『眠る女』

The Metropolitan Museum of Art

誰も見ていないところで女中がこっそり何かをしている情景は、17 世紀のオランダの画家がよく用いたテーマです。しかし、若い女中がワイングラスの傍らでうとうとしているこの描写によって、フェルメールは道徳的な教訓の代わりに、ありきたりな場面を光と色、質感の探求へと昇華させました。

倒れたグラスが描かれた前景(擦り減ってしまっています)とシワの寄ったテーブル クロスは、今しがた出ていった訪問者を示しているかもしれませんが...

...フェルメールはもともと出入口のあたりに描かれていた男性と犬の姿をあえて消しているため、この絵の曖昧さがより強調されています。

ウォルター リートケ学芸員は、犬の存在は「ばったりと出会った人物とのかりそめの関係」を示すものだと考えています。男性と犬は、鏡が掛けられた奥の壁に塗り替えられてしまったために、一時的な感覚が消失するのは早いものであることを示しており...

...クッションが置かれたまま斜めに置かれた椅子は、つい今しがたまでいた男性の存在を示すとともに、気だるさを表しているようです。

果物をのせた陶器のボウルは誘惑の象徴です。当時のオランダ芸術の象徴をよく理解していた当時の人間であれば、ガーゼのような布の脇に置かれたナイフと水差しが、交際以上の関係をほのめかすものとして受け止めたことでしょう。

この絵画はフェルメールのパトロン、ピーテル ファン ライフェンが所有していたものと思われます。ライフェンは他にも『牛乳を注ぐ女』を所有していましたが、どちらの作品にも、女中との性的または恋愛関係の象徴、そして伝統よりも心情を重んじた表現に、共通した葛藤が見られます。

眠る女 by ヨハネス・フェルメールThe Metropolitan Museum of Art

提供: ストーリー

この展示は、Google フェルメール プロジェクトの一環です。

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール