モネ: 睡蓮の池

Google Arts & Culture

ロンドン、ナショナル ギャラリーのインペインティング ツアー

Touch & Hold

モネが自身の「最高傑作」だと思っていたのは、実は絵画ではなく、ジヴェルニーの自宅に作った美しい庭園でした。晩年、彼はこの庭園ばかりを描いていました。

モネ自身が設計した橋は、彼の作品が日本芸術の影響を受けていることを示しています。この絵は、モネが 1899 年の夏から、さまざまな光の条件下で同じ情景を描き始めた 18 作品のうちの 1 つです。彼がウォータールー橋とチャリング クロス橋を描き始めたのも同じ年でした。

遅い午後の日差しが橋の上に一条の光を落とし、画面の広い範囲を占める濃い青緑色とは対照的に、橋の右側を淡い緑色に照らし出しています。

橋の太い欄干と長めの筆致で描かれたアシの葉が、小刻みなタッチで彩色された睡蓮と対照的です。

モネの睡蓮は交配種で、ピンクや黄色、白などの花を咲かせる品種でした。

睡蓮の裏側は暗い赤で描かれており、モネは同じ色で絵に署名しています。色相環上で、赤色はこの絵の優勢を占める緑色の反対側にあります。この対比は、モネが補色に関心を持っていたことの表れです。

池を埋め尽くすような睡蓮の間には、柳の木が水面に映っているのも見えます。

The Water-Lily Pond by Claude MonetThe National Gallery, London

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
この話題を友だちと共有
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール