています。学校、病院、その他の機関を訪問する際、彼は必ず子供たちに歌を歌って聞かせます。この習慣は、いつも子供たちを感動させるとともに、マンデラの心にもきらめくような喜びをもたらしてきました。

釈放後間もない頃、彼はよく童謡「きらきら星」のオリジナル バージョンを幼い子供たちに歌って聞かせていました。そのうちに伝統のようになり、彼がこの歌を歌い始めると、子供たちも一緒になって楽しく熱心に歌うようになりました。

「私は地域や国の政治に関心を持っている若者を尊敬しています。私も政治に関心を持ったのは学生時代に闘争に巻き込まれたからかもしれません。そのような若者たちがいれば、私たちが今日掲げる理念がなくなることは決してないと確信できます。若者が立ち上がれば、圧政を倒して自由の旗を掲げることができるのです。」

刑務所に到着した Soweto Youth

1976 年のソウェト蜂起後、南アフリカのロベン島などの刑務所は、新しい囚人であふれかえりました。捕らえられたのは、この国の歴史の大きな転換期に運動を起こした若者たちです。アパルトヘイト体制の武装警官に立ち向かったソウェト世代が命を落とし、国外追放や拘留に処されました。これら若者の反対活動がニュースとして伝わり、マンデラの世代以降、政府によって抑圧されてきた反アパルトヘイトの声が高まります。希望は手の中にあったのです。反アパルトヘイトを呼びかける民衆がデモ行進に再び集結し、高齢の囚人たちを勇気づけました。

ネルソン・マンデラは、アフリカ民族会議青年同盟の創立メンバーの 1 人でした。実際には、1944 年の青年同盟の設立時に初めてアフリカ民族会議に参加しました。ここでは、この組織の創設について話すとともに、自分の欠点について率直に語っています。彼によれば、政治的な議論の場や会議に出る際にものすごく緊張していたというのです。

アフリカ民族会議青年同盟

ネルソン・マンデラは、子供たちや若者に対し愛情深いことで知られています。マンデラはいつも、彼らがすべての国と世界全体の未来にどれほど重要であるかを説いています。そんなとき彼が語るのが、刑務所から釈放後すぐのカナダからアイルランドに向かう途中で起こった出来事です。カナダのグース ベイの空港でフライトの乗り換えるため少し待ち時間があったため、若者のグループに話しかけることにしました。彼らはカナダのイヌイット コミュニティの人々でした。マンデラは、彼らの文化について何も知らなかったと正直に語っています。

グース ベイ

この話からわかるように、名誉はネルソン・マンデラにとって非常に重要です。彼がロンドンに滞在中、体調がすぐれず、ホテルの外で待つ若者グループとのミーティングを延期しました。マンデラは彼らの要求に応じないわけにはいかなくなり、特別にサインをすることを約束したのです。若者たちは、彼が英国首相との面会から戻るのを雨の中で何時間も待ちました。彼らはマンデラの名誉を重んじる姿勢を利用し、欲しいものを手に入れたのです。

サインをねだる人たち
提供: ストーリー

Photographer — Ardon Bar-Hama
Photographer — Matthew Willman
Photographer — Debbie Yazbek
Photographer — Benny Gool
Animation — Umlando WeZithombe
Research & Curation — Nelson Mandela Centre of Memory Staff

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール