The National Gallery, Londonストーリーを施設にリンク

モネ: ウェストミンスターの脇のテムズ川

ロンドン、ナショナル ギャラリーのインペインティング ツアー

Touch & Hold

1870 年秋、普仏戦争の最中にパリは包囲され、子供を抱えたモネ一家はフランスを逃れました。家族とともにロンドンに移り住んだ彼は、翌年の春、霧にかすむこのテムズ川の眺望を描きました。

モネは、ロンドンで新しい建築物を見つけては絵の題材としていました。この国会議事堂はゴシック様式の建物ですが、1834 年に焼失し、最近になって再建されたものです。

右に見える堤防(ヴィクトリア エンバンクメント)も新たに建造されたものです。

よく見ると、桟橋の上の人影はまだ仕上げ工事をしている職工であることがわかります。

モネは桟橋の影を川面に乱反射させ、鋭角的な短い筆致で描くことで、水の動きを印象づけています。

モネは霧ともやのかかったロンドンの風景に心を奪われました。この絵で彼は、水面に映えるかすんだ空と、建物と船のぼんやりとしたシルエットを通して、この場の雰囲気を表現しています。

この眺望がモネの興味を引き付けたことは間違いありません。数年後にロンドンに戻ったとき、彼は国会議事堂とウォータールー橋を何度も絵の題材に取り上げ、さまざまな時間帯に、あらゆる大気条件のもとで描きました。

The Thames below Westminster by Claude MonetThe National Gallery, London

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
この話題を友だちと共有
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール