能登半島のやきもの

珠洲焼誕生
珠洲焼は、日本海に突き出した能登半島の先端に位置する珠洲郡-現在の珠洲市と能登町の一部を含む地域-で、平安時代末の12世紀に生産が始まりました。
14世紀には、珠洲郡は、日本列島の四分の一を流通圏とする、日本有数の焼き物生産地に成長したとされています。初期の珠洲焼には、瀬戸内地方の東播系窯や、東海地方の常滑・渥美窯の影響がみとめられ、生産を開始するにあたって、それら生産地からの技術伝播があったと考えられています。当時の珠洲郡の大半は、能登最大の荘園「若山荘」という貴族の領地となっていました。珠洲焼の生産期間が、若山荘の成立・衰退とほぼ重なっていることから、荘園経営の手段として窯業が導入されたと推測されています。
海上航路を流通
平安時代後期には焼き物の需要が全国で高まります。陸上交通が発達していなかった当時、遠隔地への往来や物資の輸送は、水上交通が中心です。能登半島は日本海航路の重要な中継点であり、重く破損しやすい焼き物を流通するために有利なことが、この地域で珠洲焼の生産が始められた大きな理由の一つと考えられています。
製品と製作技術
珠洲焼は丘陵の斜面にトンネル状の窖窯を築いて、1100度以上の高温で焼き締めました。火をとめる段階で焚口・煙道を密閉して窯内を酸欠状態にすることで、粘土に含まれる鉄分が還元されて黒く発色し、焼きあがった製品は青灰~灰黒色となります。
無釉の景色
釉薬はかけていませんが、焼成中に降りかかった灰が熔けて灰白色の自然釉となり、独特の景色を生むのです。
すり鉢
貯蔵に使う甕・壺と調理に使われたすり鉢の三種類が主に生産されました。すり鉢は、ごく初期には卸目のないものでしたが、12世紀末頃に櫛目や印判による模様が入れられ、13世紀中頃には直線的な卸目が普及しています。
その他にも、経筒や仏神像、水瓶といった宗教儀礼に使うものや、花生けや火鉢、魚網の錘など、多種多様な製品を作っています。一方で、碗や皿などの食器類は、ほとんど作られませんでした。甕と壺は、須恵器の技法である叩き整形で作られています。灰黒色の器肌に刻まれた叩き目が、重厚な迫力を醸し出しています。この叩き目を削り、滑らかに仕上げた壺には、串や印判による模様や線画が刻まれたものも多くあり、これは常滑・渥美窯の影響とみられます。このように違った系統の技法が融合することで、独特な焼き物・珠洲焼が生み出されました。
かつて圧倒的なシェアを誇った珠洲焼でしたが、やがて越前焼との競合が激化します。そして、15世紀後半には急速に衰え、廃絶しました。この衰退の理由には、越前窯や常滑窯、備前窯などが分業や窯の大型化により、生産性を向上させていったことに対抗できなくなったことが直接の原因とされています。さらに、戦国時代の始まりとともに、荘園領主である貴族の力が衰えたことで、生産・流通の後ろ盾を失い、競争力の維持が困難になったという背景が考えられます。
西方寺1号窯跡(国史跡)
珠洲市宝立町柏原に残る西方寺1号窯跡(国史跡)は、中世の窯で天井が残る唯一の例です。しかし、この窯は地中を掘り抜いた地下式の窯であり、地上式が一般的な珠洲窯においては、特殊な例となります。おそらく地上式では窯の大型化に限界を感じた陶工たちが、地下に大窯を掘ることで、大量生産を実現しようと試みたのでしょう。しかし立地が悪く水が湧くこの窯では、十分な温度が得られなかったようで、早々に焼成を断念したようです。残っていたすり鉢の形式から、おそらくこの窯が珠洲焼最後の窯とみられます。こうしておよそ400年に渡った珠洲焼の火は、一旦消えることとなりました。
復興
時は流れ、かつて珠洲が焼き物の一大産地だったという記憶は失われていきましたが、その後も残された多くの珠洲焼は、それが珠洲で焼かれたものとも知らず、ごくありふれた焼き物として、味噌甕や漬物壺として使われ続けました。昭和26年(1951)、教師の和嶋俊二の元へ、生徒が掘り出した珠洲焼の骨壺が届けられ、それが墓石の形式から室町時代のものであろうと、郷土史研究会誌に発表しました。
昭和26年(1951)、教師の中野錬次郎は、生徒に案内されて窯跡を発見し、石川考古学研究会に報告しました。こうして珠洲焼の研究が始まり、昭和36年(1961)、岡田宗叡、間谷庄太郎、中野が相談し、「珠洲焼」「珠洲古窯」と名付けました。
小野寺玄
研究と並行して、古美術的評価も高まり、各地で古陶展が開催されるようになっていきます。昭和47年(1972)、そうした展示会で珠洲焼に出会った神奈川県在住の陶芸家小野寺玄は、珠洲へ度々訪れて中野などと交流し、土を持ち帰って珠洲焼の焼成に挑戦し続けました。昭和52年(1977)、日本陶芸展に「珠洲土壺」を出品し、文部大臣賞を受賞するに至りました。
能村耕
同じころ、珠洲市でも珠洲焼復興の機運が高まり、市の奨学生として越前で修行していた能村耕の帰郷を待って、昭和53年(1978)に陶芸実習センター(現珠洲市陶芸センター)を開設。
中山達磨
珠洲古陶に惹かれた金沢市出身の中山達磨も合流し、翌年、初窯を成功させて、再興珠洲焼の歩みが始まりました。
珠洲焼復興から36年が過ぎ、個人で窯を持つ者、共同窯を利用する者を含めると、珠洲焼の陶工は現在40名ほどになりました。しかし粘土の採掘や薪の確保、そして販路の開拓と、陶工として経済的に自立するための環境は、まだまだ厳しい現実があります。それでも陶工たちは、珠洲焼とは何か、自分は何を創るのか、自問自答しつつ今日も珠洲の土と格闘を続けています。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

資料提供&協力: 珠洲焼資料館

監修&テキスト: 大安尚寿 (珠洲市教育委員会)

編集: 前﨑信也(京都女子大学 准教授)

協力: 若宮隆志

英語サイト翻訳: Eddy Y. L. Chang

英語サイト監修: Melissa M. Rinne (京都国立博物館

プロジェクト・ディレクター: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール