ブナテープを巻き上げたブナコ
ブナコは、昭和30年代に青森県工業試験場で試作、研究の結果、考案された木工品。日本一の蓄積量を誇る青森県のブナを有効に活用するため、水を多く吸い込むブナの特徴を最大限に活かし、薄いテープ状にしてらせん状に巻き立体の物を形作ることで、材料となる木材を無駄なく使うことができます。従来の木工品にはないような形状も表現することができ、ひとつひとつが丁寧に手作りされています。
バウムクーヘンのようなブナコ
バウムクーヘンのように巻いたブナテープで平たい板のようになった状態のものを、少しずつテープをずらしながら形を作っていきます。
仕上げは湯飲み茶碗
ブナコの型上げに使うのは湯飲み茶碗。ゆっくりと均等に全体に力をかけながら、少しずつテープをずらして形に仕上げていきます。
ブナコランプ
自然材であるブナ材の透過光が心を和ませます。
青森県
提供: ストーリー

青森県

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール