浜松市秋野不矩美術館

浜松市, 日本

浜松市秋野不矩美術館は、二俣の町を見下ろす、緑に囲まれた丘の上に位置し、「文化の香るまちづくり」の一翼を担って、平成10(1998)年4月に開館しました。
建物は2階建てであり、地元の天竜杉を使ったり、壁は漆喰を使ったりと、自然素材をふんだんに取り入れた、他に類をみない美術館として藤森照信氏により設計されました。
1階は、常設展示室。2階には企画展示室があり、秋野画伯の作品の紹介とともに、一部は市民ギャラリーとして市民の創作発表のスペースとしてもご利用いただけます。
秋野不矩画伯は、明治41(1908)年、静岡県磐田郡二俣町に生まれました。石井林響・西山翠嶂両氏に師事し、28歳のとき昭和11年文展鑑査展で選奨を受賞するなど、早くから地歩を固めました。戦後間もないころ、新しい日本画を創造することを目的に、「創造美術」の結成に参加すると、官展時代の作風から脱却し、西洋絵画の特質を取り入れるなど、新境地を開きました。
54歳の時、大学の客員教授としてインドに滞在して以来、インドに魅せられ、度々訪れてインドの風景やヒンドゥー教寺院などをモティーフに作品を描きました。また、インドにとどまらず、アフガニスタン、ネパール、カンボジア、アフリカにも旅して創作のアイデアを求めました。
こうした業績が認められ、平成11(1999)年の秋に文化勲章を受章されました。
当館では、官展時代の作品・インドを描いた作品・絵本原画などを所蔵品展で展示するとともに、年に数回の特別展・企画展を催しています。どうぞ、ごゆっくりご鑑賞ください。

一部のみ表示もっと見る

このコレクション内

71 個のアイテム

1 件のミュージアム ビュー

開館時間

場所

秋野不矩美術館日本
〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール