The National Gallery, Londonストーリーを施設にリンク

モネ: アルジャントゥイユの雪景色

ロンドン、ナショナル ギャラリーのインペインティング ツアー

Touch & Hold

アルジャントゥイユの冬は雪が多いことで知られていますが、モネは、住んでいたパリ郊外のこの町の風景に触発され、18 枚の絵を描いています。この絵は連作の中で最大のもので、モネの住居のあったサンドニ通りを描いています。

この道はアルジャントゥイユとパリを結ぶ鉄道の駅に通じています。彼は駅を背にして、道の反対側にあるセーヌ川の方を向いてこの風景を描きました。

雪の上には荷車の轍の跡が延びています。この 2 本の線が中央の消失点に向かって描かれていることで、遠近感と奥行きが生まれています。

かろうじて絵の具をなすり付けた程度に描かれた人物は、駅に向かう人々か、駅から出てきた人々のようです。アルジャントゥイユはパリから日帰りで訪れることのできる人気の場所でしたが、夏にはセーヌ川でボート遊びを楽しむ観光客がさらに多くなりました。

モネは、細部を犠牲にしてその場の空気感を表しています。青と灰色を用いてほとんどモノクロームで表現されたこの作品からは、どんよりとした冬の午後の寒々しさが伝わってきます。

雪を色の点で描くことで陰影が表現されており、さくさくと踏みしめる雪の感触さえ覚えます。

樹木の描写は簡潔で、最小限の筆遣いと温かみのある色調で赤い縞などが描かれています。

キャンバスの両側に樹木を配したことで、構成の均衡が保たれています。

Snow Scene at Argenteuil by Claude MonetThe National Gallery, London

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
この話題を友だちと共有
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール