日本文化の都、京都のやきもの

京焼のはじまり
京都で焼かれたやきものは「京焼」と呼ばれます。この言葉が始めて記録に登場するのは1605年(慶長10)のこと。博多の商人神屋宗湛(1551~1635)の日記に「肩衝 京ヤキ」が茶会に使われと記されており、これは楽焼の茶入である可能性が高いと考えられています。本阿弥光悦(1558~1637)を始めとして、楽家代々の陶工たちは楽焼の茶の湯道具を焼き続けました。
野々村仁清
三条大橋の東側にあたる粟田口には、1624年(寛永元)に瀬戸の陶工が登り窯を築いたとの言い伝えが残り、この頃に登り窯によるやきもの生産が始まったと考えられます。1647年(正保4)頃には、瀟洒な色絵で知られる野々村仁清が仁和寺の門前で茶器を焼く御室窯を始めました。
尾形乾山(深省)
仁清の弟子に尾形乾山(1663~1743)がいます。彼は1699年(元禄12)に鳴滝に登り窯を築きますが、1712年(正徳2)に二条丁子屋町に移り、兄である尾形光琳(1658~1716)と合作で絵皿や琳派文様の懐石具を製作しました。
古清水
乾山の時代、洛東では「古清水」とよばれる青・緑・金の三色の色絵陶器が完成しました。   こうして、粟田口、清水、そして後に五条坂と呼ばれる音羽の三か所が京都の窯業地となります。粟田口では将軍・禁裏・諸大名家などの注文で、古清水を中心に伝統的な陶器生産を行いました。
五条坂
18世紀の後半には奥田頴川(1753~1811)が京都で初の磁器生産を成功させます。この技術が伝わった五条坂は徐々に生産量を増やします。頴川が明末・清初の呉須赤絵・交趾焼を復興したように、五条坂の陶工たちは歴史的な中国や日本のやきものを復興します。そこに独自の創造を加え、抹茶具や懐石具、煎茶道具なども手がけました。
京焼の海外輸出
明治時代になると、粟田焼は新たな市場として海外に目を向けます。豪華な上絵付を施された作品は「京薩摩」と呼ばれ、欧米に輸出されていきました。
清水焼
江戸時代には清水寺の領地であった清水の窯は、維新後に五条坂と一体となり、ここで生産されたやきものは「清水焼」と呼ばれるようになります。清水焼は江戸時代から引き続き流行していた煎茶道具の生産で発展を続けます。
帝室技芸員
1893年(明治26)、三代清風与平(1851~1914)が陶工として初の帝室技芸員に任命されました。帝室技芸員は現代の芸術院会員や重要無形文化財保持者(人間国宝)の前身となった制度です。清風の後、初代伊東陶山(1846~1920)、初代諏訪蘇山(1852~1922)も任命されます。
京焼の近代化
1896年(明治29)、五条坂に京都市立陶磁器試験場を設立します。河井寛次郎(1890~1966)をはじめとする、東京や大阪の工業学校を卒業したエリート技師らが、原料や釉薬、高圧電気碍子や陶歯など当時最新の窯業技術を研究しました。
戦後復興
戦時中には地域の製陶業者が再編成され、軍需的な産業に多くの製品を提供し、芸術としての陶磁器生産は限定的なものとなりました。しかし、戦争が終わるとすぐに生産は回復し、さまざまな陶磁器を生み出し続けました。
京焼の現在
多くの個人作家が日展や伝統工芸会等で活躍すると同時に、伝統技術を継承する窯元が高級食器を生産し続けています。
手づくりにこだわる
世界的な陶磁器の流れは機械的な量産品が主流となりましたが、京焼は手で作ることにこだわり、現在も日本を代表する陶磁器の産地であり続けているのです。
京都陶磁器会館
国内外で活躍する陶芸家、窯元、電磁器産業各社、原材料生産者など、京都の陶磁器に関わる210余りの個人・企業が参加しているのが京都陶磁器協会です。清水寺の近く、東山五条に位置する京都陶磁器会館では京都で活躍する作家・窯元の作品を展示しております。
立命館大学アート・リサーチセンター 協力:京都女子大学
提供: ストーリー

資料提供: 京都陶磁器協会京都市立芸術大学芸術資料館東京国立博物館河井寛次郎記念館、京都女子大学前﨑信也研究室

協力: 高島洸春窯、入江裕起窯、高木岩華窯

公益財団法人 京都伝統産業交流センター 京都伝統産業ふれあい館

写真&映像: A-PROJECTS 高山謙吾

監修&テキスト: 前﨑信也(京都女子大学准教授

英語サイト翻訳: Eddy Y. L. Chang

英語サイト監修: Melissa M. Rinne (京都国立博物館

プロジェクト・ディレクター: 前﨑信也 (京都女子大学 准教授

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール