石川県金沢市、350年の歴史と伝統をもつ楽焼の脇窯

大樋長左衛門窯
加賀藩主五代前田綱紀候は裏千家始祖である仙叟宗室 (裏千家四世) を寛文六年 (1666年)、茶道奉行として金沢に招き、その際に仙叟は長左衛門を茶碗造りのために同道させました。それまでに京都樂家四代一入 (いちにゅう) の高弟として楽焼を学んだ初代長左衛門は、仙叟の指導のもとに大樋焼を起こし、独特の金沢文化を創造する担い手となりました。
技法
大樋焼は、轆轤は用いず手で捻りながら成形し、ひとつひとつ箆で削りながら造り上げていきます。小さな窯に釉薬を施した作品を入れ、短期間に温度を上げた後、引き出して急冷する。温度差の急な焼成は楽焼と大樋焼だけでもあります。
この方法は相当の適した土が必要とされ、当時金沢の郊外であった大樋村に最良の土を発見したことにより大樋焼と称されるようになりました。また、仕官した仙叟は京都に帰った後、裏千家を起こします。
十一代続く窯元
当時金沢の郊外であった大樋村に最良の土を発見したことにより大樋焼と称されるようになりました。長左衛門は生涯を金沢で過ごすこととなり、以来大樋焼歴代は各代長左衛門として十一代にいたる今日まで作品を生みだしてきました。
大樋長左衛門窯(大樋邸)
武家屋敷である大樋邸は、四カ所の茶室があり金沢指定保存建造物となっています。庭園 には樹齢五百年を超える御神木・折鶴の松(金沢市指定樹木)が存在します。
大樋美術館
大樋邸内の大樋美術館 では、歴代の作品と茶道文化を紹介しています。
大樋ギャラリー
平成26(2014)年、当家は建築家・隈研吾氏の設計により全面改修を行いました。邸内には、芳土庵 (裏千家 十一代玄々斎御家元命名)、陶土軒 (裏千家十五代鵬雲斎御家元 命名・設計)、松濤間 (前田家十八代・前田利祐様命名、日本画家・千住博氏襖絵)、年々庵・大樋ギャラリー (裏千家十五代鵬雲斎御家 元命名、建築家・隈研吾氏設計)などがあります。
《陶壁「日月の煌めき」》
金沢駅に展示されている十代 大樋長左衛門(陶冶斎)作の陶壁。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

【資料提供】
大樋長左衛門窯/大樋美術館/大樋ギャラリー

【協力】
・ 森野彰人 (京都市立芸術大学 芸術資源研究センター

【監修&テキスト】
・十一代大樋長左衛門(年雄)

【英語サイト監修】
・ Melissa M. Rinne (京都国立博物館

【サイト制作・編集】
・千田有佳里(京都女子大学大学院家政学研究科)
・ 小林祐佳 (京都女子大学家政学部生活造形学科)

【プロジェクト・ディレクター】
・ 前﨑信也 (京都女子大学

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール