The National Gallery, Londonストーリーを施設にリンク

モネ: サン ラザール駅

ロンドン、ナショナル ギャラリーのインペインティング ツアー

Touch & Hold

モネはパリのサン ラザール駅を描くのに夢中になるあまり、近所にアパートを借りてしまったほどでした。彼はこの駅を何度も描きましたが、この絵は駅舎内を描いた現存する 4 作品のうちの 1 つです。

この絵は駅舎内が描かれながらも風景画のように構成されており、列車のエンジンの煙が空の雲と同じ効果をもたらしています。

モネは絵の具が乾かないうちに指でこすりつけることによって、蒸気の雲が渦巻くような効果を演出しています。

煙の下には、プラットフォーム上の群衆がまるで雲のように映し出されています。すばやい筆致で描かれているため人々の顔は判別できず、1 つの塊のように見えます。

もやのかかったような情景とは対照的に、屋根とアーチの幾何学的形状によって建築物を表現しています。

この絵の中では屋根の黒さが色彩の優勢を占めていますが、科学的分析によれば、ここで使用されている絵の具は、実際には濃紺と濃い紫色です。

列車の煙突に使われているセルリアン ブルーは、当時としては新しい絵の具でした。天然材料から作られたものではなく化学合成されたもので、モネが用いた他の絵の具と同様に、顔料を砕いて溶かすのではなくチューブ入りで入手でき、持ち運びが容易でした。

The Gare St-Lazare by Claude MonetThe National Gallery, London

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
この話題を友だちと共有
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール