To Each Individual, His Own Design: Yuima Nakazato

日本服飾文化振興財団

Join Japan's most exciting designer on a journey into his world of digital creativity

To each indiviual, his own design.
「ワンオフのプロダクトを全ての人へ」というビジョンを実現するためYUIMA NAKAZATOは挑戦を続けています。デザイナー中里は、衣装デザインを続けてきた中で、人は自分の為だけにデザインされた物を身につけると、心から、豊かに、自由になれると知り、いつしか、これを世界中の人に体験してもらいたいと考えるようになりました。そして今、日々進化するテクノロジーが、我々のビジョンの実現を後押ししてくれています。YUIMA NAKAZATOは従来のファッション文脈とテクノロジーを融合する事で、未だかつてない「衣服」のありかたを創出していきます。
2016AW COLLECTION INSPIRATION
ユニット式ウェアは、氷の結晶から着想。一つ一つの結晶が繋がり合わさることで、面と構造が形作られる。

UNIT DESIGN PROCESS

ユニットのデザインは、1枚のシートを折りたたむ折り紙の発想から生まれた。
2次元のシートに最新の機械で精密な切れ込みを入れ、それを折りたたむことで3次元の立体ユニットパーツにしていく。

CRAFTMANSHIP

機械でカットされたユニットの組み上げは人の手によって行われる。
1着あたり何百・何千と使用されるユニットを折り紙のように折りあげていく。
機械でしかできないこと、人の手でしかできないこと、それぞれを融合することで、新たな衣服は生まれる。

CELL

氷の結晶から着想を得たユニット式ウェアは、
「細胞=ユニット」が寄り集まるようにして面をつくり、体を覆っていく。

3D PRINTED BODY & UNIT WEAR

衣服のみではなく身体までもデザインできる、そんな未来を想像し、3Dプリンタで作った腕をコレクションで発表。
デザイナーが身体をデザインし、その上に纏う衣服を想像した。

YUIMA NAKAZATO COUTURE

YUIMA NAKAZATO 2017SS

クチュールコレクションでは、ユニットがさらに進化し、よりフレキシブルに、あらゆる素材の組み合わせが可能に。
コレクションは「錬金術」を着想元にし、「火」「風」「水」「土」を象る様々な素材の組み合わせがテキスタイルになっていく。

Behind the scene

洋服のパターンから数学的アプローチで必要ユニット数を計算し、形にしていく。

2次元の様々な素材がパターンとユニットの組み合わせによって、3次元の身体を覆う衣服になっていく。

何千個ものユニットを一つひとつ丁寧に組み合わせていく。はめ込むというシンプルなシステムのみで、コレクションに登場する全ての衣服が出来上がっている。

ユニット式ウェアのアイデアにより、様々な柄・形・素材が一つのテキスタイルの中で共存可能となる。
このシステムで取り外しと追加での取り付けが可能なため、完成後の様々なアップデートができる。
このシステムにより、どんな体型であっても着る人に合わせて、瞬時に形を変え、フィットさせることができる。
「すべての人に、それぞれのデザインを」というビジョンに向けて、また一歩前進することができた。

YUIMA NAKAZATO COUTURE [Ignis are aqua terra] spring/summer 2017

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール